« 遺伝子検査:手軽さと危うさ 科学的根拠乏しく、学会は過熱懸念 | トップページ | 冤罪の可能性の高い痴漢犯罪の話その2 »

2010年11月16日 (火)

南極にアンテナ1000本 地球規模の気候変化観測へ

南極にアンテナ1000本
地球規模の気候変化観測へ

2010年11月15日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 南極に約1千本のアンテナを立て、
地球温暖化などを探る世界初の南極大型
大気レーダー(PANSY)計画が、来年
始まる。

 北極などの観測器とも連携し、地球規模
での大気の大循環や気候変動を探るのが
狙いだ。
 東大と今月24日に出発する52次南極
観測隊が計画を発表した。

 この計画には、観測隊の派遣元の国立
極地研究所や東大、京大など国内9大学と
8研究所が参加。
 甲子園球場のグラウンドほどの直径
160メートルの敷地内に、高さ
約3メートルの小型アンテナを1045本
立て、地上から高度500キロまでの大気
の流れを1分ごとに観測する。

 建設費は約46億円。
 「国内でも例のない大きさ。
 けた違いの高精度のデータが得られる」
とプロジェクトリーダーの佐藤薫・
東大教授。

 来年1月に建設し、3月ごろから部分
運用を開始。
 数年後には北極や中緯度にある観測器や
人工衛星とも連携、地球全体の大気の流れ
や気候変動の予測に役立てる。
 南極上空に起きるオゾンホールの観測も
行う。(中山由美)
---------------------------------------

良い計画だと思います。

事実をきちんとつかまないと正しい
アクションがとれない。
世界に貢献できる成果が得られると良い
ですね。

世界に誇れる日本になって欲しいものだと
思う。

|

« 遺伝子検査:手軽さと危うさ 科学的根拠乏しく、学会は過熱懸念 | トップページ | 冤罪の可能性の高い痴漢犯罪の話その2 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50047497

この記事へのトラックバック一覧です: 南極にアンテナ1000本 地球規模の気候変化観測へ:

« 遺伝子検査:手軽さと危うさ 科学的根拠乏しく、学会は過熱懸念 | トップページ | 冤罪の可能性の高い痴漢犯罪の話その2 »