« スパコンランクで計算違い 国立天文台が世界2位 | トップページ | NASAの火星探査機による火星の高解像度写真 »

2010年12月27日 (月)

「偽薬です」と説明されても効果あり

「偽薬です」と説明されても効果あり
2010年12月25日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 プラセボ効果といえば偽薬が本物の薬
だと信じていることから症状等が改善する
ことを指すことが、偽薬だと説明されて
いても効果が表れることが実験で明らかに
なったそうだ(Medical Daily、本家/.)。

 この研究では過敏性腸症候群の患者80人
を被験者として実験を行った。

 1グループには偽薬を処方し、
もう1グループは対照群として投薬は
しなかった。

 偽薬を処方されたグループには、それが
偽薬であり薬効成分は何も入っていない
ことを説明し、容器にもplacebo(偽薬)
と記載したとのこと。

 3週間に渡り経過を観察したところ、偽薬
を処方されたグループの59%において症状
緩和が確認された。

 対照群にて症状が緩和したのは39%で
あった。

 偽薬を処方されたグループの改善率は、
この症状に対する最も強い薬の効果に
近かったとのことで、研究者らはその顕著
な効果に驚いたという。

 また、少数の被験者グループに対する効果
であるとしながらも、十分に情報を伝え
られた患者においても偽薬の効果が認め
られたことは今後さらに検証するに値する
とした。

 このことはまた「医療行為そのものに
何らかの大きな効果がある」ことを示して
いるのかもしれないとのことである。
---------------------------------------

驚くべき事、無視できない話ですね。

心と身体は切り離せないもので、想像以上に
つながりが強いということでしょうか?

薬より、治療行為そのものが影響する?

治療して貰ったという思いが一種の催眠効果
のようなものを与えるのでしょうか?

検証に値する事実ですね。
まじめに研究する価値があると思います。

以前、下記記事を投稿しました。
「プラシーボ効果」が年々高まっている ?

治療への適用可能性の研究というもの
があっても良いと思います。

|

« スパコンランクで計算違い 国立天文台が世界2位 | トップページ | NASAの火星探査機による火星の高解像度写真 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50414641

この記事へのトラックバック一覧です: 「偽薬です」と説明されても効果あり:

« スパコンランクで計算違い 国立天文台が世界2位 | トップページ | NASAの火星探査機による火星の高解像度写真 »