« メタンハイドレートは日本の新たなエネルギー資源となるか | トップページ | 緩和医療 がんの痛み、早めに除く »

2011年1月22日 (土)

歯の一部を体外で培養し、正常に機能する歯を再生

歯の一部を体外で培養し、正常に機能する
歯を再生

2011年01月04日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 時事通信の記事によれば、日本歯科大学の
研究チームがマウスの歯冠の一部を体外で
培養し、完全な歯を再生することに成功した
そうだ。

 これまでには東京理科大や東北大、
東京医科歯科大などのチームがマウスから
やがて歯になる細胞である歯胚を取り出して
培養し、成体マウスの上の奥歯を抜いた後に
埋め込み、神経や血管を含め歯を再生させる
ことに成功しているが、体外で培養して
再生することに成功したのは世界初となる
そうだ。

 今回の日本歯科大学の手法は、人間の歯と
骨をつなぐ歯根膜の細胞を培養して作った
シート状のもので生後5日のマウスの歯冠を
包んで培養液に入れた結果、1カ月で歯根と
歯槽骨、歯根膜も形成され、ほぼ完全な歯が
再生されたとのことである。

 再生歯をマウスの前歯を抜き移植した
ところ、抜け落ちることなく正常に機能した
とのことだ。
---------------------------------------

良いですね。再生医療。

人への臨床応用はいつ頃に
なるのでしょうか?

|

« メタンハイドレートは日本の新たなエネルギー資源となるか | トップページ | 緩和医療 がんの痛み、早めに除く »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50652794

この記事へのトラックバック一覧です: 歯の一部を体外で培養し、正常に機能する歯を再生:

« メタンハイドレートは日本の新たなエネルギー資源となるか | トップページ | 緩和医療 がんの痛み、早めに除く »