« 「あかつき」周回軌道投入失敗から見えてくる宇宙工学の受難 | トップページ | アスピリンの少量・長期服用で「がん予防効果」 »

2010年12月12日 (日)

宇宙帆船イカロス、お疲れさま…実験終え「人工惑星」に

宇宙帆船イカロス、お疲れさま
…実験終え「人工惑星」に

2010年12月10日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 光の力で飛ぶ宇宙帆船「イカロス」が、
金星の近くを無事に通過し、予定していた
実験を無事に終えた。

 宇宙航空研究開発機構の実験チームが
10日、ブログで発表した。

 サブチームリーダーの津田雄一さんは
「肩の荷が下りました」と話した。

 イカロスは5月に打ち上げられた。
 14メートル四方の薄い帆を宇宙空間で
広げ、光の粒がぶつかって跳ね返るときに
受けるわずかな力を利用して飛ぶ。

 加速できることの実証や、薄い太陽電池
での発電など、予定していたミッションに
すべて成功した。

 8日午後4時39分に金星上空約7万
4千キロを通過、その後で調べたところ、
機体に故障はなかったという。

 地球から遠く離れたため、すでに電波は
とぎれとぎれ。
 姿勢制御に使う燃料は残り半分ほど
という。

 津田さんは「今までは安全に運用して
いたが、これからは帆がかなり変形する
ような、思い切った姿勢制御をしたい」。

 通信ができなくなった後のイカロスは、
「人工惑星」として太陽のまわりを回り
続ける運命だ。

 イカロスは、金星の周回軌道入りに
失敗した探査機「あかつき」を打ち上げた
ロケットに相乗りして宇宙に行った。

 津田さんは、あかつきについて「一緒に
やっている仲間なので、本当に悔しい。
 6年後の軌道再投入チャレンジを応援
したい」と話した。(小宮山亮磨)
Tky201012100628
---------------------------------------

「イカロス」は全実験を無事終了した
ようで、おめでとうございます。
お疲れさまでした。


|

« 「あかつき」周回軌道投入失敗から見えてくる宇宙工学の受難 | トップページ | アスピリンの少量・長期服用で「がん予防効果」 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50282123

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙帆船イカロス、お疲れさま…実験終え「人工惑星」に:

« 「あかつき」周回軌道投入失敗から見えてくる宇宙工学の受難 | トップページ | アスピリンの少量・長期服用で「がん予防効果」 »