« 回転運動から磁気の流れを生みだす手法を発見 | トップページ | サルへiPS網膜細胞移植成功…臨床応用へ一歩 »

2011年2月20日 (日)

爆発噴火の前に周辺の重力減少 新燃岳、予測応用に期待

爆発噴火の前に周辺の重力減少 新燃岳、
予測応用に期待

2011年2月18日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 霧島連山・新燃岳(1421メートル)で
散発的に続く爆発的噴火で、爆発の数時間前
に周辺の重力がわずかに減少していたことが、
東京大学地震研究所の調査で分かった。

 今後の噴火予測に役立ちそうだ。

 同研究所の大久保修平教授らは8日、
新燃岳山頂から北西に数キロ離れた地点に
高精度の重力計を設置。
 爆発的噴火があった11日と14日、
それぞれ噴火の10時間ほど前から重力が
減り、2~3時間前に減り幅が最大に
なって、爆発時までに元に戻る現象が観測
された。
 重力の減少幅は、最大で数億分の1程度
だった。

 観測点の地下数キロには、マグマだまり
があるとみられている。
 研究チームは、爆発直前にマグマだまり
にマグマやガスがたまった影響で、重力が
減少したとみている。

 長期的にみても、観測開始後10日間
ほどで、全体で重力が3億分の1ほど
減っており、継続的にマグマが増えている
可能性があるという。

 東大は今後、気象庁など関係機関にデータ
を定期的に提供する方針。
 大久保教授は「今後、さらに大きな噴火
の予兆をつかまえられる可能性がある」
と話している。(長野剛)
---------------------------------------

当然と言えば当然ですね。
大きな質量が動くのだから、微妙な重力の
変化はあって当然。

確かに、
「大きな噴火の予兆をつかまえられる
可能性がある」
と思います。

|

« 回転運動から磁気の流れを生みだす手法を発見 | トップページ | サルへiPS網膜細胞移植成功…臨床応用へ一歩 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50923104

この記事へのトラックバック一覧です: 爆発噴火の前に周辺の重力減少 新燃岳、予測応用に期待:

« 回転運動から磁気の流れを生みだす手法を発見 | トップページ | サルへiPS網膜細胞移植成功…臨床応用へ一歩 »