« 脳の細胞再生成功、特殊なたんぱく質利用 名古屋市立大 | トップページ | 認知症に初の貼る薬、厚労省承認へ 進行抑える効果 »

2011年2月22日 (火)

グリア細胞:脳に温度検知機能 慶応大チーム、初めて確認

グリア細胞:脳に温度検知機能
慶応大チーム、初めて確認

毎日新聞 2011年2月22日 東京朝刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 脳細胞の大半を占める「グリア細胞」に、
低温を感じるセンサーがあることを、
阿相皓晃(あそうひろあき)・慶応大特別
研究教授(細胞生物学)のチームが動物実験
で突き止めた。
 脳の温度検知機能が確認されたのは
初めて。

 心筋梗塞(こうそく)や呼吸障害など、
脳に血液や酸素が十分行き渡らない状態に
陥った患者の体温を下げて脳を保護する
「低体温療法」の効果的な手法の開発に
役立つ可能性がある。

 グリア細胞は、神経細胞とともに脳細胞
を構成しているが、その機能には謎が多い。

 チームは、グリア細胞が温度の違いで
どう変化するかを、マウスを使って調べた。

 さまざまな温度でグリア細胞を培養した
ところ、低体温療法と同じ約32度で最も
活発に増殖し、その数はマウスの平熱である
約37度の時の1・5倍だった。

 増殖にかかわっているのは、生命活動に
必要なエネルギーを作り出すたんぱく質
「VDAC1」で、VDAC1を働かない
ように操作したマウスでは、温度を下げても
グリア細胞が増殖しなかった。
 VDAC1が体温の低下を感知し、
グリア細胞を増殖させているとみている。

 低体温療法は体温を31~33度に下げる
ことによって生命活動を抑制し、生命機能の
多くをつかさどる脳を保護する治療法。
 効果は経験的に知られていたが、詳しい
仕組みは分かっていなかった。
 体温が下がる現象は冬眠中の哺乳類にも
見られるが、脳の血流量が大幅に落ちても
冬眠後、障害が残らないのはグリア細胞が
増えて脳機能の低下を補っている可能性が
あるという。

 阿相教授は「通常、細胞は低温下では
活動度が下がるが、グリア細胞は逆だった。

 この成果をもとに、より治療効果の高い
低体温療法を提案したい」と話す。
【田中泰義】
---------------------------------------

面白い現象です。

体温が高い方が免疫システムは活発に
働くので、その逆の現象が脳に見られる
と言うのはちょっと不思議ですね。

>さまざまな温度でグリア細胞を培養した
>ところ、低体温療法と同じ約32度で
>最も活発に増殖し、その数はマウスの
>平熱である約37度の時の1・5倍
>だった。

>体温が下がる現象は冬眠中の哺乳類にも
>見られるが、脳の血流量が大幅に
>落ちても冬眠後、障害が残らないのは
>グリア細胞が増えて脳機能の低下を
>補っている可能性があるという。
なるほど。

>この成果をもとに、より治療効果の高い
>低体温療法を提案したい
良いですね。

脳に最適な温度があるということが
理論的に裏付けられたということですね。

|

« 脳の細胞再生成功、特殊なたんぱく質利用 名古屋市立大 | トップページ | 認知症に初の貼る薬、厚労省承認へ 進行抑える効果 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50940996

この記事へのトラックバック一覧です: グリア細胞:脳に温度検知機能 慶応大チーム、初めて確認:

« 脳の細胞再生成功、特殊なたんぱく質利用 名古屋市立大 | トップページ | 認知症に初の貼る薬、厚労省承認へ 進行抑える効果 »