« エンジンだけでリッター30kmの燃費 マツダ「SKYACTIV」を解剖(1) | トップページ | レアアース代替できた!インクが高感度センサー »

2011年2月24日 (木)

サウジ男性、足の筋肉細胞培養し心臓機能回復

サウジ男性、足の筋肉細胞培養し
心臓機能回復

2011年2月22日15時13分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 重い心臓病を患ったサウジアラビア人の
男性が、自分の足の筋肉細胞で心臓機能を
回復させる最先端の手術を大阪大病院
(大阪府吹田市)で受け、22日退院
した。

 国内でこの治療ができるのは同病院だけ
で、高度医療を海外の患者に提供する
「医療ツーリズム」の先駆け。

 同病院の澤芳樹教授は「これを機に日本も
国際貢献の輪に加わることができれば」
と話した。

 男性はアルシャリーダ・サーレハさん
(58)で、約5年前に重症の拡張型心筋症
と診断された。
 昨年12月に足の筋肉細胞を採取、同病院
で細胞を体外で薄いシート状
(直径約5センチ)に培養した後、
先月28日、心臓に約30枚貼り付けて
機能回復を図る手術を行った。
---------------------------------------

細胞シートを使った再生医療は、どんな
領域で、どこまで臨床の場で実施する
ことが認可されているのでしょうか?

自家培養ということになるので、
薬ではなく薬事法の適用外?
細胞シートというのは医薬品?

株式会社セルシードでは、
>角膜再生上皮シート
>ヒトの角膜の上皮と呼ばれる部分の
>さまざまな疾患を治療することを目的
>として研究開発を行っている再生医療
>医薬品パイプラインです。
>現在、「角膜上皮幹細胞疲弊症」を
>適応症とした治験をフランスで実施して
>おり、並行して事業化準備を推進して
>おります。
といっているので製品としては医薬品
なんですね。

こういう高度先進医療についての
法律はどうなっているのかな?
どうもすっきりしない。

臨床試験を考える」を見てください。
どうもすっきりしません。

細胞シートについては、
東京女子医科大学
先端生命医科学研究所で提唱していますね。
細胞シート工学

日本全体としてどうなっているのかな?

再生医療としてはiPS細胞とかES細胞とか
が注目されていますが、
細胞シート工学は注目と思われます。

参考までに日本再生医療学会は
日本再生医療学会

再生医療のベンチャー企業は
株式会社セルシード
株式会社ジャパン・ティシュ・
 エンジニアリング

細胞シート工学関連企業ということに
なりそうですね。

|

« エンジンだけでリッター30kmの燃費 マツダ「SKYACTIV」を解剖(1) | トップページ | レアアース代替できた!インクが高感度センサー »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50958513

この記事へのトラックバック一覧です: サウジ男性、足の筋肉細胞培養し心臓機能回復:

» 治験の休薬期間 [治験の予備知識]
高額な報酬を得られるからといって、治験ボランティアに連続して応募することはできませんので注意が必要です。それは治験には休薬期間というものが定められているためです。それでは、この休薬期間とはどのようなものでしょうか。◇薬の残留の影響を防ぐ◇治験では、休薬期間を設けることで、他の治験により投薬された薬の残留による影響で、正しい検査結果が出なくなることを防ぐようにしています。治験の内容により休薬期間は異なり、前回受けた治験の修了日の翌日からカウントされた日数で指定されます。従いまし..... [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 09時48分

« エンジンだけでリッター30kmの燃費 マツダ「SKYACTIV」を解剖(1) | トップページ | レアアース代替できた!インクが高感度センサー »