« メルシャン、ポリフェノール「レスベラトロール」が海馬の神経細胞を活性化・再生させるメカニズムを解明 | トップページ | 「FOXM1」遺伝子による組織の異常増殖、ヒトの細胞で初めて確認 英研究 »

2010年11月13日 (土)

ユトレヒト大学病院で、世界初の新乳がん治療法テスト開始

ユトレヒト大学病院で、世界初の新乳がん
治療法テスト開始

2010年11月9日 「ポートフォリオ」

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 オランダ、ユトレヒト大学病院(UMC)では
来月から集束超音波による乳がん治療実験
を開始する。

 最初は良性腫瘍の女性に試されるが、
2-3年後には乳がん患者の治療に使われる
ようになる。
 ユトレヒト大学病院はこの治療方法の
研究では世界初だという。

 この治療法は、MRI装置で映し出された
腫瘍を、MRI装置に特別に設置された
集束超音波 (Focused Ultrasound)で腫瘍を
60-90度に温めることにより腫瘍細胞を殺す
という方法である。
 腫瘍細胞は活動が止まってから体内から
取り出す。

 超音波による治療は身体への負担が
少なく手術時間も短い。
 しかし従来の放射線治療も同時に進行
させることは必要だという。

 オランダでは9人に1人が乳がんにかかる
というほど罹患率が高い病気である。
 ちなみにUMCではすでに子宮筋腫の治療に
この集束超音波を使用している。
---------------------------------------

良さそうですが、ガン細胞が熱に弱いと
言う話は良く聞くことで、
なんでこの方法が世界で初めてなのかな?

集束超音波装置が一般化していないから?

|

« メルシャン、ポリフェノール「レスベラトロール」が海馬の神経細胞を活性化・再生させるメカニズムを解明 | トップページ | 「FOXM1」遺伝子による組織の異常増殖、ヒトの細胞で初めて確認 英研究 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50016121

この記事へのトラックバック一覧です: ユトレヒト大学病院で、世界初の新乳がん治療法テスト開始:

« メルシャン、ポリフェノール「レスベラトロール」が海馬の神経細胞を活性化・再生させるメカニズムを解明 | トップページ | 「FOXM1」遺伝子による組織の異常増殖、ヒトの細胞で初めて確認 英研究 »