« レアアース代替できた!インクが高感度センサー | トップページ | 飛躍的にエラーを削減するSSDメモリの開発に成功 »

2011年2月24日 (木)

太陽系に未発見の巨大惑星か 米大チーム、専門誌に論文

太陽系に未発見の巨大惑星か
米大チーム、専門誌に論文

2011年2月22日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
Tky201102220209_2

 太陽系で木星より大きな惑星が新たに
見つかる可能性を示す論文を、
米ルイジアナ大研究チームが米専門誌
イカルス2月号に発表した。

 木星は太陽系で最大の惑星だが、
その4倍の重さがあるとみられている。
 米航空宇宙局(NASA)は18日、
「検証には少なくとも2、3年はかかる」
という見解を発表した。

 同大のジョン・マティス教授らは彗星
(すいせい)の軌道の統計的分析から、彗星
の動きに影響する未発見の惑星がある可能性
を見つけた。

 太陽からの距離は、太陽と地球の距離の
約1万5千倍、太陽と海王星の距離と
比べても500倍ある。
 重さは最大で地球の約1200倍と推測
されている。

 惑星は、ギリシャ神話の女神と同じ名前
の「テュケー」。
 木星のような巨大ガス惑星か恒星に
なれなかった星のようなものと考えられる。

 あまりにも遠いため存在がわからな
かったが、チームはNASAが2009年に
打ち上げた新型の赤外線宇宙望遠鏡
「WISE(ワイズ)」の観測で見つかる
可能性があるとしている。

 この論文についてNASAは18日、
見解を発表。
 「WISEが、そのような天体を
見つけられるかどうかを判断するには
2、3年のデータ分析が必要。
 仮説の検証はデータがすべて処理・分析
されたあとになるだろう」とした。

 NASAによると、「ネメシス」と
呼ばれる同様の天体がかつて想定され、
その影響で彗星の軌道が乱されて地球に
衝突し、大絶滅を周期的にもたらしてきた
と考えられたことがあった。
---------------------------------------

思っても見なかった話です。

そんなに大きな星が太陽の周りを回って
いるなんて、余りに遠くて、自分では
光っていないので、望遠鏡では見ることが
できなかった?

にわかには信じられない話ですね。

彗星の軌道に影響を与えている何かが
存在することは確からしいですが、


|

« レアアース代替できた!インクが高感度センサー | トップページ | 飛躍的にエラーを削減するSSDメモリの開発に成功 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50958755

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽系に未発見の巨大惑星か 米大チーム、専門誌に論文:

« レアアース代替できた!インクが高感度センサー | トップページ | 飛躍的にエラーを削減するSSDメモリの開発に成功 »