« 消費電力百万分の1 不揮発性トランジスタ開発 | トップページ | 「偽薬です」と説明されても効果あり »

2010年12月26日 (日)

スパコンランクで計算違い 国立天文台が世界2位

スパコンランクで計算違い
国立天文台が世界2位

2010年12月23日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 スーパーコンピューターの省エネ性能を
競う世界ランキング「グリーン500」で
集計ミスがあり、修正の結果、国立天文台
の「GRAPE―DR」が世界2位に
なった。

 電力1ワット当たりの計算速度は毎秒
14億4800万回で、1位の米IBM社
(開発中)の16億回に迫る速さ。

 主催者は、11月の発表で2位とした
東京工業大の「ツバメ2.0」の順位は
動かさず、GRAPEを「2位+」として
その上位に入れた。

 今秋のランキングは、この3機の三つ
どもえと見られていたが、GRAPEが
集計から落ちていた。
 再集計を求めた国立天文台に主催者は
「データ集計にミスがあった」と回答
した。(東山正宜)
---------------------------------------

おめでとうございます。
2位と3位が日本ということで素晴らしい。

日本もがんばってます。

|

« 消費電力百万分の1 不揮発性トランジスタ開発 | トップページ | 「偽薬です」と説明されても効果あり »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50406394

この記事へのトラックバック一覧です: スパコンランクで計算違い 国立天文台が世界2位:

« 消費電力百万分の1 不揮発性トランジスタ開発 | トップページ | 「偽薬です」と説明されても効果あり »