« Google Goggles、最新版は数独を解き、広告やバーコードを認識 | トップページ | 岡山大、夜でも充電可能な次世代太陽電池を開発中! »

2011年1月13日 (木)

Google ChromeがH.264対応をとりやめ、WebM推進を鮮明に

Google ChromeがH.264対応をとりやめ、
WebM推進を鮮明に

Jan 11th 2011 engadget日本版

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 GoogleがChromium Blog内で、今後は
H.264動画フォーマットをサポートしない
方針であることを明らかにしました。

 いわゆるHTML5ビデオの中では最も普及
しているH.264形式を、Google Chromeは標準
でサポートしないということになります。

 これでChromeがサポートするのはフリーの
Ogg Theoraと、Google自身が推進するWebM
ということに。
 もちろん本命は後者です。
 H.264用プラグインが用意される可能性は
ありますが、ともあれGoogleがH.264を
見捨てたというのは大きな動き。
 サポート終了は今後数ヶ月以内の予定
です。

 今回の変更について、ブログにあるGoogle
自身の言葉を引用すれば「ビデオ形式の中で
H.264は重要な役割を担っていますが、
私たちの目的はオープンなイノベーションを
実現させることであることから、H.264の
サポートを終え、開発リソースはすべて
オープンなコーデックへ注ぐことになります
」。このごろはオープンという言葉が
ずいぶん安売りされる傾向にありますが、
WebMはオープンソース & BSDスタイル
ライセンスとなっており、たしかに
「オープン」な規格です。
 ここまで言っておいて、なぜChromeが
オープンでないFlashを標準サポートする
のかは不明。

 そもそもHTML5のビデオ形式は混沌とした
状況が続いています。
 標準に一番近いと思われたのはH.264
ですが、ライセンスを嫌ったMozilla
(Firefox)やOperaはフリーのOgg Theora
を支持。
 反対にH.264支持を表明する
マイクロソフト(Internet Explorer)が、
Firefox用のH.264プラグインを提供する
という動きまで見られました。
 一方で昨年夏にはH.264ライセンスを管理
するMPEG-LAが、ネット動画配信での
ライセンスフィーを永久無料化にすると
発表しており、懸念の解消でH.264普及か
という見方もあったところ。

 しかし現実にはGoogleが「オープンソース
& ロイヤリティーフリー」なWebM普及を
さらに推進させることとなりました。

 すでにFirefoxやOperaがWebMのサポートを
はじめていることを考えれば、争いはH.264
vs WebMに二極化し、ますます激しくなり
そう。勝者なしのまま、Flashビデオの時代
が続くという可能性も大いにあります。
---------------------------------------

なんか権力争いみたいな感じです。
本来は世界標準規格を採用するべきだと
思います。もっと性能の良いものが
でれば、それを標準規格として新たに制定
すれば良いのでは? と思いますが、
どうなんでしょう?

>私たちの目的はオープンなイノベーション
>を実現させることであることから、
>H.264のサポートを終え、開発リソースは
>すべてオープンなコーデックへ注ぐことに
>なります。
>このごろはオープンという言葉がずいぶん
>安売りされる傾向にありますが、WebMは
>オープンソース & BSDスタイルライセンス
>となっており、たしかに「オープン」な
>規格です。
>ここまで言っておいて、なぜChromeが
>オープンでないFlashを標準サポートする
>のかは不明。
???
よく分かりません。
オープンであることの利点は理解しますが、
統一されないと不利益をユーザが被ることに
なりませんか?

アップルはFlashビデオをサポートしないと、
HTML5だと言ってますよね。
どうなっていくのかな?
力の強い方が勝ち、みたいな感じですね~

|

« Google Goggles、最新版は数独を解き、広告やバーコードを認識 | トップページ | 岡山大、夜でも充電可能な次世代太陽電池を開発中! »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50575959

この記事へのトラックバック一覧です: Google ChromeがH.264対応をとりやめ、WebM推進を鮮明に:

« Google Goggles、最新版は数独を解き、広告やバーコードを認識 | トップページ | 岡山大、夜でも充電可能な次世代太陽電池を開発中! »