« 飲料の賞味期限が大幅に延長! 高電界殺菌技術 | トップページ | 放射性物質、初の拡散試算…原子力安全委 »

2011年3月24日 (木)

東日本大震災:「電波時計」に誤差 避難対象で停波

東日本大震災:「電波時計」に誤差
避難対象で停波

毎日新聞 2011年3月24日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 時刻合わせをしなくても正確な時を刻む
「電波時計」が、東日本大震災の影響を
受けて一部の地域で誤差が出ている。
 時計に時刻などの情報を届ける
「標準電波」送信所が、東京電力
福島第1原発事故の避難指示の対象区と
なり、無人化して運用できなくなって
いるからだ。

 電波時計は、日付や時刻などのデータを
含む標準電波を1日に数回、自動的に受信
して補正することで正確さを保っている。

 標準電波の時刻データは「10万年に
1秒の誤差」という原子時計に基づき、
福島県の大鷹鳥谷山(おおたかどややま)
と、福岡・佐賀県境の羽金山(はがねやま)
の2カ所から発信されている。
 約1000キロの範囲内ならば安定的に
受信でき、二つの送信所で全国を網羅して
いた。

 運用する情報通信研究機構(東京)
によると、このうち大鷹鳥谷山は
福島第1原発から約17キロにあり、
12日に起きた1号機の水素爆発後に
20キロ圏内に出された避難指示で、
職員全員が避難した。

 高電圧の設備もあり無人では運用
できないため、同日午後8時前に停波した。

 標準電波を受信できない場合、電波時計
はクオーツ時計として動く。
 平均で1カ月あたり15秒程度の誤差が
あり、停波後は数日に1秒ずつずれが
生じている可能性がある。

 同機構や時計メーカー各社には、
利用者から「時計が補正されない」などの
問い合わせが毎日数件から数十件寄せられ
ている。
 だが、同機構は「復旧の見込みは立って
いない」としている。【瀬上順敬】
---------------------------------------

残念ですが、仕方が無い。

幸いなことに、私の腕時計は、
羽金山(はがねやま)の電波が受信可能
なようです。

いろいろな所に影響がでますね。

|

« 飲料の賞味期限が大幅に延長! 高電界殺菌技術 | トップページ | 放射性物質、初の拡散試算…原子力安全委 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災:「電波時計」に誤差 避難対象で停波:

« 飲料の賞味期限が大幅に延長! 高電界殺菌技術 | トップページ | 放射性物質、初の拡散試算…原子力安全委 »