« BMWのEV、鍵は炭素繊維と水力発電 | トップページ | 架線の無い区間での走行が可能な低床電池駆動LRV 「SWIMO」 »

2010年11月22日 (月)

すり傷から医療現場まで 傷の治りを早くするシート

すり傷から医療現場まで
傷の治りを早くするシート

2010.11.22配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 貼るだけで傷の治りが早くなる夢の
ようなシートの開発に、新潟大学が成功
しました。

 外科手術などでは、傷の直りを加速する
ためにPRPという液体が使われます。

 PRPは保存ができないため必要に
応じてその場で作っていましたが、PRP
を体内で分解するシートに染み込ませ
保存できるようにしたのがこのシート
です。
---------------------------------------

良いですね。
商品化はどうなんでしょうか?

傷の治りが良くなるという絆創膏を
出しているメーカーがありますが、
これとは原理的に違うものなのかな?

体内で分解するシートを使っていると
言っているので、多分違うのもなのでしょう。

いろいろなところで使えそうですし、
傷の治りも通常の1.5倍~2倍速くなると言って
ますね。

|

« BMWのEV、鍵は炭素繊維と水力発電 | トップページ | 架線の無い区間での走行が可能な低床電池駆動LRV 「SWIMO」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50101011

この記事へのトラックバック一覧です: すり傷から医療現場まで 傷の治りを早くするシート :

« BMWのEV、鍵は炭素繊維と水力発電 | トップページ | 架線の無い区間での走行が可能な低床電池駆動LRV 「SWIMO」 »