« アナログ映像、70倍速でハイビジョンに NEC | トップページ | 脳の難病「モヤモヤ病」原因遺伝子突き止めた »

2010年11月11日 (木)

サントリー、季節と時間を超える排熱利用に挑む 環境負荷はまだ減らせる

サントリー、季節と時間を超える
排熱利用に挑む 環境負荷はまだ減らせる

2010/11/4 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 サントリーのミネラルウオーター製造
拠点の1つ、「サントリー天然水奥大山ブナ
の森工場」(鳥取県江府町)は、大山の
中腹に位置する。
 山陰の豪雪地帯で、多い日には2~2.5mの
積雪があるという。

 駐車場にも雪が降り積もるため、除雪
しなければ従業員の通勤すらおぼつかない。
 だが、雪を捨てるにしても、かなりの
スペースが必要だ。

 そこで、工場内に断熱効果の高い
「雪室(ゆきむろ)」を造った。
 容積614m3(立方メートル)で260tの雪を
半年以上ためられる。
 積雪という障害をむしろプラスに転換
するためだ。

 冬は雪氷から取り出した冷水を生産設備
の冷却に用いることで消費電力を抑える。
 さらに、温かい排水を雪室に通水して
温度を下げてから放水することで環境負荷
を減らせる。

 春先の雪は夏までためておいて、空調や
設備の冷却に用いる。
 雪室は年に3.6回転。
 冬から夏まで「当初の想定よりも多く
使っている」
(サントリーホールディングス・エコ戦略部
の内藤寛課長)状況だ。

 こうした季節を越えた未利用熱の活用で、
冷房や冷却に伴う消費電力を抑え、年間
約10tの二酸化炭素(CO2)削減に
つながった。

以下省略、概略のみとした。
-------
・排熱をタンクに蓄え、安定供給
 このシステムの導入により、年間約400t
 のCO2削減が可能になった。
  これは工場全体のエネルギーの4%に
 当たるという。

・LNGの気化熱で冷却
 液化天然ガス(LNG)を主に使っている。
  LNGの気化に伴う冷熱は一般的には
 大気に放散されるが、同工場ではこの
 気化熱を利用して冷水を製造する装置も
 導入した。
---------------------------------------

良い試みと思います。

こういう企業を見習って、環境にやさしい
企業が増えてくると良いですね。

|

« アナログ映像、70倍速でハイビジョンに NEC | トップページ | 脳の難病「モヤモヤ病」原因遺伝子突き止めた »

地球温暖化関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49996070

この記事へのトラックバック一覧です: サントリー、季節と時間を超える排熱利用に挑む 環境負荷はまだ減らせる:

« アナログ映像、70倍速でハイビジョンに NEC | トップページ | 脳の難病「モヤモヤ病」原因遺伝子突き止めた »