« 従来の20分の1の変調速度で超高速通信を実現 | トップページ | 逆さまにしても落ちません…特殊なフィルムの畑 »

2011年2月15日 (火)

国産の「植込み型補助人工心臓」2010年12月に厚生労働省で承認

国産の「植込み型補助人工心臓」
2010年12月に厚生労働省で承認

2011.02.14配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 国産で初めての「植込み型補助人工心臓」
が、2010年12月に厚生労働省で承認
されました。

 日本は、医療機器の多くが外国製で、輸入
に依存しています。
 人工心臓開発に成功した事例から、
国産医療機器開発のためには、どのような
施策や取り組みが必要なのかを探ります
---------------------------------------

承認されたのは素晴らしいことですが、
承認されるまでに20年もかかったそうです。

是非見てください。
これでは進みません。
日本では医療機器は生まれません。

問題多しです。
薬事法はあるけれど、医療機器法は無い
という法体系。
もっと法律でしっかり企業と国民を
守らないといけない。
法律がしっかりすれば、挑戦する企業も
出てくるはずと言っています。

開発に伴うリスクをとらない企業体質も
変わってくるはずです。
海外に比較して技術で劣っているわけでは
ないのですから、

関連記事です。
埋め込み式補助人工心臓、
国産2種保険適用へ

有難いことです。やっと適用されましたね。

|

« 従来の20分の1の変調速度で超高速通信を実現 | トップページ | 逆さまにしても落ちません…特殊なフィルムの畑 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50879530

この記事へのトラックバック一覧です: 国産の「植込み型補助人工心臓」2010年12月に厚生労働省で承認:

« 従来の20分の1の変調速度で超高速通信を実現 | トップページ | 逆さまにしても落ちません…特殊なフィルムの畑 »