« がん幹細胞 解明進む | トップページ | レアメタルそっくり、京大が新合金精製に成功 »

2010年12月29日 (水)

ミウラ折りからタチ・ミウラ多面体へ

ミウラ折りからタチ・ミウラ多面体へ
朝日新聞アスパラクラブ
科学面にようこそ

詳細は、リンクを参照して下さい。

内容はリンクを参照してください。
「伸び縮みする多面体」への動画リンクも
あります。面白いです。

ミウラ折り有名ですね。
「太陽電池をミウラ折りにして宇宙に行って
広げよう、と提案したのは一九八〇年。」
ずいぶん昔の話です。
>「外国では日本伝統の折り紙から発想した
>といわれることが多いんだけど、
>本当はコンピューターを使って平面の性質
>を物理数学的に計算して考え出したんです」
だそうです。

|

« がん幹細胞 解明進む | トップページ | レアメタルそっくり、京大が新合金精製に成功 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50431697

この記事へのトラックバック一覧です: ミウラ折りからタチ・ミウラ多面体へ:

« がん幹細胞 解明進む | トップページ | レアメタルそっくり、京大が新合金精製に成功 »