« 長野県の男性が自作パソコンで計算した 5 兆桁の円周率がギネス認定 | トップページ | 歴史のページはめくられた~アップル「ポストジョブズの行方」とグーグル「トロイカ体制終止符」 »

2011年1月27日 (木)

ビフィズス菌の作る酢酸がO157感染を抑止することを発見

ビフィズス菌の作る酢酸がO157感染を
抑止することを発見

平成23年1月27日
独立行政法人 理化学研究所
国立大学法人 東京大学
公立大学法人 横浜市立大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ヒトの腸内には、病気の原因となる
悪玉菌や健康維持に活躍する善玉菌
(プロバイオティクス)など、宿主の生態に
影響を与える腸内常在細菌が、宿主の細胞数
よりはるかに多い100兆個ほど存在して
います。

 この常在菌叢を積極的に制御して健康を
改善させる取り組みが盛んとなり、善玉菌
の増殖が悪玉菌の脅威を防ぐ効果を持つ
ことが分かってきています。

 しかし、その予防効果の作用メカニズム
は、謎のままでした。

 理研免疫・アレルギー科学総合研究
センターの免疫系構築研究チームと
東京大学の研究グループは、
腸管出血性大腸菌O157の感染を抑止する
効果が知られているビフィズス菌が、
酢酸を生産し、腸管上皮細胞を保護する
ため、抵抗性を強めることを、マウスを
使った実験で世界で初めて明らかに
しました。

 通常では死に至る、1万個のO157菌を
経口投与したマウス実験で、ある種の
ビフィズス菌(予防株)をあらかじめ
経口投与しておくと感染死を防ぐことが
できます。

 しかし、予防できないビフィズス菌
(非予防株)も存在し、ゲノミクス、
トランスクリプトミクス、メタボロミクス
を駆使した最新のマルチオーミクス手法で、
予防株と非予防株の違いを詳しく調べた
結果、予防株だけが腸管上皮に作用し
間接的に感染死を防いでいました。

 具体的には、予防株だけに存在する
果糖トランスポーター遺伝子を同定し、
予防株が果糖から効率よく酢酸を産生する
ことで腸粘膜上皮を保護することを
突き止めました。

 今回の成果は、マルチオーミクス手法が
複雑な腸内細菌の相互作用の解析に効果の
あることを証明しました。
 これにより、プロバイオティクスの作用
メカニズムの全体像を明らかにすることが
可能になり、健康増進や予防医学への貢献
が期待できます。
---------------------------------------

ビフィズス菌と一口に言ってますが、
いろいろ種類があるんですね。

>ある種のビフィズス菌(予防株)を
>あらかじめ経口投与しておくと感染死を
>防ぐことができます。

>効果があることは分かっていたけれども
>肝心なその作用の分子メカニズムは不明
>のままでした。
そのメカニズムを明らかにできた。
ということのようです。

>マルチオーミクス手法が複雑な腸内細菌
>の相互作用の解析に効果のあることを
>証明しました。
とのことで、

これからプロバイオティクスの作用
メカニズムの全体像が少しずつ明らかに
なっていくことでしょう。

どの菌が善玉菌としてどういう効果を
発揮するのか早く明快になると良い
ですね。

詳細はリリース本文(詳細)をどうぞ、

|

« 長野県の男性が自作パソコンで計算した 5 兆桁の円周率がギネス認定 | トップページ | 歴史のページはめくられた~アップル「ポストジョブズの行方」とグーグル「トロイカ体制終止符」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50700838

この記事へのトラックバック一覧です: ビフィズス菌の作る酢酸がO157感染を抑止することを発見:

« 長野県の男性が自作パソコンで計算した 5 兆桁の円周率がギネス認定 | トップページ | 歴史のページはめくられた~アップル「ポストジョブズの行方」とグーグル「トロイカ体制終止符」 »