« すり傷から医療現場まで 傷の治りを早くするシート | トップページ | 次世代DNA鑑定への挑戦 - SNPsの法医学的転用 »

2010年11月22日 (月)

架線の無い区間での走行が可能な低床電池駆動LRV 「SWIMO」

架線の無い区間での走行が可能な
低床電池駆動LRV 「SWIMO」

16 NOVEMBER 2010 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 鉄道技術展2010において、川崎重工業
では世界に先駆けニッケル水素電池を
動力源にした低床電池駆動電車「SWIMO」
の展示をおこなった。

 SWIMOはこれまでの路面電車とは違い、
充電した電力によって架線の無い区間での
走行を可能にした。

"この電池を積む事によって終端の駅、
ターミナルの駅ですね、そちらで5分間
の急速充電をする事によって10kmは架線
の無い区間を走行する事が出来るという
特徴がございます。
 終点の駅で乗り換えをしてる間に充電
をして、そして走ってる間は架線の無い
区間をそのまま電池だけで走る事が出来る
という事です。"
---------------------------------------

たった5分間の充電だけで、10kmも走れる
とはすごいですね。

都会はできるだけこういう形式の電車に
して車は極力なくす方が環境に良いと
思うので進めて貰いたいと思います。

|

« すり傷から医療現場まで 傷の治りを早くするシート | トップページ | 次世代DNA鑑定への挑戦 - SNPsの法医学的転用 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50101119

この記事へのトラックバック一覧です: 架線の無い区間での走行が可能な低床電池駆動LRV 「SWIMO」:

« すり傷から医療現場まで 傷の治りを早くするシート | トップページ | 次世代DNA鑑定への挑戦 - SNPsの法医学的転用 »