« KDDI研、携帯動画で映像品質を保ったまま拡大できる技術を開発 | トップページ | 産総研、新原理を採用した有機太陽電池の動作を実証 »

2010年12月 1日 (水)

新規アルツハイマー治療薬2品目の承認を了承―医薬品第一部会

新規アルツハイマー治療薬2品目の承認を
了承―医薬品第一部会

2010年11月24日 22:59 キャリアブレイン

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 新たなアルツハイマー型認知症治療薬
2品目が年明けにも承認される見通しと
なった。

 11月24日の厚生労働省の薬事・食品衛生
審議会(薬食審)医薬品第一部会で、
第一三共のメマリー錠
(成分名=メマンチン)、
ヤンセンファーマのレミニール錠・OD錠
・内用液(ガランタミン)の承認が了承
された。

 現在、国内に同治療薬はエーザイの
アリセプトしかなく、承認されると選択肢
が広がることになる。

 メマリーは中等度、高度の
アルツハイマー型認知症での認知症症状の
進行抑制が効能・効果。
 世界68か国で承認されており、海外では
標準的治療薬の一つとして位置付けられて
いるという。
 同薬はアリセプトと異なる作用機序
(NMDA受容体拮抗薬)を持つため、
アリセプトとの併用が可能。
 年内にも開かれる薬食審薬事分科会で
再度審議(審議品目)される。

 一方、レミニールはアリセプトと同じ
作用機序(アセチルコリンエステラーゼ
阻害薬)を持ち、世界71か国で承認済み。
 メマリーと同様、海外では標準的治療薬
として位置付けられているという。
 効能・効果は軽度、中等度の
アルツハイマー型認知症での認知症症状の
進行抑制。
 薬事分科会では報告扱い(報告品目)
となる。
---------------------------------------

なんとか少しずつですが、承認が進んで
います。

有難いことではありますが、
世界68か国とか、71か国で承認済みと
聞くとこれで先進国なのか?
といつも思ってしまいます。

|

« KDDI研、携帯動画で映像品質を保ったまま拡大できる技術を開発 | トップページ | 産総研、新原理を採用した有機太陽電池の動作を実証 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50182530

この記事へのトラックバック一覧です: 新規アルツハイマー治療薬2品目の承認を了承―医薬品第一部会:

« KDDI研、携帯動画で映像品質を保ったまま拡大できる技術を開発 | トップページ | 産総研、新原理を採用した有機太陽電池の動作を実証 »