« 臨床試験を考える | トップページ | 遺伝子検査:手軽さと危うさ 科学的根拠乏しく、学会は過熱懸念 »

2010年11月16日 (火)

はやぶさの微粒子はイトカワ由来 1500個、成分一致

はやぶさの微粒子はイトカワ由来
1500個、成分一致

2010年11月16日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 宇宙航空研究開発機構は16日、探査機
「はやぶさ」が持ち帰ったカプセル内の
微粒子が、小惑星「イトカワ」のもの
だったと発表した。

 すでに見つかっていた約1500個の
微粒子ほぼすべてで、成分が地球のものと
明らかに違い、イトカワを撮影して判明
していた成分と一致したことがわかった
という。

 はやぶさは、月以外の天体に着陸し、
帰還しただけでなく、月と彗星(すいせい)
以外の物質を世界で初めて持ち帰る快挙を
成し遂げた。

 宇宙機構によると、微粒子の大きさは
いずれも0.01ミリ以下。
 想定よりもはるかに小さかったため、
フッ素樹脂製のヘラを新たにつくり、内壁
をなでるようにして取り出した。
 電子顕微鏡で一粒ずつ調べたところ、
1500個の多くはかんらん石で、輝石や
斜長石なども見つかった。

 電子を当てると出てくるX線の波長から、
鉄とマグネシウムの比率を調べ、
1500個すべてで、地球にある
かんらん石などと比率が異なっていること
を確認。
 イトカワと同じような小惑星だったと
考えられる隕石(いんせき)の成分とも
一致した。
 さらに、イトカワをはやぶさが撮影した
赤外線写真や、地上の望遠鏡の観測で判明
していたイトカワ表面の成分とも同じ
だった。

 イトカワの微粒子は、兵庫県にある
大型放射光施設「スプリング8」などでの
分析を待たなければ確定できないと
みられていた。

 しかし、見つかった1500個の微粒子
すべてで同じ傾向が見られたことから、
「もはや地球のものとは考えられない。
 イトカワのものと考えて間違いない」と
判断したという。

 イトカワの微粒子はスプリング8や
米航空宇宙局(NASA)などに来年1月
をめどに配られ、詳細な分析に入る。

 微粒子がどれだけの熱を受けたかが
わかり、小惑星のでき方や、太陽系の成り
立ちも解明できると期待される。

 はやぶさは2005年にイトカワに着陸
した際、岩石や砂を飛び散らせる弾丸が
発射されなかったため、採取に成功したか
どうかわかっていなかった。
 今回確認されたイトカワの微粒子は、
はやぶさ本体が着陸した際の衝撃で巻き
上げられたと考えられる。
 微粒子が入ったカプセルは、今年
6月13日に豪南部の砂漠に帰還した。

 はやぶさは燃料漏れなどの影響で通信が
途絶し、一時行方不明になった。
 帰還が予定より3年遅れた。
 帰還の途中にエンジンも止まるなどの
トラブルに見舞われたが、その都度、
技術者らの機転で乗り越え、帰還にこぎ
着けた。

 宇宙機構はこの成果を、今後計画して
いる後継機「はやぶさ2」の打ち上げに
生かしたい考えだ。(東山正宜)
---------------------------------------

快挙です。すばらしい。

詳細な分析はこれからのようですが、
新しい発見があることでしょう。
期待しています。

微粒子が入っていて良かったですね。
おめでとうございます。

|

« 臨床試験を考える | トップページ | 遺伝子検査:手軽さと危うさ 科学的根拠乏しく、学会は過熱懸念 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50047106

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさの微粒子はイトカワ由来 1500個、成分一致:

« 臨床試験を考える | トップページ | 遺伝子検査:手軽さと危うさ 科学的根拠乏しく、学会は過熱懸念 »