« 速く歩く人ほど長生き…米医師が65歳以上調査 | トップページ | 【アルツハイマー病】10年ぶりの新薬登場間近 »

2011年1月 9日 (日)

断層:ミュー粒子で撮影 東大准教授ら初めて成功

断層:ミュー粒子で撮影
東大准教授ら初めて成功

毎日新聞 2011年1月9日 東京朝刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 宇宙から降り注ぐ「ミュー粒子」を
使って、地中の断層を撮影することに、
東京大地震研究所の田中宏幸准教授
(高エネルギー地球科学)らのチームが
初めて成功した。

 日本列島の地下には無数の断層があり、
一部は地震を起こす可能性のある活断層だ。

 地中の断層の調査は実際に掘って確かめる
トレンチ調査が主流だが、この方法を実用化
できれば、大幅な経費削減が期待できる
という。

 ミュー粒子は岩盤も通り抜ける素粒子だ。
チームは、雨水などは断層の隙間(すきま)
に沿って地中にしみ込むことに着目。
 水を含んで密度が低くなった岩盤を通り
抜けたミュー粒子の数を測定することで、
断層の有無を判断できると考えた。

 観測実験は、日本を東西に分ける大断層線
「糸魚川(いといがわ)・静岡構造線」で、
10年6月から同7月にかけて実施した。

 同構造線が走る新潟県糸魚川市内の丘陵地
にある既知の断層が、構造線があると予想
される線(予想線)とは違う方向に延びて
いることから、予想線の地下にも未知の断層
があると予測。
 丘陵地のふもとに観測装置を設置し、
空から丘陵地を通り抜けるミュー粒子を
観察した。

 装置を中心に扇形の範囲を観測した
ところ、既知の断層だけでなく、予想線に
沿った丘陵の地中にも密度が低い部分が
あり、未知の断層を確認できたと判断した。

 田中准教授は「装置を設置して観測する
だけなら100万円程度。
 一回数千万~数億円かかるトレンチ調査
に比べ格安だ。
 将来的には密度の変化をリアルタイムで
分析し、地震発生予測に生かせるかも
しれない」と話す。【石塚孝志】
---------------------------------------

素晴らしい方法だと思います。

一回数千万~数億円かかるトレンチ調査では
進まないはず。
是非この方法で実用化できれば、
本当に素晴らしい。

ずっと以前、2008年8月19日に投稿した
手抜き工事もお見通し
というものがあるのですが、
同じ研究者ですね。これもミュー粒子を
利用して観測するものです。
今はどうなったのでしょうか?

研究を続けているようです。
応援したい。

こういうのもありましたね。
火山の内部、宇宙線で透視

|

« 速く歩く人ほど長生き…米医師が65歳以上調査 | トップページ | 【アルツハイマー病】10年ぶりの新薬登場間近 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50535627

この記事へのトラックバック一覧です: 断層:ミュー粒子で撮影 東大准教授ら初めて成功:

« 速く歩く人ほど長生き…米医師が65歳以上調査 | トップページ | 【アルツハイマー病】10年ぶりの新薬登場間近 »