« アメリカで博士号を持っている清掃作業員は5057人いる | トップページ | パナソニック、米テスラに24億円出資発表 »

2010年11月 4日 (木)

消化管の閉塞に新治療  胃・十二指腸ステント  進行がん患者のQOL向上

消化管の閉塞に新治療  
胃・十二指腸ステント 
進行がん患者のQOL向上

2010.11.04 47News

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 胃がんや膵臓がんなどが進行すると、
胃の出口から十二指腸にかけての部分に
閉塞を生じることがある。

 患者は食事が取れなくなり、消化液が
胃にたまって嘔吐を繰り返す。
 QOL(生活の質)は著しく低下する。

 その治療のために開発されたのが、筒状
の金網で閉塞部を押し広げる
「胃・十二指腸ステント」。

 昨年11月に薬事承認を受け、今年4月
に保険が適用された。
 従来の治療法に比べて患者の体の負担は
格段に少なく、今後の普及が見込まれる。

▽食べる楽しみ
 「今年春ごろから、食べ物が下りて
いかない感じだった。
 治療でおなかが楽になり、少しだけど
楽しく食べられるようになった」。
 東邦大医療センター大橋病院 (東京都
目黒区)に入院中の女性(84)は
9月下旬、胃・十二指腸ステントによる
治療を受けた。
 大きくなった胆管がんが十二指腸を圧迫
し、閉塞を起こしたためだ。

 「高齢で体力も落ちているので、開腹
手術をしたくなかった。
 この治療法に出会えて、本当にありがた
かった」と付き添いの家族も話す。

 胃の出口「幽門部」でがんが増殖すると、
十二指腸への通り道がふさがれる。
 一方、膵臓や胆管、胆のうなど十二指腸
周辺の臓器でがんが増殖すると、十二指腸
を外から締め付けて閉塞を起こす。
 特に胃がんと膵臓がんは二大原因で、
推計では年間計約7300人の患者に閉塞
が起きている。

▽嘔吐の苦しみ
 同病院消化器内科の前谷容教授は
「通過障害で患者さんは食べられなく
なる。食べなくても胃液は分泌され、胃に
たまっていく。
 その量は1日1500~2千cc。
 十二指腸の下の方が閉塞して膵液や胆汁
が加わると、計5千ccに達することも
ある。患者さんは一日中吐き続け、脱水
症状に陥る」と解説する。

 これまで、鼻から胃に管を差し込み
消化液を排出する「経鼻胃管」や、胃に
開けた穴「胃瘻」に通した管から排出する
方法、あるいは、開腹して胃と小腸を
つなぐバイパス手術が行われてきた。

 しかし、鼻に管を入れ続ける経鼻胃管は
苦痛が大きく、胃瘻は進行がんで多く
見られる腹水がたまったケースには使え
ない。また、いずれの方法も閉塞自体は
改善しないため、食事はできないままだ。

 バイパス手術は、体力が落ち、残された
時間も短い患者にとって負担が大きすぎる。

▽わずか15分
 そこで登場したのが今回のステント。
 直径22ミリの筒形をした金網で、
畳むと3・3ミリの細いカテーテルに
収まる。これを内視鏡の挿入部に通し、
閉塞個所まで運ぶ。
 金網の外側のカテーテル(外筒)だけ
引き抜くと、金網が本来の太さに戻ろう
として閉塞部を押し広げる仕組みだ。
 治療はわずか15~20分で済む。

 治療後、食べられるようになるまでの
時間はバイパス手術の8、9日に対し、
ステントは1、2日。
 入院期間も28~30日間に対し
15~19日間と大幅に短い。
 長期的に見ると、再閉塞が起きたり
ステントがずれたりする可能性もあるが、
多くは再治療できるという。

 実は、胃や十二指腸の閉塞に対する
ステント治療は、欧米では10年以上前
から行われていた。
 前谷さんは海外からステントを輸入する
などして、これまでに約150例の治療を
手掛けてきた。

 「ようやく日本でも保険診療で治療
できるようになった。
 食べられるようになると表情が明るく
なる。一人でも多くの患者さんのQOL
改善につながってほしい」と前谷さんは
話している。
(共同通信 赤坂達也)(2010/11/2)
---------------------------------------

良かったですね。少し前進しました。
患者にとっては素晴らしいことだと
思います。有難いことです。

でも、
>欧米では10年以上前から行われていた。
いつも言ってますが、日本は本当に遅い。
デバイスラグという問題の一つです。

国会での厚生労働委員会の審議、時々
見ているのですが、この話題、あまり聞いた
ことがない。ほとんど役に立たない専門家が
集まってやっている委員会とかで審議して
いるのでしょう。

10年以上経たないと保険適用にならない
とはもうあきれてものが言えない。
実績は十分存在したはず。

患者さんの身になって欲しい。
どれだけ切実な問題なのか?

>食べられるようになると表情が明るく
>なる。一人でも多くの患者さんのQOL
>改善につながってほしい
そう思います。

関連記事です。
抗がん剤治療と食事
食べることができるというのは、
すごく大事なことなのです。
医療費の削減にもなるはず。

もう一つ、ドラッグラグ関連の記事
を紹介しておきます。
参考です。このたぐいはいくつでも
ある。
認知症治療薬、一つのまま
8年ぶりガイドライン改定

2010年11月4日 朝日新聞
8年ぶりの改訂なのに未だに治療薬は
ひとつ。

>国内でアルツハイマー型認知症の薬と
>して承認されているのは1999年発売
>の「アリセプト」しかない。海外では
>アリセプトと同様に脳内の神経に情報を
>伝える物質の分解を抑える
>「ガランタミン」と「リバスチグミン」
>脳の神経細胞が壊れるのを防ぐ働きの
>ある「メマンチン」が使われている。
これも10年以上経っても変わって
いない。なんとも不可解。

|

« アメリカで博士号を持っている清掃作業員は5057人いる | トップページ | パナソニック、米テスラに24億円出資発表 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49933027

この記事へのトラックバック一覧です: 消化管の閉塞に新治療  胃・十二指腸ステント  進行がん患者のQOL向上:

« アメリカで博士号を持っている清掃作業員は5057人いる | トップページ | パナソニック、米テスラに24億円出資発表 »