« がん細胞の増殖促す「悪玉遺伝子」を発見、末期がん治療に期待 | トップページ | 君が代判決―少数者守る司法はどこへ »

2011年2月 2日 (水)

確率共鳴を利用する電子ナノデバイスの開発

確率共鳴を利用する電子ナノデバイスの
開発

2011.02.02配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 北海道大学の研究チームが、不必要な雑音
を利用することで、微弱な信号の応答能力が
上がる現象、「確率共鳴」を電子機器で
実現しました。

 確率共鳴は様々な生体に見出された現象
です。

 今回の研究は、生体の優れた情報処理の
仕組みをエレクトロニクスでつくりだす
あらたな一歩といえます
---------------------------------------

確率共鳴面白いです。

理屈としては簡単ですが、実際に装置で
応用するのは難しそうです。
かなり昔から知られている理論のようですね。

関連ページ紹介しておきます。
確率共鳴を利用した新しい情報処理の
ためのナノデバイスと集積化

実用化までにはまだ時間がかかりそう
ですが、うまくいくと良いですね。

こういうページもありました。
確率共鳴 (Stochastic Resonance)
シミュレータです。

|

« がん細胞の増殖促す「悪玉遺伝子」を発見、末期がん治療に期待 | トップページ | 君が代判決―少数者守る司法はどこへ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50756451

この記事へのトラックバック一覧です: 確率共鳴を利用する電子ナノデバイスの開発:

« がん細胞の増殖促す「悪玉遺伝子」を発見、末期がん治療に期待 | トップページ | 君が代判決―少数者守る司法はどこへ »