« 増税分を飲み込む歳出増! 歳出構造の見直しをどう進めるか | トップページ | サウジ男性、足の筋肉細胞培養し心臓機能回復 »

2011年2月24日 (木)

エンジンだけでリッター30kmの燃費 マツダ「SKYACTIV」を解剖(1)

エンジンだけでリッター30kmの燃費
マツダ「SKYACTIV」を解剖(1)

2011/2/16 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 2011年前半に発売する次世代エンジン搭載
の「デミオ」で、モータによるアシスト
なしに、10・15モード燃費で30km/Lを実現
する――。

 マツダが2010年10月20日に発表した
次世代車両技術「SKYACTIV
(スカイアクティブ)」は、自動車業界で
大きな反響を呼んだ。

 というのも、30km/Lという燃費が、
マツダの発表に先立って10月8日にホンダが
発売した「フィットハイブリッド」と同じ
数字だったからだ。

 この次世代車両技術「SKYACTIV」は、
以下のような六つの要素技術から成る。

(1)ガソリンエンジンとしては世界一の
  高圧縮比14.0を実現した高効率直噴
  ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」

(2)ディーゼルエンジンとしては世界一の
  低圧縮比14.0を実現したクリーン
  ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」

(3)伝達効率を向上した自動変速機
  「SKYACTIV-Drive」

(4)軽快なシフトの感触と大幅な軽量・
  小型化を実現した手動変速機
  「SKYACTIV-MT」

(5)高い剛性と、最高レベルの衝突安全性
  を実現した軽量車体「SKYACTIV-Body」

(6)正確なハンドリングと快適な乗り心地
  を両立した高性能軽量シャシー
  「SKYACTIV-Chassis」

 最大の特徴は、エンジンだけ、車体だけ
の改良ではなく、車両全体を包括的に刷新
した点にあ
---------------------------------------

前にも紹介しました。
詳細は省略します。
続きもあるようです。以下、
燃費を約20%向上させたディーゼルエンジン
マツダ「SKYACTIV」を解剖(2)

良いですね。
一時も一カ所に留まっていてはいけません。
挑戦し続ける必要があるのです。
それが企業というものです。
それが出来ない企業は衰退するのみ。

ただ、気になるのは、前回投稿した
燃料効率を50%改善する高効率エンジン、
日本に進出

です。
これはすごい。
常に挑戦し続けないと負けます。

|

« 増税分を飲み込む歳出増! 歳出構造の見直しをどう進めるか | トップページ | サウジ男性、足の筋肉細胞培養し心臓機能回復 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50956406

この記事へのトラックバック一覧です: エンジンだけでリッター30kmの燃費 マツダ「SKYACTIV」を解剖(1) :

« 増税分を飲み込む歳出増! 歳出構造の見直しをどう進めるか | トップページ | サウジ男性、足の筋肉細胞培養し心臓機能回復 »