« クールでホットな英国電子申請体験記 | トップページ | iPSで心疾患細胞…副作用の確認可能に »

2011年1月17日 (月)

MRSAに自分の毒素抑える遺伝子 宿主との共存戦略?

MRSAに自分の毒素抑える遺伝子
宿主との共存戦略?

2011年1月17日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 院内感染の原因になり、抗生物質が
効かないメチシリン耐性黄色ブドウ球菌
(MRSA)には、自分の毒素や動きを
抑える遺伝子があることを、東京大の
関水和久教授らが見つけた。

 関水教授は「自分の病原性を抑えて、
宿主の人間と共存する戦略だろう」と
話している。

 この遺伝子があると、菌が出す毒素の量
は半分以下になり、菌の動きが鈍った。
 その結果、マウスが生き残る時間が
10倍近くに延びたという。

 もともとMRSAは、抵抗力が弱った
人が感染すると病気を起こしやすいと
されてきたが、海外では、プールや温泉
などで健康な人にも集団感染を起こしている
ことが報告されている。

 関水教授によると、健康な人たちの
集団感染の原因として、今回見つけた
遺伝子がないタイプの菌が考えられる
という。

 2月にも米専門誌で発表する。
---------------------------------------

わざわざ自分の毒素を抑えている。
宿主との共存戦略なんですかね?
宿主が死んでしまっては元も子もない。

|

« クールでホットな英国電子申請体験記 | トップページ | iPSで心疾患細胞…副作用の確認可能に »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50613096

この記事へのトラックバック一覧です: MRSAに自分の毒素抑える遺伝子 宿主との共存戦略?:

« クールでホットな英国電子申請体験記 | トップページ | iPSで心疾患細胞…副作用の確認可能に »