« 複素ニューラルネットワークを使った地中レーダ地雷探知装置 | トップページ | レアアース4割削減で強力磁石…東北大など成功 »

2010年12月28日 (火)

『あかつき』失敗燃料系逆止弁閉鎖が原因

あかつき』失敗燃料系逆止弁閉鎖が原因
2010年12月28日 Science Portal

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 軌道投入に失敗した金星探査機
「あかつき」の故障は、燃料系の逆止弁が
何らかの原因で完全に閉じてしまったか、
半開きになり軌道制御エンジンへの燃料供給
が減少、燃焼異常ないしスラスタ(エンジン)
ノズルの破損を起こしたと推定される、
という調査結果を宇宙航空研究開発機構が
まとめ、27日宇宙開発委員会に報告した。

 「あかつき」は2液系推進系を採用して
おり、燃料タンクと酸化剤タンクから
それぞれ送り込まれた燃料と酸化剤が軌道
制御エンジン燃焼室で燃焼し、推力を得る。

 燃料タンク、酸化剤タンクに高圧の
ヘリウムガスを送って燃料、酸化剤を押し
出すため、高圧ガスタンクを持つ。
 逆止弁は高圧タンクと燃料タンク、高圧
タンクと酸化剤タンクをそれぞれ結ぶ配管
の途中に設けられている。
 燃料、酸化剤の蒸気が高圧ガスを供給
する側で混合し、爆発する危険を防止する
のが役目だ。

 異常を起こしたのは、高圧ガスタンクと
燃料タンク間に設置された逆止弁。
 この弁が完全ないし半開きの状態に
なった結果、軌道制御エンジン燃焼室への
燃料の流量が低下-燃焼室での混合比が
設計条件を逸脱-スラスタノズルの破損
あるいは燃焼の異常
-探査機にトルク(回転する力)発生
-探査機の姿勢異常発生
-規定以上の姿勢異常判定指標が5秒以上発生
-自律制御による軌道制御エンジン燃焼停止、
という事態が生じた、
と宇宙航空研究開発機構は推定している。

 同機構は、今後、逆止弁がなぜ閉じたか
の原因究明などを進めるとともに、金星
への軌道再投入の可能性についても検討
するとしている。
---------------------------------------

主原因は燃料系逆止弁の動作異常と
言うことらしいです。

ということは、その原因が明確にならない
限り、あるいは正常に動作させられる
方法が見つからない限り、再投入は難しそう
ですね。
スラスタノズルの状態も不明。

|

« 複素ニューラルネットワークを使った地中レーダ地雷探知装置 | トップページ | レアアース4割削減で強力磁石…東北大など成功 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

素人ながら思うのはプレシャータンクをつけないで、燃焼ガスのブローバック式のほうがいいと思うんだが機体が軽くできるしテェックバルブもいらない、燃焼室とダイヤフラムを配管でつなげばいいのだ。まあチェックバルブもソレノイドで強制作動式にすればいい。 以上素人のたわ言でした。

投稿: rop | 2011年1月19日 (水) 15時31分

ropさんコメントありがとうございます。

詳しいですね。
私は素人なので、なんとも言えません。

部品も技術も米国製の部分のようです。
結果論なのでなんとも言えません。

上手くいかなかったのは残念です。
実績もあって枯れた技術の部分のはずなんですが、

投稿: haredasu | 2011年1月20日 (木) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50422219

この記事へのトラックバック一覧です: 『あかつき』失敗燃料系逆止弁閉鎖が原因:

« 複素ニューラルネットワークを使った地中レーダ地雷探知装置 | トップページ | レアアース4割削減で強力磁石…東北大など成功 »