« レアアース4割削減で強力磁石…東北大など成功 | トップページ | がん幹細胞 解明進む »

2010年12月28日 (火)

世界10大ニュース:1位に反水素原子ビーム開発--英物理学会

世界10大ニュース:
1位に反水素原子ビーム開発
--英物理学会

毎日新聞 2010年12月28日 東京朝刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 英物理学会は今年の「世界10大
ニュース」の1位に、日本が主導する国際
研究グループ「ASACUSA」の
「反水素原子ビームの開発」を選んだ。

 「宇宙誕生の最大の謎に迫る突破口だ」
と評価している。

 約137億年前、ビッグバン(大爆発)
で宇宙が誕生した際、物質と、電気的に
反対の性質を持つ「反物質」とが同じ量
作られたと考えられている。

 しかし現実の宇宙は物質しかない。
 反物質がなぜ消えたかは謎のままだ。

 グループは、反物質の代表である反水素
原子を作って水素原子との違いを調べる実験
を考案。
 欧州合同原子核研究所(CERN)に
新装置を取り付け、陽電子と反陽子から
反水素を7%の高効率で合成した。

 来年、反水素の性質解明に挑む。

 代表の山崎泰規・理化学研究所上席研究員
(原子物理学)は「物理学の成果が多かった
年だけに1位はうれしい。
 優秀な若い研究仲間の励みになる」
と話す。
---------------------------------------

1位とは素晴らしい。画期的。

もし、宇宙誕生の謎の一端でも解明出来れば
ノーベル賞かも?

前に投稿しました。
「反水素」瓶に閉じこめた!
理化学研究所など初成功

というものです。

反物質を作り出したことが、
「宇宙誕生の最大の謎に迫る突破口」
になるんですよね。

|

« レアアース4割削減で強力磁石…東北大など成功 | トップページ | がん幹細胞 解明進む »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

「優秀な若い研究仲間の励みになる」
本当にそうですね。素晴らしいですね。
でも日本にもこんなランキング発表、表彰をして欲しいですね。
自国の宝なんですからね。

今日で仕事納め&PC使い納めです。
今年も色々な情報をありがとうございました。
また来年もよろしくお願い致します。
携帯からもお邪魔出来そうですが、年末年始は引越し準備で忙しそうなので、ご挨拶です。

投稿: H!ro^ ^ | 2010年12月28日 (火) 15時18分

>日本にもこんなランキング発表、表彰をして欲しいですね。
私もそう思います。

日本の研究者には自国の研究者の評価が出来ないのでしょうか?
そんなはずはないと思うのですが、どうなっているのかな?

人から言われて、「素晴らしいことだったのだと、」そう思う?
なんかおかしいですよね。

「ハチドリのひとしずく」見ました。
良い話ですね。

年末年始は引っ越しで大変そうですね。
こちらこそ、来年もよろしくお願いします。


投稿: haredasu | 2010年12月31日 (金) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50422380

この記事へのトラックバック一覧です: 世界10大ニュース:1位に反水素原子ビーム開発--英物理学会:

« レアアース4割削減で強力磁石…東北大など成功 | トップページ | がん幹細胞 解明進む »