« 京大VS米企業 iPS細胞の特許めぐる争い決着 | トップページ | がん細胞の増殖促す「悪玉遺伝子」を発見、末期がん治療に期待 »

2011年2月 2日 (水)

天然ウナギの卵発見 世界初、完全養殖実用化へ期待

天然ウナギの卵発見
世界初、完全養殖実用化へ期待

2011年2月2日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 天然のニホンウナギが海で産んだ卵が、
世界で初めて日本の研究チームによって
発見された。

 現場は、ウナギの幼生が捕獲された
ことがあるマリアナ諸島沖。
 調査で得られたデータは、ウナギを
卵から育てる「完全養殖」の実用化に
役立つと期待される。

 発見したのは、東京大大気海洋研究所の
塚本勝巳教授や水産総合研究センターなど
のチーム。
 1日付の英科学誌ネイチャーコミュニ
ケーションズ(電子版)に報告した。

 2009年5月、調査船で大型の
プランクトンネットを引いたところ、
ウナギとみられる複数の卵が入った。
 DNA鑑定で31個がニホンウナギの
卵と確認された。
 いずれも受精卵で、直径は平均1.6
ミリだった。
Tky201102010630

 孵化(ふか)するまでの間、海中に卵の
形で漂うのはわずか1日半とわかっている。

 チームは過去の調査データから、産卵が
新月のころに行われると推定。
 集中的に調査した。
 世界のウナギ19種・亜種のうち、天然の
卵の発見は初めて。

 現場海域は水深3千~4千メートルで、
海山が立ち並ぶ。
 ウナギの卵が捕れたのは、
深さ200メートルまでの比較的浅い場所
だった。
 塚本教授は「かつて深い海の底で産卵する
と考えていたが、実際にはかなり浅かった」
と話す。

 日本では40年ほど前から、本格的に
ウナギの誕生の謎を探る調査に力を入れて
きた。
 05年にはマリアナ諸島沖で誕生直後の
ウナギ幼生を捕獲し、産卵海域をほぼ特定
した。だが、卵の捕獲はできずにいた。

 ウナギの養殖には、年間1億匹近い天然
の稚魚を使っている。
 ただ、ニホンウナギの稚魚の漁獲量は
近年、1970年ごろに比べて1~2割程度
に激減している。
 水産総合研究センターはウナギを卵から
育てる「完全養殖」の研究を進め、
10年春に成功したが、稚魚が生き残る率
が低く大量生産ができず、事業化のめどが
立っていない。

 こうした中、今回の調査で卵が見つかった
水深や水温、塩分濃度などのデータは、
ウナギを飼育下で卵から効率良く育てる
上での重要なヒントとなり、完全養殖の
実用化を加速することになりそうだ。
(山本智之)
---------------------------------------

素晴らしい成果のようです。

すごく普通に流通しているうなぎの生態が
つい最近まで不明だったとは、わからない
ものです。

早く、完全養殖できるようになると良い
ですね。


|

« 京大VS米企業 iPS細胞の特許めぐる争い決着 | トップページ | がん細胞の増殖促す「悪玉遺伝子」を発見、末期がん治療に期待 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50756085

この記事へのトラックバック一覧です: 天然ウナギの卵発見 世界初、完全養殖実用化へ期待:

« 京大VS米企業 iPS細胞の特許めぐる争い決着 | トップページ | がん細胞の増殖促す「悪玉遺伝子」を発見、末期がん治療に期待 »