« 米国スマートグリッド事情 ICTベンダーは「配電」と「消費」に注目する | トップページ | 超伝導のメカニズム解明に大きな手がかり »

2010年11月25日 (木)

がん細胞を狙い撃ちし診断と治療を同時に行う「見えるドラッグデリバリーシステム」

がん細胞を狙い撃ちし診断と治療を同時に
行う「見えるドラッグデリバリーシステム」

2010.11.24配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 東京大学の研究チームが、がん細胞を
狙い撃ちし、診断と治療を同時に行う
「見えるドラッグデリバリーシステム」を
開発しました。

 高分子ミセルの内部に抗がん剤をいれて、
がん細胞にだけ抗がん剤を運びます。
 この高分子ミセルに、MRIの造影剤を
結合させることで、画像診断にも役立て
ます。
---------------------------------------

動画はわかりやすいですね。
ドラッグデリバリーシステムについては、既に
ご存じの方は多いと思います。

見て貰えれば誰でもわかります。
見てください。

高分子ミセルは遺伝子ベクターと
しても使えるようですね。

期待できそうです。

|

« 米国スマートグリッド事情 ICTベンダーは「配電」と「消費」に注目する | トップページ | 超伝導のメカニズム解明に大きな手がかり »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50128502

この記事へのトラックバック一覧です: がん細胞を狙い撃ちし診断と治療を同時に行う「見えるドラッグデリバリーシステム」:

« 米国スマートグリッド事情 ICTベンダーは「配電」と「消費」に注目する | トップページ | 超伝導のメカニズム解明に大きな手がかり »