« 少なくとも9種のPARP1阻害剤の臨床試験が、現在世界で進行中 | トップページ | 京大VS米企業 iPS細胞の特許めぐる争い決着 »

2011年2月 1日 (火)

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症
治療学寄附講座ブログに下記更新情報が
ありましたので、載せておきます。

1.免疫性神経疾患調査研究班会議

内容はリンクを参照してください。

>平成22年度の厚生労働省の
>免疫性神経疾患に関する調査研究班の
>班会議が開催されました。
>初日の1月26日はMSとNMOに関する研究報告
>が中心で、多くの新しい進展が報告
>されました。
とのことで、

京都民医連中央病院の斎田先生による、
新たなNMOの診断基準の提唱があった
ようです。
>適用すればMSの誤診が少なくなると
>思われ、その有用性が期待できます
と言ってます。

|

« 少なくとも9種のPARP1阻害剤の臨床試験が、現在世界で進行中 | トップページ | 京大VS米企業 iPS細胞の特許めぐる争い決着 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50748564

この記事へのトラックバック一覧です: 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報:

« 少なくとも9種のPARP1阻害剤の臨床試験が、現在世界で進行中 | トップページ | 京大VS米企業 iPS細胞の特許めぐる争い決着 »