« 蓮舫さん、2位じゃだめです…中国スパコン1位 | トップページ | 米政府、遺伝子の特許認定せず 研究加速へ政策転換か »

2010年11月 1日 (月)

マツダ、次世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を発表

マツダ、次世代技術「SKYACTIV
(スカイアクティブ)」を発表

-燃焼効率を大幅に向上させた次世代直噴
ガソリンエンジンを来年前半発売の
「マツダ デミオ」に搭載し、燃費30km/L
を実現-
2010/10/20 ecoolプレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、
2011年から発売する商品ラインナップに
搭載する次世代技術の総称である
「SKYACTIV(スカイアクティブ)」と、
その中核となるエンジン、
トランスミッション、ボディ、シャシー
技術の概要を本日発表しました。

 このSKYACTIVを搭載した商品の第一弾
として、世界初の高圧縮比(14.0)の実現
により燃焼効率を大幅に高めた次世代直噴
ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」*を
「マツダ デミオ」に搭載し、国内に
おいて2011年前半に発売いたします。

 「SKYACTIV-G」を搭載した「デミオ」
は、電気モーターによるアシストなしで
燃費30km/L(10・15モード)を実現する
予定です。

 「SKYACTIV」は、マツダの技術開発の
長期ビジョンである「サステイナブル
"Zoom-Zoom"宣言」に基づいて、
「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」
の高次元での両立をイメージした、革新的
な次世代技術の総称です。

 マツダは、クルマの基本性能である
ベース技術を徹底的に改良した上で、
減速エネルギー回生システム、
ハイブリッドシステムなどの
電気デバイスを2015年までに段階的に導入
する「ビルディングブロック戦略」を
採用しており、「SKYACTIV」はこの戦略に
沿って展開される技術のすべてを包含
しています。

今回発表する「SKYACTIV」技術の主な
内容は以下のとおりです。

・世界一の高圧縮比14.0を実現した、
 次世代高効率直噴ガソリンエンジン
 「SKYACTIV-G」

・世界一の低圧縮比14.0を実現した、
 次世代クリーンディーゼルエンジン
 「SKYACTIV-D」

・理想の変速機を追求した、次世代高効率
 オートマチックトランスミッション
 「SKYACTIV-Drive」

・軽快なシフトフィールと大幅な軽量・
 コンパクト化を実現した、次世代
 マニュアルトランスミッション

・高い剛性と、最高レベルの衝突安全性
 を実現した、次世代軽量高剛性ボディ

・正確なハンドリングと快適な乗り心地
 を高次元でバランスさせた、次世代
 高性能軽量シャシー

 山内孝代表取締役会長 社長兼CEO
(最高経営責任者)は、「マツダは今回、
すべてのパワートレインや
プラットフォームを一新するだけでなく、
研究開発から生産にいたるクルマづくりの
すべてのプロセスを刷新しました。

 相反する課題の妥協点を探すのではなく、
それらを技術革新によって同時に解決し
実現していく『ブレークスルー』に全領域
で挑戦することで、今までは考えられ
なかった大きな進歩を得ることが
できました。

 このような取組みで開発した
次世代エンジンを搭載し、来年前半に
発売する『デミオ』は、燃費30km/Lを
実現し、走りの楽しさに加えて燃費性能
でも高いご満足をいただけるクルマに
なると確信しています。
 マツダの新しい挑戦に、是非ご期待
ください」と述べました。

* 燃料の仕様や搭載車種によって圧縮比
および採用技術は異なります。
---------------------------------------

前から、マツダが高燃費の車を開発中
という話がありましたが、

いよいよ電気モーターによるアシスト
なしで燃費30km/L(10・15モード)を
実現する車が市場に出て来そうです。

面白くなりますね。
これにモーターを組み合わせれば、
もっと燃費の良い車が出来そうです。

モーターアシストありで、
30km/L(10・15モード)はもの足りない
と思う。

|

« 蓮舫さん、2位じゃだめです…中国スパコン1位 | トップページ | 米政府、遺伝子の特許認定せず 研究加速へ政策転換か »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マツダ、次世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を発表:

« 蓮舫さん、2位じゃだめです…中国スパコン1位 | トップページ | 米政府、遺伝子の特許認定せず 研究加速へ政策転換か »