« 急速に進む医療現場でのiPad活用---日経メディカルの二羽記者 | トップページ | ユトレヒト大学病院で、世界初の新乳がん治療法テスト開始 »

2010年11月13日 (土)

メルシャン、ポリフェノール「レスベラトロール」が海馬の神経細胞を活性化・再生させるメカニズムを解明

メルシャン、
ポリフェノール「レスベラトロール」が
海馬の神経細胞を活性化・再生させる
メカニズムを解明

2010年11月08日 マイライフ手帳@ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 メルシャンが2007年から研究を支援して
きた、名古屋市立大学大学院 岡嶋研二教授
が、「赤ワインに含まれるポリフェノール
である「レスベラトロール」が認知機能を
維持するメカニズムを解明」した。

 これは、適量の「赤ワイン」を飲むと
「赤ワイン」中に含まれる
「レスベラトロール」が胃を刺激し、海馬
の神経細胞を再生させ認知機能を向上
させることで知られている物質
「インスリン様成長因子-I(IGF-I)」を
体内で多く作り出すことで脳の働きを促す
というもの。

 「インスリン様成長因子-I(IGF-I)」
は、細胞の生存、再生、分化増殖、さらに
獲得した機能の維持などに重要な役割を
担っており、心血管保護作用を有するほか、
海馬の神経細胞再生による認知機能向上、
抗うつ、糖代謝改善、高脂血症改善、
さらに育毛や肌の弾力性を増加させるなど
の作用を有することが知られている。

 なお、同研究成果は、栄養化学雑誌
「The Journal of Nutritional
Biochemistry」に掲載される他、
2011年7月16日から21日にパリで開催される
学会「Alzheimer's Association
International Conference on
Alzheimer's Disease(AAICAD) 2011」
でも発表する予定だ。
---------------------------------------

>1日にグラス2杯程度(250-500ml)の
>ワインを飲む人は、飲まない人に比べて、
と言ってます。

適量っていってもかなり多量という感じが
しないでもないですが、この程度なら
赤ワインが身体によいということらしい
です。

ご参考まで、

|

« 急速に進む医療現場でのiPad活用---日経メディカルの二羽記者 | トップページ | ユトレヒト大学病院で、世界初の新乳がん治療法テスト開始 »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

つい最近、赤ワインが記憶力をアップさせるといった別のニュースも見ました。
僕はお酒は好きですがワイン酔いやすいのです。飲むと何故か手のひらが赤くなります。血行は良くなっているのでしょうかね??
逆に記憶がなくなる可能性が大きいので、あんまり飲みません^ ^;

投稿: H!ro^ ^ | 2010年11月15日 (月) 09時49分

そうですね。

健康な人には良いらしいです。

でも、アルコールは小脳のプルキンエ細胞には害になります。

ただでさえアポトーシスで少なくなりつつある。
現在進行形で止まらないのが残念。

私の場合も控えさせて貰うしかないかな?
と思ってます。ちょっと残念です。

だからビールとかワインは好きな方なので、飲みたいのですが、
飲まないようにしてます。

でも、どうせ悪くしかならないからちょっとだけ、今を楽しむ為に
とか理由をつけて飲むことがちょっとあります。

投稿: haredasu | 2010年11月15日 (月) 10時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルシャン、ポリフェノール「レスベラトロール」が海馬の神経細胞を活性化・再生させるメカニズムを解明:

« 急速に進む医療現場でのiPad活用---日経メディカルの二羽記者 | トップページ | ユトレヒト大学病院で、世界初の新乳がん治療法テスト開始 »