« 赤ワインを飲むと頭が良くなる!? 記憶力、学習能力が向上することが確認されました。名古屋市立大の研究。 | トップページ | 不死細胞HeLa(ヒーラ) だれのもの »

2011年1月16日 (日)

iPSバンク創設へ本格研究 京大、来年度にも

iPSバンク創設へ本格研究 京大、
来年度にも

2010年12月22日 京都新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 京都大iPS細胞研究所は22日、再生医療
に用いるためさまざまな人の細胞から
iPS(人工多能性幹)細胞を作製し、保存
しておく「細胞バンク」の実現に向けた
本格的な研究を、来年度にも始める予定で
あることを明らかにした。

 iPS細胞を使った再生医療の実現には
各患者からiPS細胞をつくるのでは時間や
費用がかかるため、バンクの創設が重要と
なる。特殊な白血球の型(ホモ型)を持つ
140人からiPS細胞をつくれば日本人の
90%をカバーできる計算になるという。

 今回の研究計画では研究の趣旨に賛同した
人を広く募り、京大病院で口の粘膜や血液を
採取して白血球の型を調べる。

 特殊な型であれば改めて皮膚などいくつか
の種類の細胞を採り、安全なiPS細胞の
作製に向けた研究に用いる。
 当初は2種類の特殊な型の確保を目標に
する。

 研究計画は本年度内に学内の倫理委員会
に提出することを目指す。
 中畑龍俊副所長は「バンクの実現には
安全なiPS細胞の作製法の確立が不可欠
で、臨床応用へ向けたさまざまな研究を
並行して進めたい」と話す。
---------------------------------------

早くiPSバンク出来ると良いですね。

この記事、タイムリーです。。
京大チームがiPS細胞を効率的に
凍結する方法を開発
細胞バンクへの応用に期待

期待してしまいます。

|

« 赤ワインを飲むと頭が良くなる!? 記憶力、学習能力が向上することが確認されました。名古屋市立大の研究。 | トップページ | 不死細胞HeLa(ヒーラ) だれのもの »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50603357

この記事へのトラックバック一覧です: iPSバンク創設へ本格研究 京大、来年度にも:

« 赤ワインを飲むと頭が良くなる!? 記憶力、学習能力が向上することが確認されました。名古屋市立大の研究。 | トップページ | 不死細胞HeLa(ヒーラ) だれのもの »