« クリーンなバイオマスシステムによる温室効果ガス排出削減効果は、30%以上過大評価されている可能性がある。 | トップページ | ピロリ菌の増殖を抑制するオリゴ糖の大量合成に道 »

2011年2月14日 (月)

ガン細胞の増殖、転移は止めることが出来るかも!?

ガン細胞の増殖、転移は止めることが
出来るかも!?

2011/02/10 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 今回紹介するのは"The journal
Oncogene"という医療関連誌に掲載された
記事で、その内容を一言で言い表すなら
: "The discovery of a "rogue gene""。
「"rogue gene"と呼ばれる遺伝子の発見」
となるのですが、"rogue(ローグと発音)"
という単語を英和辞書で引いてみると、
「わんぱく小僧、不良、悪党、ペテン師、
不良品種、放浪者、宿無し」と、なかり
乱暴な内容の訳が目に飛び込んできます。

 つまり "rogue gene"を訳すとするなら
「わんぱく小僧遺伝子」とか
「悪党遺伝子」、「ペテン遺伝子」、
「不良遺伝子」などとなり、どれをとっても
余り良い(役立つ)遺伝子とはとうてい
思えないのですが……。

 ところが意外や意外、この「乱暴もの
遺伝子」の発見こそが、将来多くのガン患者
の命を救うことになる、とてつもない可能性
を秘めているんだとか。
 それも乳ガン、脳腫瘍(脳のガン)、
大腸ガン、皮膚ガンなど多種に渡るガンに
有効な上、末期症状の患者さえ救う事が
出来ると言うから驚きです。

"rogue gene"とは"The newly identified
"rogue gene" is an enzymic bonding
agent present inside cancer cells
that attacks and breaks down a naturally
occurring protein in the body
that normally functions to prevent
cancer cells from spreading."
とあるように「がん細胞内に存在する
結合剤酵素で、同細胞内の増殖や転移を
防ぐ働きをするタンパク質を攻撃破壊して
しまう悪者」なんだとか。

 よって、この"rogue gene"さえ制御
出来れば、がん細胞内の「良いタンパク質」
の量を増やすことができ、その結果体内の
ガン細胞を"dormant(休眠状態、活動休止
状態)"に保つことが出来るんだそうです。

さらにこの記事では :
"The researchers report
that within the next decade,
their findings could lead the development
of new drugs capable of halting late-stage
metastasis during which cancer cells
spread throughout the body."
 と記されているように、今回の遺伝子の
発見により、研究者たちはなんと今後10年
もかからずして、ガン細胞の増殖や、転移
を押さえる薬は作り出せるだろうと
意気込んでいます。

 彼らの次のステップは明白。
"The next step in the research process "
is to identify a potent drug
that will get inside cancer cells
and destroy the activity of
the rogue gene."とあるように
「ガン細胞内に入り込み"rogue gene"を
破壊する事の出来る薬を作り上げること」、
ただそれだけ。

 今では2人に1人はかかるだろうと
言われるまでになっている「ガン」ですが、
このニュースは、そんな中また一つ大きな
希望をもたらしてくれるものであること
には違いありません。
一日も早い薬の完成を待ちたいものです。

 でもその間我々が出来ることは如何に
自身を健康に保つか。
 同記事では適度の運動と、質のよい飲食に
心がけるようにと呼びかけています。

 今回のURLは、Scientists Find That
Blocking "Rogue Gene"
May Prevent Spread of

英語ワンポイント :
英語で「一言で言うと…」は
"If I were to say it in one word...."

 と「一言で言うと」ではなく
「一文字で言うと」といった言い方を
します。

 つまり余談ですが、今回冒頭にある
"The discovery of a "rogue gene""は
本当なら"If I were to say it in one word
....."ではなく、"If I were to say it
in six words....."が正しいのかも
知れません(笑)。

 また"say(言う)"のところは"describe
(表す、表現する)"に置き換えて
"If I were to describe it in one word
...."と言ってもオッケーです。

ではまた次回。
---------------------------------------

がん研究は盛んですね。
>研究者たちはなんと今後10年
>もかからずして、ガン細胞の増殖や、
>転移を押さえる薬は作り出せるだろうと
>意気込んでいます。
懐疑的な私としては、本当でしょうか?
と疑いたくなってしまいますが、
希望を持って待ちましょう。

この手のニュースは沢山ある。
どれが本命になるのかな?

と言っても、がんは手強いから、
これ一つでと言うような薬はあり得なくて、
いろいろ出てくるとは思いますが、


|

« クリーンなバイオマスシステムによる温室効果ガス排出削減効果は、30%以上過大評価されている可能性がある。 | トップページ | ピロリ菌の増殖を抑制するオリゴ糖の大量合成に道 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50869688

この記事へのトラックバック一覧です: ガン細胞の増殖、転移は止めることが出来るかも!?:

« クリーンなバイオマスシステムによる温室効果ガス排出削減効果は、30%以上過大評価されている可能性がある。 | トップページ | ピロリ菌の増殖を抑制するオリゴ糖の大量合成に道 »