« 燃料効率を50%改善する高効率エンジン、日本に進出 | トップページ | 世界最長実験:40年間、鋼材引っ張り 27日に達成へ »

2011年2月23日 (水)

親より先に長男死亡 遺言相続、孫には無効 最高裁

親より先に長男死亡 遺言相続、
孫には無効 最高裁

2011/2/22 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 遺言で親の全財産を相続する予定だった
長男が、親より先に死亡した場合、長男の
子が代わりに相続する「代襲相続」が
認められるかどうかが争われた訴訟の
上告審判決が22日、最高裁であった。
 第3小法廷(田原睦夫裁判長)は、相続
を認めなかった二審・東京高裁判決を支持
した。

 こうしたケースで最高裁が判断を示すのは
初めて。
 相続予定の人が亡くなった場合に、
その子らが代わりに相続することを
「代襲相続」と呼び、民法で定められて
いる。

 同小法廷は判決理由で「遺言をする人が
特定の相続人に財産を相続させるといった
場合、通常はその相続人に遺産を取得させる
意思があるということにとどまる」と指摘。

 全財産を受ける予定だった相続人が死亡
した場合は、遺言中で代襲相続を指示して
いるなどの特段の事情がない限り、「遺言
に効力は生じない」と判断した。

 問題となったのは、金沢市内に不動産など
の財産を所有していた女性の遺言。

 女性には長男と長女がおり、1993年に遺言
で長男に全財産を相続させるとしたが、
長男は2006年に母親より先に死亡。
 その後、親も死亡し、長女が法定相続分
の権利の確認を求めて提訴していた。

 一審・東京地裁判決は、長男が亡くなった
場合に、その子3人が全財産を相続する
ことは、長男に全財産を残したいと望んで
いた母親の意に沿うと判断。

 これに対し二審・東京高裁判決は、
遺言には「長男が死亡した場合には子が
代襲相続する」とは明記されていなかった
ことから、長女側の主張を認めた。
---------------------------------------

いやいや相続大変です。
お金がからんでくる場合は特に、

裁判もいい加減ですね。
裁判官でころころ変わる。
どうなっているのか?

私には相続する財産がありませんから、
問題ありませんが、相続問題は大変なよう
です。

先日、ある勉強会が相続関連の話題だった
のですが、色々問題があるんです。

例えば、死亡日、時刻はいったい
いつになるのか? 実際に死亡した時刻と
公に認められる時刻とにはずれがある。
それによって相続対象が違ってくる。
時間の前後、同時で違ってくる。
とか、いろいろあって大変そうでした。
相続関連の法律は複雑です。
関連しそうな人は良く勉強しておいた方が
良いと思いますよ。

|

« 燃料効率を50%改善する高効率エンジン、日本に進出 | トップページ | 世界最長実験:40年間、鋼材引っ張り 27日に達成へ »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親より先に長男死亡 遺言相続、孫には無効 最高裁:

« 燃料効率を50%改善する高効率エンジン、日本に進出 | トップページ | 世界最長実験:40年間、鋼材引っ張り 27日に達成へ »