« あかつき、6年後に再挑戦 再接近へ「むしろ闘志」 | トップページ | 死因究明:大・中規模病院は内部調査で 厚労省方針 »

2010年12月 8日 (水)

ヒトiPS細胞移植、脊髄損傷のサル歩いた 慶応大発表

ヒトiPS細胞移植、脊髄損傷のサル
歩いた 慶応大発表

2010年12月7日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ヒトのiPS(人工多能性幹)細胞から
作った細胞を、脊髄(せきずい)損傷で
手足がまひしたサルに移植して、歩ける
ようになるまで回復させることに慶応大
などのグループが成功した。
 7日、神戸市で開かれた日本分子
生物学会で発表した。

 慶応大の岡野栄之教授らのグループは、
京都大が作ったヒトのiPS細胞から
神経細胞のもとになる細胞を作製。
 サルの仲間のマーモセットに、脊髄損傷
から9日目に移植した。
 移植を受けないと手足がまひして起き
あがれず、握力も弱いが、移植を受けた
マーモセットは、6週間後に自由に歩き
回れるまで回復。握力も改善した。

 経過をみた84日まで、がんは
できなかった。
 移植した細胞がうまく働かなくなる拒絶
反応を防ぐために免疫抑制剤を使った。

 岡野教授は、より安全なiPS細胞で
同様の実験を行い、人の治療に応用する
準備を進めていくという。(瀬川茂子)
---------------------------------------

素晴らしい成果だと思います。
早く人に応用できると良いですね。

慶応大頑張っているようです。

|

« あかつき、6年後に再挑戦 再接近へ「むしろ闘志」 | トップページ | 死因究明:大・中規模病院は内部調査で 厚労省方針 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50245940

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトiPS細胞移植、脊髄損傷のサル歩いた 慶応大発表:

« あかつき、6年後に再挑戦 再接近へ「むしろ闘志」 | トップページ | 死因究明:大・中規模病院は内部調査で 厚労省方針 »