« Google ChromeがH.264対応をとりやめ、WebM推進を鮮明に | トップページ | 認知症薬、心臓病の予防効果…日米共同研究 »

2011年1月13日 (木)

岡山大、夜でも充電可能な次世代太陽電池を開発中!

岡山大、夜でも充電可能な次世代太陽電池
を開発中!

2011.01.12 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 夜でも発電できる光発電装置!?

 岡山大大学院自然科学研究科の池田直
教授らは、夜間でも充電可能な太陽電池を
開発しているそうです。

 違いは材料。従来の光発電装置には
シリコン材料が用いられていましたが、
太陽からの可視光によってでしか発電
できないうえ、高価であるといった欠点が
ありました。

 現在、池田教授らが開発を進めている
光発電装置の材料は「酸化鉄化合物」。

 可視光だけでなく赤外線にも反応する
ため、従来の100?1000倍の光吸収率を
実現し、夜間における発電も可能にします。

 しかも酸化鉄化合物は安価なので大幅な
製造コストの低減も見込めちゃうそう
ですよ。

 さらに面白いのは、酸化鉄化合物の
「薄く延ばせる」といった特性を活かす
ことで、住宅の外壁や屋根、人工の街路樹
などに「塗る」光発電装置を実現出来る
可能性もあるそうです。

 いつでもどこでも発電出来ちゃう未来が
近い!?
---------------------------------------

なんかすごく良さそうですね。
本当にできるのかな?

寿命は? 価格は?

>光吸収率は既存のシリコン製太陽電池の
>100~1千倍
ホントかな?

今の太陽光発電の効率は頑張って30%が
限界ですよ。

商品化されたら是非マイホームに導入
したい。
素晴らしい。

|

« Google ChromeがH.264対応をとりやめ、WebM推進を鮮明に | トップページ | 認知症薬、心臓病の予防効果…日米共同研究 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

私の自宅は、南側の大きな家の陰になっています。
今は屋根への太陽電池の設置をあきらめていますが、このような新型太陽電池が量産されればと、希望を持てました。

投稿: いとい | 2011年1月24日 (月) 21時08分

いとい さんコメントありがとうございます。

ホントに記事のような太陽電池が発売されれば、是非導入したい。
ちょっと希望が持てますね。

今の太陽電池は高すぎるし、効率が悪すぎる。
投資と回収は殆ど、とんとんです。

電力会社は買い取り料の回収を電気料金に上乗せします。
なんか金持ちに有利。
CO2削減の為に全国民で負担しましょう。と言うのならわかりますが、
お金がなくて設置出来ない人は損をする。
ちょっとおかしくないですか?

公平の意味をしっかり考えて政策を実施して貰いたい。
文句が出てしまいました。すみません。

投稿: haredasu | 2011年1月25日 (火) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50576076

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山大、夜でも充電可能な次世代太陽電池を開発中!:

« Google ChromeがH.264対応をとりやめ、WebM推進を鮮明に | トップページ | 認知症薬、心臓病の予防効果…日米共同研究 »