« ステロイド含有ナノ粒子を使って貪食細胞を選択的に抑制 ―網膜疾患に新しい薬剤投与法の可能性― | トップページ | ウイルス感染防御に重要な新しい分子「ZAPS」を発見 »

2011年1月18日 (火)

1022語の言葉を覚えた犬

1022語の言葉を覚えた犬
2011年01月10日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
あるAnonymous Coward 曰く、

 AFPの報道によれば、おもちゃの名前を
1022個も覚えて区別し、言語の使われ方も
かなり理解しているという犬に関する
研究論文が発表されたとのことだ。

 研究は、米Wofford Collegeの
Alliston Reid氏によるもので、6歳の
ボーダーコリー「チェーサー」が、3年間の
トレーニングで1022語の言葉を覚えた
というものである。

 ぬいぐるみやボール、フリスビーなどの
様々なおもちゃを用意し、そのそれぞれに
名称をマジックで書き込んで、1日4~5時間
のトレーニングを3年間続けたところ、
チェーサーはおもちゃをすべておもちゃの
名前で識別し、山積みされたおもちゃの中
から選び出せるようになったということで
ある。

 さらに、「ボールを選べ」と言われれば
116個あるボールのどれかを選んだという
ことで、特定のおもちゃではなく、
おもちゃを種類別に区別することもできる
ようになったということである。

 犬がこれだけの大量の語彙と物体の
識別能力を獲得できるというのは、
ちょっと驚きである。
---------------------------------------

驚きです。
天才犬なのかな?

それとも犬の持っている能力を過小評価
しているのか?
どんな犬でも出来ると信じて訓練すれば、
こういうことができるのか?

とにかくすごいですね。

|

« ステロイド含有ナノ粒子を使って貪食細胞を選択的に抑制 ―網膜疾患に新しい薬剤投与法の可能性― | トップページ | ウイルス感染防御に重要な新しい分子「ZAPS」を発見 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50621830

この記事へのトラックバック一覧です: 1022語の言葉を覚えた犬:

« ステロイド含有ナノ粒子を使って貪食細胞を選択的に抑制 ―網膜疾患に新しい薬剤投与法の可能性― | トップページ | ウイルス感染防御に重要な新しい分子「ZAPS」を発見 »