« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 家計にも地球にも優しい節水型トイレの技術 »

2011年3月 1日 (火)

「ラックダイナック糖鎖構造は、LIF/STATシグナルを制御して、マウスES細胞の自己再生に関わっている」が、米国幹細胞関連雑誌『Stem Cells』電子版に掲載された。

 創価大学工学部生命情報工学科の
佐々木紀彦研究員、西原祥子教授らによる
論文「ラックダイナック糖鎖構造は、
LIF/STATシグナルを制御して、マウスES細胞
の自己再生に関わっている」
が、米国幹細胞関連雑誌『Stem Cells』
電子版に掲載された。

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 このたび、創価大学工学部生命情報
工学科の佐々木紀彦研究員、西原祥子教授
らは、細胞表面のラックダイナックという
特殊な糖鎖構造がLIF/STAT3シグナルに
関わっており、LIF受容体とそれと複合体を
形成するgp130上にこの糖鎖がないと、
これらがラフト/カベオラ(*)に局在
できず、LIF/STAT3シグナルを強く誘起
できないため、マウスES細胞のような
ナイーブな状態に細胞を保つことができない
ことを明らかにした。

 この研究をさらに発展させることにより、
遺伝子導入や細胞の安定維持が難しい
ヒトES細胞やiPS細胞を、より扱いやすい
ナイーブな状態に容易に誘導することが
可能になると期待される。
---------------------------------------

難しいですね。

でも、なかなか重要そうな発見のように
思えます。

今後に期待します。

|

« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 家計にも地球にも優しい節水型トイレの技術 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/51003590

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラックダイナック糖鎖構造は、LIF/STATシグナルを制御して、マウスES細胞の自己再生に関わっている」が、米国幹細胞関連雑誌『Stem Cells』電子版に掲載された。:

« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 家計にも地球にも優しい節水型トイレの技術 »