« 米国での「Dumbphone」率は 73 % | トップページ | 海底資源「メタンハイドレート」、世界初の産出試験へ 経産省 »

2011年2月20日 (日)

薬でがんに放射線届ける

薬でがんに放射線届ける
2011年2月17日 近畿大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「医療」のコーナーで、放射性物質を
組み込んだ薬剤を飲んだり注射したりする
がんの治療法(RI内用療法)が
取り上げられ、近畿大学医学部附属病院
辰巳陽一准教授が行った治療が
紹介されました。

 RI内用療法は、体のなかで散らばった
がんに薬が集まり、放射線を浴びせて病巣を
破壊する治療法で、副作用が軽いのが特徴
です。
 近畿大学医学部附属病院 PET診断部門長
細野眞教授は「外から薬を入れれば自然に
病巣にだけ集まって治療してくれる」
と話しています。

 また、辰巳教授は「脱毛や吐き気などの
副作用がなく、1回の治療で済む。
 いま対象となっている病気以外にも
使えるのではないか」と期待しています。
---------------------------------------

良いですね。
1回の治療で済むというのも有難い。

朝日新聞によれば、RI内用療法の薬剤は
「イブリツモマブチウキセタン」
(商品名:ゼヴァリン)というもので
悪性リンパ種に適用の薬剤です。

悪性リンパ種の原因となる細胞の表面に
存在する特定のタンパク質(抗原)を標的に
くっつくタンパク質(抗体)に
RI「イットリウム90」を結合させた
薬剤です。

病巣がなくなっても、がん細胞を根絶する
ための「地固め療法」や、抗がん剤治療や
手術と組み合わせる方法も有望らしい。

もっといろいろな新薬がでてくると良い
ですね。
放射線を扱うので扱いには注意が必要
とは思いますが、

単純な言い方をすれば、抗原抗体反応を
利用するという意味ではがん免疫療法も
この分類に入るのかな?

最近よく出てくる、分子標的薬というのは
「がん細胞にとっての“アキレス腱”を分子
レベルでターゲットにしようとする薬剤
ですね。

|

« 米国での「Dumbphone」率は 73 % | トップページ | 海底資源「メタンハイドレート」、世界初の産出試験へ 経産省 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50922411

この記事へのトラックバック一覧です: 薬でがんに放射線届ける :

« 米国での「Dumbphone」率は 73 % | トップページ | 海底資源「メタンハイドレート」、世界初の産出試験へ 経産省 »