« ハンチントン病治療に道 原因遺伝子の働き抑制 | トップページ | 肺がんの薬剤耐性の原因を解明 »

2011年1月12日 (水)

武田、アルツハイマーを予見するバイオマーカーを開発へ

武田、アルツハイマーを予見する
バイオマーカーを開発へ

2011年01月11日 15:35 キャリアブレイン

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 武田薬品工業は1月11日、5年以内に
アルツハイマー病を発症するリスクの高い
高齢者を特定できる可能性がある
バイオマーカー「TOMM40アッセイ」
について、全世界での開発、製造、使用、
商業化に関する独占的ライセンス契約を
米ジンファンデル社と締結したと発表した。

 TOMM40は、ジンファンデル社の
アレン・ローゼスCEOが発見した
バイオマーカー。

 今後両社は、アルツハイマー病の発症
リスクの高い高齢者を特定できる可能性
について、健常高齢者を対象にTOMM40の
検証を進めていく。

 さらに、TOMM40の有効性が確認された
場合は、TOMM40によってアルツハイマー病
の発症リスクが高いと特定された高齢者を
対象に、武田が販売する2型糖尿病治療薬
アクトスの活性成分ピオグリタゾンの
臨床試験を両社で実施し、新たな
アルツハイマー病の治療法の開発に着手
する。
---------------------------------------

アルツハイマー病の治療については、
発症後ではなく、発症前からの治療
に焦点があたって来ているようです。


関連投稿です。
【アルツハイマー病】10年ぶりの
新薬登場間近

|

« ハンチントン病治療に道 原因遺伝子の働き抑制 | トップページ | 肺がんの薬剤耐性の原因を解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50566449

この記事へのトラックバック一覧です: 武田、アルツハイマーを予見するバイオマーカーを開発へ:

« ハンチントン病治療に道 原因遺伝子の働き抑制 | トップページ | 肺がんの薬剤耐性の原因を解明 »