« 冤罪の可能性の高い痴漢犯罪の話その2 | トップページ | 「反水素」瓶に閉じこめた! 理化学研究所など初成功 »

2010年11月19日 (金)

レアアースに極小救世主? 微生物で濃縮、広大など発見

レアアースに極小救世主?
微生物で濃縮、広大など発見

010年11月18日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ハイテク製品や光ファイバーなどに
欠かせないレアアース(希土類)が大腸菌
など身近な微生物の細胞の表面で濃縮
されることを、広島大などのチームが
見つけ、17日に発表した。

 中国からの輸入に頼るレアアースを
回収、精製する技術として期待される。
 成果は米科学誌に掲載された。

 広島大の高橋嘉夫教授(環境化学)らは
大腸菌や桿(かん)菌など6種類の微生物
を、レアアースが溶けた液に入れた。
 すると、微生物の細胞の表面に
レアアースが集まり、濃縮されることが
わかった。

 15種類のレアアースで実験し、
いずれも溶液そのものの濃度より1万倍
以上も濃縮されることを確かめた。

 特にツリウム、イッテルビウム、
ルテチウムでは濃縮率が10万倍を
超えた。
 金属イオンの回収に広く使われる
「陽イオン交換樹脂」より濃縮の効率は
10~100倍も良いという。

 濃縮される仕組みを調べるため、大型
放射光施設「スプリング8」(兵庫県
佐用町)で微生物にX線を当てて細部を
観察したら、細胞表面の細胞壁にある
「リン酸基」にレアアースが結びついて
いた。

 レアアースが結合した微生物を酸に
さらせば、レアアースが酸に溶けて回収
できる。
 また、濃縮率の違いを利用すれば、複数
の種類のレアアースが混在した溶液から、
狙った種類だけを分離・精製するのにも
使えるという。

 ただ、微生物は生き物なので、繰り返し
使えないのが弱点。
 「レアアースがくっつく部分を人工的に
つくれれば実用化に近づく」と高橋さん。

 ツリウムは光ファイバー、
イッテルビウムはガラス着色剤や
レーザー、ルテチウムは放射線源(ベータ
線源)などに使われる。
 レアアースは中国が世界の生産の97%
を占めている。(長崎緑子)
---------------------------------------

興味深い発見ですが、

実用としては、
>「レアアースがくっつく部分を人工的に
>つくれれば、
と言うのが鍵ですね。
期待したい。

|

« 冤罪の可能性の高い痴漢犯罪の話その2 | トップページ | 「反水素」瓶に閉じこめた! 理化学研究所など初成功 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50071927

この記事へのトラックバック一覧です: レアアースに極小救世主? 微生物で濃縮、広大など発見:

« 冤罪の可能性の高い痴漢犯罪の話その2 | トップページ | 「反水素」瓶に閉じこめた! 理化学研究所など初成功 »