« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の投稿

2010年11月30日 (火)

最新式「人工眼」が成功、歩き回るほどにも視力回復

最新式「人工眼」が成功、歩き回るほど
にも視力回復

2010年11月11日 AFP BBNews

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ドイツの医師チームが3日、網膜下に埋め
込む最新式の「人工眼」によって、進行性
疾患で中途失明した患者の視力を劇的に
回復することに成功したと発表した。

 手術を受けて「人工眼」を装着した
被験者3人は全員、物やその形を認識する
ことができるようになり、そのうち1人は
部屋の中を歩き回ったり、時計を読んだり、
7段階の灰色のグラデーションを見分ける
ことさえもできた。

 学術専門誌「英国王立協会紀要
(Proceedings of the Royal Society B)」
に発表論文を掲載した同協会は、「電気視覚
人工器官における画期的な前進。
 網膜色素変性によって視力を失った世界の
20万人の生活に革命をもたらすだろう」と
賞賛した。
 網膜色素変性は、眼球の後ろの網膜
にある光受容器が徐々に機能しなくなる
進行性の疾患だ。

 外科分野では過去7年にわたって、
人工器官を網膜に埋め込み、眼鏡に装着
した極小の外部カメラとつなぐ「人工眼」の
開発に取り組んできた。
 カメラが拾った光をプロセッサ装置を
通し、電気信号に変えて人工器官へ送信し、
さらに器官から視神経へそのデータを
送って脳に映像を見せる仕組みだ。

 今回成功した新たな装置はこれをさらに
一歩進めたもので、眼のレンズである
水晶体を自然に通過してきた光をとらえる。

 専門的には「網膜下埋め込み型」と呼ばれ、
機能が失われた光受容器の代わりに、
1500個の光センサーからなるマイクロチップ
を網膜の下に装着する方式だ。
 脳は視神経を通じて38×40ピクセルの
極小の映像を受信する。

 論文によると、視力を失っていた被験者
3人は、「暗いテーブルに置かれた明るい色
のものを見つけることができ、2人は異なる
格子柄のパターンを見分けることもできた。

 その上、1人はフォークやナイフ、果物と
いった物の名前を挙げて区別することが
できたほか、幾何学パターンを見分け、
さらに15%の濃度差しかない灰色の濃淡を
見分けることができた」という。
 しかも「数年にわたって目が見えなかった
にもかかわらず、視力回復後には
トレーニング時間をまったく設けずに、
部屋の中を自由に歩き回り、大きな文字で
あればきちんと単語として読むことが
できた」という。
---------------------------------------

素晴らしいと思います。

ただ、
>38×40ピクセル
というのは解像度が低すぎる。
今の技術であれば、もっとあげられると
思うけれど、難しいのかな?

さらなる進歩に期待します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

医療事故調の設立に「何の動きもない」―市民団体が要望書

医療事故調の設立に「何の動きもない」
―市民団体が要望書

2010年11月24日 20:22 キャリアブレイン

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「患者の視点で医療安全を考える連絡
協議会」(永井裕之代表)は11月24日、
政権交代以降、検討がストップしている
「医療版事故調」の早期設立を求め、
厚生労働省政務三役や民主党幹部らに
あてて要望書を提出した。

 要望書では、医療版事故調の設立に
関する検討について「残念ながら何らの
動きもない」として、「どのような方針を
持ち、今後どのようにしようとするのかが
全く見えない」と指摘。

 自公政権下でまとまった「医療安全調査
委員会設置法案(仮称)大綱案」や
民主党案を踏まえながら検討を再開し、
事故調設立に関する法律を今年度内に成立
させるよう求めている。

 厚労省内で記者会見した永井代表らは、
岡本充功厚労政務官には直接要請したこと
を説明。

 岡本政務官からは、医療事故の原因究明
よりも紛争の解決を重視するとの認識が
示されたとした上で、「われわれが事故調
に求めているのは、原因究明と再発防止の
ための仕組み。

 医療者と被害者が対立するものではない。
 政務官の認識にがっかりした」
「この数年の医療過誤についての議論を
踏まえた発言とは思えない」
などと述べた。
---------------------------------------

>医療事故調の設立に「何の動きもない」
とはどういうことでしょうか?
こういう大切なことがありながら
揚げ足取りに熱心とは?
以前決めたことが進んでいなければ
正すのが当然と思うのですが、

>岡本政務官からは、医療事故の原因究明
>よりも紛争の解決を重視するとの認識が
>示されたとした上で、「われわれが
>事故調に求めているのは、原因究明と
>再発防止のための仕組み。
>医療者と被害者が対立するものでは
>ない。
同感です。

政務官が正しい方向性を持っていなければ
何のための政治主導か?
政治主導など出来ないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

技術立国・ニッポンに赤信号? リストラされた日本人技術者が作る「高品質のメイド・イン・チャイナ」

技術立国・ニッポンに赤信号?
リストラされた日本人技術者が作る
「高品質のメイド・イン・チャイナ」
――日本の“頭脳”はどこへ行く?

2010年11月19日
NHK「追跡!AtoZ」取材班
DIAMOND online

詳細は、リンクを参照して下さい。

日本企業の人の生かし方はどこか間違って
いないでしょうか?

>「やっぱり人でしょ、企業っていうのは。
>それをゴミくずのように売ったり捨てたり
>っていうのは企業倫理としては
>どうしようもないですね。
>特に日本なんて資源がない国ですから、
>人しかないですわね。
>いまちょっとおかしいんじゃないかな
>と感じますよ」

日本国内で駄目なのなら、海外に、
中国にでも、インドにでも、起業して
そこに人材を配置すればどうでしょう?
リストラして「高品質のメイド・イン・
チャイナ」が輸入されてくる?
どうなっているのかな?

どこかおかしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加速度的に世界で存在感が失われている日本のゲノム研究

加速度的に世界で存在感が失われている
日本のゲノム研究

2010年11月15日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 2003年4月にヒトゲノム計画が完了
しました。
 米国、英国に次いでヒトゲノム解読に
貢献した日本だが、その後の研究開発の
展開は欧米と日本では大きく袂を分かつ
結果となりました。

 ヒトゲノム計画完了後、米国は
ヒトゲノム計画を米国の国民の健康維持と
増進に貢献させるべく、ヒトの多様性を
解析するハップマップ計画、
エンコード計画、1000人ゲノム計画、
がんゲノムプロジェクト(米国では先行し、
がんゲノムアトラス計画)、そして今年
から1000エピゲノム計画を開始しました。

 更に、ヒトゲノム解析の大衆化、医療
技術化を加速するために、大幅な解析
コストダウンを目指した
1000ドルゲノム計画を、2004年から始動
したのです。

 英国はWellcome Trustを中心に、大規模
DNAシーケンス施設を整備、米国と共に
国際的なゲノム関連プロジェクトに参加、
プロジェクトを牽引しました。

 加えて、遺伝子機能の解析研究に注力し、
巨大なノックアウトマウス施設を運営
しています。
 更に、オーダーメイド医療実がん化研究
プロジェクトで我が国の理化学研究所と
東大が実証したゲノムワイド連鎖不平衡解析
(GWAS)を大規模に展開、疾患関連遺伝子
の探索を急速に進めています。

 加えて、2006年から世界最大のゲノム
コホート研究、UK BIOBANKを開始、現在、
40歳から69歳までの50万3316人の
市民を登録することに成功しています。

 英国の国民皆保険サービス(NHS)の
電子カルテ情報も統合し、前向きの疾患
遺伝子探索研究を展開しているのです。
 GWASで発見した疾患関連遺伝子の臨床
評価に必要なプラットフォームを構築
しました。

 我が国では、ヒトゲノム計画完了で
ゲノム研究は終わったという政府や学会の
誤った判断により、ゲノム関連の国際
プロジェクトでの存在感はハップマップ計画
をピークとして、どんどん薄まっています。
 1000人ゲノム計画にはとうとう未参加に
終わり、アジアの代表は中国BGI(世界最大
のゲノム解析能力を持つ研究機関・会社)
にとって代わられた。

 がんゲノム計画でもGDPに比べると
限定的な参加となっています。
 しかも、21世紀のゲノム医療の中核となる
1000エピゲノム計画の参加も躊躇している
有様です。

 我が国のゲノム科学の問題をまとめると、
1)学際で、総合的な科学的視点を提唱
  できる研究者や行政官の不足、
2)政府資金の不足と科学研究の政府資金
  依存体質、
3)大規模シーケンス解析施設が存在して
  いないこと、
4)ゲノム解析技術開発企業とゲノム解析
  サービス企業の未発達、
5)製薬企業と厚労省のイニシアチブ不足
  によるビジネスモデルの不確実性、
6)医療関係者と市民の遺伝学への認識
  不足、
7)世の中の変化への対応が遅い生命倫理
  学者など、問題は山積みです。

 財務省がやるべきは、研究開発に対する
強力な減税措置です。

 賢明なアメリカは、今年、
バイオベンチャーに対する研究投資に
1000億円の減税を認めています。
 日本の政府も、事業仕分けなどより、
歳入を減税によって削減すれば、仕事も
当然削減されるはず。
 但し、今の政府ではリストラできず、
国債を増発するという悪の選択もしかね
ないので、監視しなくてはなりません。

 皆さんはどう思われますか?
---------------------------------------

なんとも情けない状況のように
思われます。
正しい舵取りをする人材がいない。

名古屋の河村たかし市長の発言に似て
来ましたね。

>事業仕分けなどより、歳入を減税に
>よって削減すれば、仕事も当然削減
>されるはず。

お金がないのだから余計な仕事はできない
→仕事を減らす→人を減らす→お金を削減
できる。
としなければ、駄目では?

お金は必要なところに投下しなければ
いけません。

そのお金を工面するために、
何をなさなければならないのか?
これ以上借金は駄目でしょう。

効果のでない事業仕分けなどにお金を
かけるより、減税も良いかもしれません。
無駄な議論ばかりしているのなら国会議員
の定数削減もありでは?

よっぽど効果があると思います。
と言いたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スパコンのノーベル賞」長崎大グループに

「スパコンのノーベル賞」
長崎大グループに

2010年11月28日14時35分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 長崎大先端計算研究センターの浜田剛
准教授(36)らのグループが、
米国電子学会の「ゴードン・ベル賞」を
2年連続で受賞した。

 昨年は低価格で高速計算が可能な
スーパーコンピューター「DEGIMA」
の開発成功が評価されたが、今回は
さらに性能を高めたことなどが認め
られた。

 浜田准教授らは、安価で市販されている
画像処理装置(GPU)を大量につなぎ
合わせるなどの方法で、従来は数十億円
かかるスーパーコンピューターの開発費用
を約3800万円に抑制。
 毎秒158兆回の計算が可能だったが、
今回はGPUを増やすなどの改良を重ね、
同190兆回の計算ができるまでにした。

 このスーパーコンピューターは、天体
物理学や金融工学などの応用研究に活用
されているほか、三菱重工業長崎造船所
との共同研究で船体の構造解析にも応用
されているという。

 ゴードン・ベル賞は、「スーパー
コンピューター分野のノーベル賞」
とも言われる。
---------------------------------------

素晴らしいです。
おめでとうございます。

処理能力を向上させる方法として、
「安価で市販されている画像処理装置
(GPU)を大量につなぎ合わせる
などの方法」
というのが有効なようですね。

話が変わりますが、世界を眺めて科学に
貢献している人達に賞を与える。

受けるだけでなく、日本もそういうことを
したらどうでしょう?

公平に評価する目が育つのではないで
しょうか?

世界一でなくてはいけないと言っても
何をどう評価するのか?

開発された技術がどの位素晴らしい
ものなのか?
しっかり評価できる目を持たなければ、
駄目。

海外から評価されて、
初めて、注目しているようでは駄目。
情けない。

関連ニュースです。
中国、スパコン世界一…日本は4位

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

ティーンエージャー、食塩摂取量を減らせれば50歳に達するまでの心血管系リスクが低下

ティーンエージャー、食塩摂取量を減らせ
れば50歳に達するまでの心血管系リスクが
低下

2010. 11. 15 日経メディカルONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 現在の10代の若者、いわゆるティーン
エージャーが食塩摂取量をあと1日3gm
減らすことができれば、50歳までの
心血管系リスクが低下することが
示された。

 12~24歳の年齢層で高血圧が44~63%
減少するだけでなく、彼らが50歳に達する
までの間に、冠動脈性心疾患が7~12%、
心筋梗塞が8~14%、全死亡が5~9%、
ぞれぞれ減少すると見込まれるという。

 カリフォルニア大学サンフランシスコ校
のKirsten Bibbins-Domingo氏(写真)
らが、11月13日から17日までシカゴで開催
される第83回米国心臓協会・学術集会
(AHA 2010)で発表した。
---------------------------------------

塩分は控えめにした方が良いようです。
気をつけましょう。

ポテトチップスなどの食べ過ぎは身体に
悪そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“たしなむ程度の飲酒”なら脳卒中リスクを軽減する可能性、ただし女性の場合

“たしなむ程度の飲酒”なら脳卒中リスク
を軽減する可能性、ただし女性の場合

2010. 11. 17 日経メディカルONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 少量から中程度のアルコール摂取、
いわゆる“たしなむ程度の飲酒”ならば、
脳卒中リスクを軽減する可能性が示された。

 看護師健康調査(Nurses' Health Study)
の一環として行われた女性における
アルコール摂取量と脳卒中リスクに関する
調査の結果、明らかになった。

 米Brigham & Women's病院のMonik
Jimenez氏(写真)らが、11月13日から
17日までシカゴで開催される第83回
米国心臓協会・学術集会(AHA2010)で
発表した。

 少量から中程度のアルコール摂取は一貫
して心疾患リスクを軽減することが報告
されているが、脳卒中との関係については
十分に解明されていない。
 一部の論文で、少量から中程度の
アルコール摂取が脳卒中リスクを軽減し、
また多量の摂取ではリスクが上昇すること
が示唆されていることから、演者らは女性
におけるアルコール摂取量と脳卒中リスク
に関する調査を実施した。

 対象は、心血管疾患または癌に罹患して
いない人で、看護師健康調査(Nurses'
Health Study)に参加している8万4983人。
 登録時の年齢は44~69歳で、1980年から
2006年まで追跡調査した。

 その結果、157万2194人・年の追跡期間中
に、2257件の脳卒中の発生が確認された。
 タイプ別では、脳梗塞が1246件、脳出血
が382件、その他不明が629件だった。

 多変量補正後の解析では、アルコール
摂取量で層別化した場合、≧30g/日以外は、
すべての層(>0~4.9g/日、5.0~14.9g/日、
15.0~29.9g/日)で、脳卒中全体のリスク
が軽減していた。
 消費量ゼロのグループに対する脳卒中発症
のハザード比は、それぞれ0.82、0.80、0.87
だった。
 また、最も高い摂取量(≧30g/日、
ハザード比1.05)でもリスク上昇は観察
されなかった。

 脳卒中のタイプ別で見ると、脳梗塞に
ついては全体と同様であった。
 一方、脳出血については有意なリスク
軽減は15g/日以下で観察された。

 なお、ホルモン療法、高血圧薬あるいは
アスピリンの服用による影響は観察
されなかった。

 ただし、年齢が高い女性よりも若い女性
において、少量の消費で大きなリスク軽減
を認める傾向があり、年齢による影響が
観察された。

 これらの結果から演者らは、「少量から
中程度のアルコール消費は脳卒中全体の
リスク軽減と関係があった」とし、加えて
「比較的中程度のアルコール消費である
今回の試験対象においては、アルコール
摂取による脳卒中リスク上昇は観察され
なかった」と結論した。
---------------------------------------

いわゆる“たしなむ程度の飲酒”は身体に
とって良い影響を与えるということのよう
です。但し、女性。

男性も調査すれば、同じような結果が出る
のかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンフォード大が神経細胞の結合をより細かに可視化

スタンフォード大が神経細胞の結合を
より細かに可視化

2010年11月22日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 スタンフォード大学の研究グループは、
アレイ断層撮影法を用いることでネズミの
大脳皮質の神経回路網をかつてないほど
正確にマッピングすることに成功し、
各神経細胞が結合される様を確認すること
ができたとのこと (スタンフォード大医科
大学院のニュース記事、Medical Daily
の記事、本家 /. 記事より) 。

 例えば健常な人の脳の場合、二千億個の
ニューロン (神経細胞) が隙間なく、
何百兆もあるシナプスで結合されており、
これまで複雑な神経回路網を把握すること
は非常に困難とされてきた。

 今回の方法は以下の通り。
 ネズミの大脳皮質を 70 ナノメーターの
厚さに切り取り、3 グループに分けられた
抗体に順に漬け込むのだが、次の抗体に
漬け込む前に必ず化学洗浄を行う。
 こうすることで光を当てた時、シナプス
・タンパク質に応じて 17 色に発光する
のだそうだ。
 各抗体に漬け込む度に超高解像度で自動
撮影が行われ記録される。
 最終的に切り取られた皮質を繋ぎ合わせ、
回転する脳の三次元画像として処理される。

 同研究グループは研究結果を受け、
さらにアレイ断層撮影法を用いた研究を
行い、シナプスの種類ごとの違いを詳しく
調べ、神経科学の発展に繋げたいそうだ。

 学習過程やトラウマに残るような体験、
またアルツハイマーといった様々な状態
の中で、どの種類のシナプスがどれくらい
増えたり減ったりするのかが分かるように
なるとのこと。
---------------------------------------

すごいですね。

脳はまだまだ未知の領域。
このことでどう発展していくのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人体ミクロ世界。ハーバード大が学生に細胞を教えるアニメーションが感動的に美しい(動画)

人体ミクロ世界。
ハーバード大が学生に細胞を教える
アニメーションが感動的に美しい(動画)

2010.11.23 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「どこにでも真と美は存在する」
 これは、細胞の仕組みをビジュアルで
教えるハーバード大のサイト「BioVisions」
向けにアニメーションを製作するXvivo社
共同創業者デイビッド・ボリンスキー氏
(父親は彫刻家)の2007年の言葉。

 2006年に発表した第1弾アニメーション
作品「The Inner Life of the Cell」(上)
は大反響だったので、ご記憶の方も多いん
じゃ?

 白血球が体外からの感染を撃退する
メカニズムを動的に描いた作品ですね。
 後にハワード・ヒューズ医学研究所の
手により、音声もつきました(下)。

 ほんと、モータータンパク質が小胞を
運んでゆくシーン(3:46~)なんて
鳥肌モノ...あそこまでノソリノソリ歩く
わけじゃないけど、「歩く」のは事実
みたいですよ?
 人体って面白いなあ...。

 このXvivoの最新作がこのほど発表に
なりました。
 タイトルは「Powering the Cell:
Mitochondria(細胞の動力:
ミトコンドリア)」(下)です。
 ますます美しさに磨きがかかってます
よ。ぜひ720pの高画質でご堪能ください
ませ。
---------------------------------------

>「どこにでも真と美は存在する」
ホントですね。
神秘的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会は大事争うべし

国会は大事争うべし
2010/11/27 朝日新聞社説より

最近の政治は何をしているのか大いに疑問

---------------------------------------
 論ずべき重要課題は多いのに、傾聴に
値する議論がほとんどない。

 その典型が、北朝鮮による韓国領砲撃を
めぐる論戦である。
 衆参両院の集中審議で野党は、政府の
初動の遅れをそろって取り上げた。
 「避難の表明は発生から約7時間後。
 迅速さを欠いた面は否めない。

 しかし、もっと語るべき問題がある。
 北朝鮮は、民家にまで放火を浴びせた。
 その国が、核も、日本を射程に収める
ミサイルも保有している。
 これは対岸の火事ではない。

 日米韓がどう連携し、中国を引き寄せ、
北朝鮮の挑発を押さえ込むか。
 万一南北が戦火を交える事態に至った
場合、在韓邦人をどう救出するか。
 各国と情報を共有するため、どのような
機密保全策をとるのか。
 朝鮮半島の平和構築の道のりをどう
展望するのか。

 これほどの事態に直面しても、大局を
見据えた議論を深められない国会論戦には
失望を禁じ得ない。

 尖閣諸島沖の事件も同様だ。
 台頭する中国とどう向き合い、日本の
かじをどう取るかよりも、ビデオの流出や
公開に議論が集中したのは寂しい。

野党は政治を停滞させるのではなく、前進
させるために批判してほしい。

 問責決議も、旧態依然の抵抗戦術と見ざる
を得ない。

 問題の軽重にかかわらず問責を連発し、
辞任に応じなければ、審議を拒み、政府を
追い詰める。

 そんな国会では、国民が被害を被る。

「大事争うべし、些事構うべからず」

 昨今の国会論戦を見るにつけ思い
出される警句ではある。
---------------------------------------

同感です。

国民の為、日本の為に、どうあるべき
かの議論をせず、足の引っ張り合いにしか
みえないことを国会の貴重な時間を使って
行っている。
税金の無駄遣いにしか思えない。
国会での時間単金は大きい。
国会議員には金銭感覚というものは
ないのだろうか?

国会こそ最大の仕分け対象ではないで
しょうか?
非効率なことおびただしい。

なんとも情けない。
こんなことでは日本は滅んでしまう。

国民には選挙しか正す方法が無い。
どうすれば正せるのか?

なんとも歯痒い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPS細胞、神戸で臨床研究 2013年度にも

iPS細胞、神戸で臨床研究
2013年度にも 

2010/11/18 神戸新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 先端医療センター病院(神戸市中央区)
と理化学研究所発生・再生科学総合研究
センター(同)などの研究グループが、
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製
した目の網膜色素上皮細胞を使い、失明の
恐れのある目の病気、加齢黄斑変性の患者
らに対する臨床研究を2013年度にも
始めることが分かった。

 iPS細胞は再生医療への応用が期待
され、世界初の臨床研究となる可能性が
高い。

 研究グループは同病院眼科の平見恭彦
副医長、同センターの高橋政代チーム
リーダーら。
 未分化のiPS細胞などの不純物を取り
除き、作製した網膜色素上皮細胞が正常に
働けば、加齢黄斑変性の症状悪化を
遅らせることができる。

 臨床研究は5人程度を想定。
 主に加齢黄斑変性で現在の治療では効果
がない患者に、その人自身のiPS細胞
から分化した網膜色素上皮細胞を移植し、
有効性や安全性などを確認する。
 その上で16年度には、一般の治療
として承認を受けるための臨床試験
(治験)を始めたいという。
---------------------------------------

日本でも、研究が進んでいることは、
力強いことですが、

>症状悪化を遅らせることができる。
と言うのは、控えめな言い方で、実際は、
良くなる人もでる?
額面どおりだとちょっと残念です。

根治治療は無理なんでしょうか?

でも、まず一歩ですね。
早く治験を、一日も早く始められるように
進めてください。
国には、一日でも早くなる為の施策を実施
して欲しい。
海外での治験などとならないように、

こちらとの関連はどうなのでしょうか?
ES細胞使う2例目の治験
米ベンチャー、目の病気に

>ネズミにこの治療をしたところ、視力が
>大幅に改善し、副作用もなかった
>という。
とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本当にiPadの対抗馬になれるのか? いよいよ発売の「GALAXY Tab」を使い倒して超辛口レビューで斬ってみたよ!(動画あり)

本当にiPadの対抗馬になれるのか?
いよいよ発売の「GALAXY Tab」を
使い倒して超辛口レビューで斬って
みたよ!(動画あり)

2010.11.22 GIZMODE

詳細は、リンクを参照して下さい。

「GALAXY Tab」に興味のある方は
どうぞ、もう発売されてます。
全部入り携帯も発売予定らしい。
docomoだけでなく、各社力入れてます。
携帯契約予定の人は悩みますね。

参考記事です。
脱がせて見て分かったサムスンの
こだわり!
いよいよ発売の「GALAXY Tab」の魅力
を徹底分解検証...

これはこれで、ちょっと魅力感じます
よね。

まだ契約も残っているし、もう少し様子見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

ES細胞使う2例目の治験 米ベンチャー、目の病気に

ES細胞使う2例目の治験
米ベンチャー、目の病気に

2010年11月24日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
【ワシントン=勝田敏彦】
 米バイオベンチャーのアドバンスト・
セル・テクノロジー(ACT、
カリフォルニア州)は22日、ヒト胚性幹
細胞(ES細胞)を使う、若年者の失明に
つながる目の病気「黄斑変性」の臨床試験
(治験)の承認を米食品医薬品局(FDA)
から受けた、と発表した。

 この病気は、目の網膜色素上皮(RPE)
細胞が死ぬことで起きるが、有効な治療法
は見つかっていない。

 ACTによると、放置しておくと失明する
ネズミにこの治療をしたところ、視力が大幅
に改善し、副作用もなかったという。

 治験ではES細胞から育てたRPEを
12人の患者の網膜に移植して安全性や
耐久性を調べる。
 今回の治験がうまくいけば、高齢者の
失明の大きな原因になっている別の型の
黄斑変性に応用することも視野に入れて
いる。

 ヒトES細胞を使う再生医療の治験は、
米ジェロン社が10月、脊髄損傷の患者を
対象に始めたものに続き2例目。
---------------------------------------

黄斑変性症の人はかなり多いですから、
上手くいくと良いですね。

ES細胞はどこから作成されたものを
使用するのでしょうか?

治験が承認されたということは、
いくつかある関門を通り抜けたと言うこと
と思います。

米国では倫理的な問題はどうなって
いるのでしょう? 基準は?

動向を見守って行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超伝導のメカニズム解明に大きな手がかり

超伝導のメカニズム解明に大きな手がかり
-ルテニウム酸化物の電子の運動状態を
選択的に可視化することに成功!
電子対を形成する「のり」の起源を初めて
解明-

2010年11月17日 発表
独立行政法人 産業技術総合研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
ポイント
・直線偏光放射光を活用した高分解能角度
 分解光電子分光により、電子の運動状態
 を選択的に可視化
・ルテニウム酸化物の超伝導電子対を形成
 するための「のり」の強さと成分を
 初めて解明
・超伝導電子対の「のり」の起源として、
 結晶の原子の振動が関与していることを
 強く示唆


 国立大学法人 広島大学【学長 浅原利正】
放射光科学研究センター【センター長
谷口雅樹】(以下「HiSOR」という)の
岩澤英明特任助教、島田賢也教授、
独立行政法人 産業技術総合研究所
【理事長 野間口有】(以下「産総研」
という)エレクトロニクス研究部門
【研究部門長 金丸正剛】機能性酸化物
グループの相浦義弘主任研究員を中心と
する共同研究グループは、放射光の直線
偏光特性を活用するため、放射光の光軸の
まわりに回転可能な高分解能角度分解光
電子分光装置を開発し、ルテニウム酸化物
超伝導体の超伝導機構解明に重要な
手がかりをつかみました。

 超伝導は低温で物質の電気抵抗が完全に
ゼロになる物理現象であり、実用的にも
リニアモーターカーや医療用核磁気共鳴
画像装置(MRI)などで利用されています。

 1994年に日本で発見されたルテニウム
酸化物超伝導体はユニークな超伝導状態を
示し、世界の注目を集めてきました。

 これまで数多くの研究が行われて
きましたが、いまだにその超伝導の
メカニズムは謎に包まれたままです。

 超伝導が生じるためには、電子と電子を
「のり」で結びつけ、「電子対」にする
必要があります。
 本来、反発しあう電子と電子を結びつける
「のり」の正体が何かを明らかにすること
は、超伝導がどのようにして生じるのかを
理解するうえで大変重要です。
 ところがルテニウム酸化物超伝導体には
超伝導を担っている電子に複数の運動状態
があるため、従来の実験手法では電子対の
形成に必要な「のり」の正体を調べること
が極めて困難でした。

 研究グループが開発した新装置を用いる
と、ルテニウム酸化物超伝導体の異なる
運動状態にある電子を選択的に分離
しながら、精密に分析することが初めて
可能となりました。
 その結果、この物質の電子対を形成する
ための「のり」として、結晶を作っている
原子の振動が重要な役割を果たしている
こと、さらに、その「のり」がどのくらい
強く働いているのかを初めて明らかに
しました。

 本研究成果は、米国物理学会誌
(Physical Review Letters)にて、
11月19日(米国東部時間)出版予定であり、
オンライン電子版に11月16日(米国東部
時間)に公開される予定です。
---------------------------------------

難しいですね。

>超伝導が生じるためには、電子と電子を
>「のり」で結びつけ、「電子対」にする
>必要があります。
>本来、反発しあう電子と電子を結び
>つける「のり」の正体が何かを明らかに
>することは、超伝導がどのようにして
>生じるのかを理解するうえで大変重要
>です。
と言うことに対して、

>本研究手法は、
>複雑に絡み合う電子の運動状態を個別に
>精密に分析できる新しい手法であり、
>超伝導の起源となる電子対の「のり」の
>成分や強さを直接見ることができます。
>これにより超伝導になる温度をあげる
>方法や、新規超伝導体の探索の重要な
>ヒントが得られると期待できます。
とのことです。

これで、さらに超伝導の研究が進むと
思われます。

高温超伝導が実用化されると、真っ先に
使用したいのは、電力伝送分野で
しょうか?
リニアモーターカーももっと効率の良い
ものが出来るはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がん細胞を狙い撃ちし診断と治療を同時に行う「見えるドラッグデリバリーシステム」

がん細胞を狙い撃ちし診断と治療を同時に
行う「見えるドラッグデリバリーシステム」

2010.11.24配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 東京大学の研究チームが、がん細胞を
狙い撃ちし、診断と治療を同時に行う
「見えるドラッグデリバリーシステム」を
開発しました。

 高分子ミセルの内部に抗がん剤をいれて、
がん細胞にだけ抗がん剤を運びます。
 この高分子ミセルに、MRIの造影剤を
結合させることで、画像診断にも役立て
ます。
---------------------------------------

動画はわかりやすいですね。
ドラッグデリバリーシステムについては、既に
ご存じの方は多いと思います。

見て貰えれば誰でもわかります。
見てください。

高分子ミセルは遺伝子ベクターと
しても使えるようですね。

期待できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

米国スマートグリッド事情 ICTベンダーは「配電」と「消費」に注目する

米国スマートグリッド事情
ICTベンダーは「配電」と「消費」に
注目する

 [2010/11/19] IT Pro

詳細は、リンクを参照して下さい。

スマートグリッドに適用されるICT技術の
概略がわかります。
私も知りませんでした。ご参考まで、

---------------------------------------
・ホームネットワーク[消費]
 家電に設置するセンサーと通信機能:
家電にその電力消費量を報告させ、外部
からの信号によって停止したり作動を制限
したりする機能を持たせる。

 家電をつなぐネットワーク技術:
WiFi、ZigBee、HomePlug、6LowPan、Z-Wave
などが候補である。

 データ収集・統合・表示:
米Googleや米Microsoftが無償ソフトウエア
を提供している。

・スマートメーター[消費]
 ICTベンダーが、メーターそのものを製品
として提供することは少ない。
 ただし、デファクト標準になりつつある
ZigBeeを搭載したチップを提供する
ベンダーは、メーターベンダーと組み
スマートメーターを提供することができる。

・電気自動車[消費、配電]
 米国の標準家庭で一日に消費する電力は
20kWh程度である。
 電気自動車をフル充電するにはそれと
同程度の電力が必要と考えられている。
 一方、日本の標準家庭の消費電力量は
約10kWhで、米国の半分である。
 そして現在日本には約8000万台の自動車
がある。
 全部が一度に電気化しないまでも、今後
電気自動車分野の成長は、これまでの
電力事情を大きく変化させるだろう。

 電気自動車が引き起こすであろう大量の
電力需要を、新たな発電所を建設すること
なしに満たすには、複雑なシミュレーション
が必要となる。
 電力需要全体を予測すると同時に、電気
自動車の投入によって刻々と変化する地域
の電力消費の増加を計測・把握して、電力
需要に応えなければならない。
 現在、電力需要のピークは午後早くから
夕方にかけて起こり、普通夜間は需要が
減少する。
 電気自動車の出現でこのピークが大きく
変化するかもしれない。
 この新たな需要をさばくには、ICTの
技術が不可欠だ。

 電力不足が深刻になった場合、それぞれ
の変電所がカバーする地域の電力需要を
把握して、まずほかの方法でその地域の
需要を低下させるよう対策を講じ、
それでも不足する場合は、電気自動車の
バッテリーから電気を調達する
(V2G:Vehicle to Grid)ことになる。
 このV2Gにも複雑なソフトウエアが
必要だ。
 地域で必要な総電力量を算出し、その
時点で地域にある電気自動車の数を把握し、
車の状況によって調達が可能かどうかを
判断する。
 個々の車の充電量やその車に最低限必要
な電力量を概算して、調達可能な電力量を
計算する。
 全体を統括するソフトウエア、
電気自動車上の制御ソフトウエア、
バッテリー上の複雑なソフトウエアが
不可欠となる。

・FAN(Field Area Network)/AMI[消費]
 スマートメーターとネットワーク
アクセスポイント(NAP)をつなぐ
通信ネットワークが必要となる。

・長距離通信
 FAN/AMIと電力会社のバックオフィスを
つなぐ通信技術であり、無線電話に使用
されるセルラー、WiMax、衛星、電力線
ブロードバンドなどの技術が存在する。

・再生可能エネルギーによる発電[発電]
 太陽光や風力を利用した発電は、常に
一定した電力を供給できるわけではない。
 そのため余剰電力をエネルギー貯蔵庫に
蓄える必要があるが、現在まだ商業化に
耐える大容量のエネルギー貯蔵技術は
ない。
 加えて、送電網は電圧や周波数などを
一定の狭い許容範囲内に保つ必要があり、
いつでも再生可能エネルギーによる電力を
送電線や配電網に流せるわけではない。
 その調整には複雑なソフトウエアが必要
となる。
 逆に電力不足に陥った場合は電力貯蔵庫
から電力を調達することになる。

・エネルギー貯蔵[発電、送電、配電]
 エネルギー貯蔵は、再生可能エネルギー
用以外にも、スマートグリッド内で電力の
需要と供給のバランスを保つために不可欠
である。

・配電線モニター[配電]
 送電網に比べ全線の長さが格段に長い
こともあり、電力会社は一般的に変電所
以降の配電網をモニターすることはあまり
なかった。
 スマートグリッドではこの配電網を常時
監視するシステムの設置が必要となる。

・送電線モニター[送電]
 送電の状況は、送電インフラの各所に
設置されたセンサーでモニターされており、
配電線同様、SCADA/EMSと呼ばれるシステム
で常時管理されている。
 特殊な分野なので、普通のICTベンダー
が参入するのは難しい。

・電力会社内システム
 電力会社内のITインフラは、スマート
グリッドの採用によるデータの種類や量の
増加に伴い増強する必要がある。

・米国のICTベンダーの参入状況
以下省略、、


・東京電力も10月から実証実験
 この記事では、スマートグリッドを
支えるICTの機能の主なものについて
述べた。
 日本のスマートグリッドの動きを見て
いると、屋根に設置される太陽光発電と
電気自動車(バッテリーや急速充電)に
注目が集まっており、ICTは
スマートグリッドには関係が無いように
思われがちだ。
 昨今どの分野もICTなしには成り立たなく
なっており、スマートグリッドの世界も
その例外ではない。
 スマートグリッドの機能を解析して
包括的に述べたわけではないが、それぞれ
の要素を支えるITの技術や運用について
述べ、今後多くのICTの適用が見込まれる
ことを示した。

 海外の電力会社に続き、日本最大の電力
会社である東京電力でも、スマート
メーターの実証実験を10月から開始した。
 日本でもスマートメーターが設置されて
家庭が電力会社とネットワークでつながる
ようになれば、この記事で述べたような
機能が実装されことになるだろう。
 その時になってからでは遅い。日本のICT
ベンダーは今からそれに備えるべきだろう。
---------------------------------------

スマートグリッドと一口に言っても複雑で
大変そうです。

今、夜間電力は安価ですが、電気自動車が
ある程度普及してくると、値上げになるん
でしょうか?
夜間電力を皆が使うようになるはず
ですから、

充電中の車から逆に電力を網に吸い上げる
制御は難しいでしょうね?

いろいろ問題が出てきそうです。

スマートグリッドをうまく機能させる為
には国としての戦略が必要でしょう。

メーカーまかせでは駄目だと思います。
システムとしてうまく機能させる網の
構築が困難になると思われます。

企業各々の利害が絡みますから、
特に再生可能エネルギーの比率を上げる
のは大変でしょう。
大きく変動するエネルギーは入れたく
ないはず。
国が再生可能エネルギーの比率はCO2の
排出量などから算出してこうすると
義務化しないと駄目でしょう。

将来の電力ネットワークのあるべき姿を
描き、その実現の為に国としてどう
リーダーシップを発揮するか?

検討すべき事は山ほどあるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンクはなぜつながりにくいのか

私の携帯はi-Phone 3GSです。
私の住んでいる家の中で圏外になります。
家の外では信号強度を示すバーは5本立ち
ます。それで室内にホームアンテナを設置
しています。無料でした。

福島県郡山市在住で、郡山の駅から家まで
タクシーで\1,400円位のところです。
そんなにへんぴなところだとは思って
いません。

どう考えても電波環境は貧弱と言わざるを
得ないと思っています。

すごく気になってました。
それで、ちょっと検索して見ました。

ソフトバンクは、孫社長の号令で、
電波改善宣言!」がされているよう
ですが、実際の進捗状況は、はかばかしく
ないようです。

いわゆるスマートフォンというものは
多量のトラフィックを発生させます。
それに対応するのは容易なことでは
ないはずです。

私のところは、そもそも電波が弱いので
このこととは、ちょっと違いますが、

単純には
池田信夫blog
で言っていることが的を得ているように
思えます。一見に値します。

要するに、
>つながりやすさを決めるのは電波の
>到達距離ではなく基地局の密度である。
そう思います。
都内ですら繋がりにくい状況があるとは
知りませんでした。


こちらの記事を見てください。
ソフトバンクの携帯がつながりにくい
のは「戦略の違い」に過ぎない

今の状況はユーザーから見てぎりぎり
のところですね。
これ以上悪ければ、ソフトバンクは選択
しません。

インフラへの投資状況は、
>その設備投資であるが、細かい中味は
>わからないが、とりあえず「決算短信」
>で発表されているSBとドコモの投資状況
>をざっと比較してみよう。
>2009年度通期、売上に対する設備投資
>(移動通信部門のみ)は、SB 11%に対し
>ドコモが16%。2010年第一四半期では、
>SB 6%に対しドコモ13%となる。
これでは負けて当然ということでしょう。

>共同通信の「ソフトバンク携帯を使うな」
>というお達しが記事になり、
>ソフトバンク携帯の「つながりにくさ」
>について話題になっている。
と言う話もあるようだが、気持ちとしては
わかりますが、プロが取材に使う携帯は
企業として準備すべきもので、個人持ちの
携帯にまで口を出すのは言い過ぎではない
かとも思います。

携帯を購入するときは自分の使用状況を
考慮して選択しないといけません。

アウトドア派の人とか、全国を動き回る人
にはソフトバンクは駄目ですね。
ハードは良いのに残念です。
もっとユーザの立場にたって欲しいもの
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「医療基本法の制定を!」医師らが訴え

「医療基本法の制定を!」医師らが訴え
( 2010年11月01日 18:33 キャリアブレイン )

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 医療基本法制定推進フォーラムは
10月30日、「医療基本法」の制定を呼び
掛けるシンポジウムを東京都内で開催
した。

 医師や看護師、患者、マスコミ関係の
代表者らが講師・パネラーとして参加し、
医療基本法の重要性を訴えた。

 まず、東北大の日野秀逸名誉教授が
「医療基本法はなぜ必要か」をテーマに
基調講演。
 日野氏は、「肝炎対策基本法」など従来
の「基本法」には国民の権利を明確にし、
それを具体化する手立てが盛り込まれる
特徴があると説明。

 医療崩壊が指摘される中で、「国民の
権利を基底に据えた総合的な医療の法体系
や基本的な考え方などを制定しようという
声が高まるのは当然のことだ」と指摘
した。

 また、従来の法体系ではカバーできて
いない「患者の権利」の概念が近年、
出てきたとの考えを示し、基本法をつくる
際のスタンスとして「患者と医師、医療
機関の信頼関係の構築をどう進めるかが
重要だ」と述べた。

 続いて、済生会栗橋病院の本田宏副院長
ら6人のパネラーがそれぞれ発言した。

 本田氏は、医療提供者は国策に奉仕
させられており、「いろんな形でがんじ
がらめになっている」と指摘。
 「患者にも協力していただいて医療
基本法を決めて動かないことには、
にっちもさっちもいかない」と訴えた。

 東京都看護協会の嶋森好子会長は、医療
提供体制の在り方の検討に国民が参加する
義務と権利を医療基本法で保障すべきだ
との考えを示した。

 その後のディスカッションでは、会場
から「(基本法制定に)医師が大反対する
可能性は大きいと思う」という声があり、
尾身氏は「だからこそ、(制定に向けた)
プロセスをオープンにすることが大事だと
思う」と述べた。
---------------------------------------

まず関連記事を
Vol. 266 プロフェッショナル・
オートノミー:日本医師会の情報操作と
医療界のガラパゴス化

の中で、
>日本の医療界は「患者の人権擁護を医療
>倫理の第一」とすることを宣言(profess)
>していない。
>だから日本のプロフェッショナル・
>オートノミーは「患者の人権擁護」
>のためではない。
>だから国民や患者から支持されない。
>そして日本の医療界は閉塞状態から
>抜け出せない。
と言っています。

東北大の日野秀逸名誉教授の話も同じ
ことを言っているように思います。

>「患者と医師、医療機関の信頼関係の
>構築をどう進めるかが重要だ」
と私も思います。

本田宏先生の記事では、
「国策に奉仕する医療」との決別を!
この記事の中で
>つまり、日本では、医療に関する
>法規定は「「患者の権利」の擁護という
>観点から導き出されてものではなく、
>あくまでも国の医療行政を円滑に進める
>ための医療施設や医療従事者に対する行政
>取締法規という性格が強い」と内田氏は
>述べています。
と言っています。同じ内容です。

どうして「患者と医師、医療機関の信頼関係の
構築の為になると思われる医療基本法の制定
に医師が大反対する可能性は大きい」となる
のでしょうか?

良く理解できません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

次世代DNA鑑定への挑戦 - SNPsの法医学的転用

次世代DNA鑑定への挑戦 -
SNPsの法医学的転用

巽 信二 氏
(近畿大学医学部法医学教室 教授)
(掲載日:2010年10月29日)
Science Portal

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 今回、わが教室は単一塩基多型(single
nucleotide polymorphism、以後SNPsと呼ぶ)
の法医学的転用を提唱した。

 「ヒト」1人には、30億個の塩基がある。
 その30億個のうち、個人ごとに違いがある
一塩基多型(個人差)は約500万個存在する。
 その約500万個の一塩基多型に注目した
ヒトSNPsの解明手法は現在、悪性腫瘍
(しゅよう)や難病そしてそれらの治療効果
の判定など世界の最先端臨床現場で急速に
導入されている。

 しかし、SNPsの法医学的転用は、米国や
ヨーロッパ諸国の一部の機関で始まった
ばかりと言っても過言ではない。

 では今なぜ法医学分野にSNPsを導入
しなければならないのか。

 DNA鑑定を行う検査試料が、その量も
豊富で状態がよければ現在の主流である
反復配列多型(short tandem repeats、
以後STRと呼ぶ)で十分である。

 STRは、DNAのある領域にある長さの塩基
配列が繰り返す反復回数の相違によって
判定する方法であり、検出する塩基配列の
繰り返しを見るためには、それ相当の長さ
が必要だ。
 そのような条件を満たすためには、DNAが
バラバラになるような悪条件(例えば、腐敗
や年数が経っているなど)ではSTRでの判定
は困難を極める。
 また、試料が他の体液と混在した場合
でも、塩基配列は読めなくなる。

 その点、わが教室のSNPs検出システムは、
その必要性に応じてSNPsから数十個を選択
し、おのおのにつき1塩基を同定するSNPs
検出するシステムであるため、ほとんどの
悪条件にも対応可能である。

 つまり、STRでは判定できないような
古くて微量な試料でも細胞の痕跡が
含まれれば、分析可能だ。

 よって、このSNPs検出法だからできる、
いや、このSNPs検出法でしかできないこと
がある。

 例えば、ほんの1例であるが、厄介者と
思われた不純物(contamination)に対し
対応できるということだ。
 つまり、私が忌み嫌う最も憎むべき犯罪
の一つである、強制わいせつ事件や親告罪
である強姦(かん)罪において、科学的に
加害者にたどりつける可能性がある。
 最初の試料(この場合、被疑者から採取
した腟(ちつ)内容物を意味する)を分析し、
被害者以外の不純物(contamination)が
検出された場合、被害者固有のSNPsを分析
データから削除し、残ったデータと被害者
と思われる人物のSNPsと比較し、
一致すれば、真犯人にたどり着けること
になる。

 被害者は思い出したくもない事実を供述
しなくてすむ。
 か弱き女性の強い味方になるだろう。

まとめてみると、
*ほぼ100%の確率で個人同定・親子鑑定
*従来不可能であった古く劣化した細胞
 の痕跡からのSNPs検出
*1ナノグラム(10億分の1グラム)のDNA量
 での分析
*ヒトか獣かの区別
*人種の区別
*個人の瞳の色・頭髪の色や癖・特徴ある
 骨格の認識
などが可能になってくるのである。
---------------------------------------

良いですね。
是非進めてください。

DNA鑑定で冤罪すら起こしている。
にもかかわらず、その非を認めていない。
どうなっているのでしょうか?

きちんとしたDNA鑑定システムの構築が
必須だと考えています。

犯人確定の決定的な証拠にもなるし、
逆に冤罪の防止にもなるはず。

政府はこういうところにお金をかけないと
いけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

架線の無い区間での走行が可能な低床電池駆動LRV 「SWIMO」

架線の無い区間での走行が可能な
低床電池駆動LRV 「SWIMO」

16 NOVEMBER 2010 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 鉄道技術展2010において、川崎重工業
では世界に先駆けニッケル水素電池を
動力源にした低床電池駆動電車「SWIMO」
の展示をおこなった。

 SWIMOはこれまでの路面電車とは違い、
充電した電力によって架線の無い区間での
走行を可能にした。

"この電池を積む事によって終端の駅、
ターミナルの駅ですね、そちらで5分間
の急速充電をする事によって10kmは架線
の無い区間を走行する事が出来るという
特徴がございます。
 終点の駅で乗り換えをしてる間に充電
をして、そして走ってる間は架線の無い
区間をそのまま電池だけで走る事が出来る
という事です。"
---------------------------------------

たった5分間の充電だけで、10kmも走れる
とはすごいですね。

都会はできるだけこういう形式の電車に
して車は極力なくす方が環境に良いと
思うので進めて貰いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すり傷から医療現場まで 傷の治りを早くするシート

すり傷から医療現場まで
傷の治りを早くするシート

2010.11.22配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 貼るだけで傷の治りが早くなる夢の
ようなシートの開発に、新潟大学が成功
しました。

 外科手術などでは、傷の直りを加速する
ためにPRPという液体が使われます。

 PRPは保存ができないため必要に
応じてその場で作っていましたが、PRP
を体内で分解するシートに染み込ませ
保存できるようにしたのがこのシート
です。
---------------------------------------

良いですね。
商品化はどうなんでしょうか?

傷の治りが良くなるという絆創膏を
出しているメーカーがありますが、
これとは原理的に違うものなのかな?

体内で分解するシートを使っていると
言っているので、多分違うのもなのでしょう。

いろいろなところで使えそうですし、
傷の治りも通常の1.5倍~2倍速くなると言って
ますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMWのEV、鍵は炭素繊維と水力発電

BMWのEV、鍵は炭素繊維と水力発電
November 19, 2010
National Geographic News

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 エネルギー効率の高い自動車を作る最高
の素材として注目を浴びてきた炭素繊維。
 軽さと強さを併せ持つ優れた特性を
備えているが、なかなか価格が下がらない
のが難点だ。

 しかし、ドイツの自動車メーカーBMWは、
2013年に販売予定の電気自動車(EV)
「メガシティ・ビークル(Megacity
Vehicle)」で炭素繊維を採用するという。

 同社は米ロサンゼルスで開催中の2010年
LAオートショーで詳細な生産コスト削減案
を発表した。

 北米BMWのEV運用戦略部長リチャード・
スタインバーグ氏によると、同社は炭素
繊維の生産に水力発電を利用する計画
だという。

 BMWとドイツのSGLグループは合弁会社SGL
オートモーティブ・カーボン・ファイバー
を設立、アメリカのワシントン州に初期
投資1億ドル(約80億円)で新工場の建設を
進めている。

 エネルギーを大量消費するデータセンター
が集まり注目を集める同州は、北部を流れる
コロンビア川流域にグランド・クーリー・
ダムなど多くの水力発電所を備え、全米で
最も電気料金が安い州だ。
 実際、業務用の電力料金が1kWhあたり
約4セント(約3円)という安さで、全米
平均の6割程度に抑えられている。

 新工場では炭素繊維の生産にスクラップ
を再利用し、さらなるコスト削減を図る
という。
 また、BMWは炭素繊維の量産による
スケールメリットの実現も目指している
ようだ。
 新工場はワシントン州モーゼス・
レイクで建設中だが、規模や竣工時期は
まだ確定していない。
 クリス・グレゴア州知事は今月初め、
工場の規模を2倍にするかどうか検討する
会議が設置されたと発表した。

 重いリチウムイオン・バッテリーパック
を搭載するプラグインカーにとって、軽量
素材は特に魅力的だ。
 市場調査会社ラックスリサーチで資材
分野を担当する上級アナリスト、
デイビッド・ウォン氏によると、車体を
3%軽量化で燃費が約2%向上するという。
 「EVの航続距離を変えずにバッテリーの
搭載量を2%減らせることになる。
 車両価格の大部分をバッテリーが占める
現状では、極めて大きな意味がある」。

 ゼネラル・モーターズ(GM)が支援する
ブライトオートモーティブ(Bright
Automotive)は、「車体の軽量化」を戦略
の中心に据えている。

 同社はプラグインハイブリッドカー
「IDEA(アイデア)」で商用運送車両の
市場に参入予定の新興EVメーカーだ。

 最高戦略責任者のミハイル・ブリラフ
スキー(Michael Brylawski)氏によると、
IDEAでは連邦税控除が増える電力量16kWh
以上のバッテリーではなく、あえて13kWhを
採用したという。

 同氏はこの点について、「重い大型
バッテリーを搭載すると、車体のサイズと
剛性も上げなければならない。
 すると重量増加で燃費も悪くなり、
税控除が無意味になるほど所有コストが
増えてしまう」と説明する。

 BMWはメガシティ・ビークルの軽量化の
ため、炭素素材のボディと「サンドイッチ
構造のアルミ製プラットフォーム」を採用
する。

 BMW MINIがベースの2人乗りEV「MINI E」
やBMW 1シリーズ・クーペの4人乗りEV
「アクティブE」と違い、メガシティ・
ビークルは最初から電動をコンセプトに
設計された生まれながらのEVだ。

 軽量化で、少ないバッテリー容量でも
160キロの航続距離を実現するという。
---------------------------------------

ずいぶん力を入れているようですね。

実現に向けて着実に歩みを進めていると
言うところでしょうか?
日産はEVに力を入れているようですが、
進捗と戦略はどうなんでしょう?

まだEVは早いと思っていたのですが、世界
の進み方は思ったより早いようです。


関連記事としてあげたものがそのベースに
なるテストだったようです。

関連記事です。
BMWのEV実用試験結果、都市部なら
充電に問題無し」

>テストに参加したドライバーの多くが、
>再生可能エネルギー利用のためなら
>割り増し電気料金を支払うことに大きな
>抵抗を感じないと回答。
意識高いですね。
日本での意識はどうなんでしょう?

>今回のテストで得られたEVの利用実態を
>分析、2013年に発表するEV
>『メガシティ・ビークル』の開発に活用
>する計画。
と言ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年11月19日 (金)

“電波の良さ”で仕事向きのGALAXY S

“電波の良さ”で仕事向きのGALAXY S
2010年11月12日 BizCOLLEGE

詳細は、リンクを参照して下さい。

Docomoで発売されたスマートフォン
「GALAXY S」の評価記事です。
興味のある方はリンクをどうぞ。

売れそうですね。「GALAXY S」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きさ10分の1 小型の粒子線がん治療装置 数年で登場

大きさ10分の1 小型の粒子線がん
治療装置 数年で登場
編集委員 吉川和輝

2010/11/12 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 がんの治療の中でも近年期待が大きい
粒子線治療。

 ネックは巨大な装置と施設が必要で
治療費も高額になること。

 装置の大きさと患者の負担額をそれぞれ
約10分の1にするための研究開発が日本
原子力研究開発機構の主導で進み、治療に
十分な性能を持つビームを発生させる
見通しが立った。

 小型の実証装置の完成時期を2016年度に
設定した。

 陽子線や重粒子線と呼ばれるビームは、
照射したがんの付近でエネルギーを放出
してがんを殺すため、それ以外の健康な
組織の損傷を防ぐことができる。
 通常の放射線治療にはない利点だ。

 問題はこうした粒子線を発生させるのに
加速器など巨大な装置が必要で、全体の
大きさが100メートル四方にもなること。

 そこで加速器ではなくレーザーを使って
粒子線を発生させる研究が各国の研究機関
で進んでいる。
 先頭を走るのが原子力機構の関西光科学
研究所(京都府木津川市)だ。

 体の深部にできたがんを治療する粒子線
には大きなエネルギーが必要で、その目安
は200メガ(メガは100万)電子ボルト。
 同研究所は今春、約50メガ電子ボルトの
粒子線の発生に成功した。
 「技術的なヤマは越えた。
 レーザーの強度を上げれば来年には目標
の200メガ電子ボルトを達成できる」と
河西俊一所長は話す。

 粒子線は強力なレーザーをターゲット
(標的)に当てて発生させる。
 このターゲットの種類を変えたことが
ブレークスルーを生んだ。

 従来は金属などの薄膜にレーザーを
当てる方法だった。
 この手法で着実に成績を上げ、昨年12月
には10メガ電子ボルトを達成したが限界も
見えていた。

 薄膜に代わる新しい標的として選んだ
のが「クラスターターゲット」。

 二酸化炭素からなるナノサイズの粒子の
集まりだ。
 同研究所の福田祐仁研究副主幹らが昨年、
世界で初めて実験に成功した。
 薄膜ターゲットと比べ1けた大きい
エネルギーの粒子線が得られ、「これで
一挙に(実用化への)道が開けた」
(河西氏)。

 光医療産業バレーのプロジェクトリーダー
を務める近藤公伯氏は「原型機の段階で現状
の数分の1のサイズの装置を作り前臨床試験
を進める。
 実証機では当初の目標通り10分の1の
大きさを目指す」と述べる。

 実現すれば、室内に収まる粒子線がん
治療装置が、コンピューター断層撮影装置
(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)と
同じような感覚で多数の病院に普及し、
比較的安いコストでがん治療ができる条件
が整う。
 「全国どこでも切らずに治せるがん治療」
ができる日が近づく。
---------------------------------------

素晴らしい。

>2016年までに実証機を作る計画
とすると、それから臨床試験があって、、
で、いつ頃市場にでるのかな?

待ち遠しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココア飲用でインフルエンザ感染予防効果が期待、森永製菓研究所などがヒト臨床実験による研究結果を発表

ココア飲用でインフルエンザ感染予防効果
が期待、森永製菓研究所などが
ヒト臨床実験による研究結果を発表

2010/11/15 Jcast モノウオッチ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 森永製菓は、マスコミに向けたココアに
関するセミナー「冬の脅威から身体を守る!
ココアの健康機能」を、2010年11月10日に
開催した。

 セミナーでは、同社の研究所が、これまで
試験管内や動物で行ってきたココアによる
インフルエンザウイルス感染抑制効果を
基に、2010年に新たにヒトでの臨床実験を
実施したとの報告があり、研究所の
分析研究室長・亀井優徳氏と埼玉医科大学
総合医療センターの間藤卓氏が最新の研究
結果を発表している。

 内容は、「ワクチンを打った場合、
ココア飲用により、インフルエンザウイルス
感染に対しさらに高い予防効果を得られる
可能性があること」、「臨床試験における
ココア摂取群と対照群を比較した場合、
前者において、ヒトが生まれながらに持って
いる自然免疫の一つである『NK活性』
(ナチュラルキラー[NK]細胞が有する、
ウイルス感染細胞やガン細胞を殺す機能)
が、有意に上昇し、高かったこと」など。

 これまでの研究の総括として亀井室長は、
「ココアを飲むことによって、通常の
ワクチン接種によって獲得される中和抗体
(獲得免疫)にプラスしてNK活性がさらに
増強するため、インフルエンザウイルス感染
に対して、より高い予防効果が期待できると
考えられる」といい、間藤卓准教授は、
「アレルギーの心配も少なく、多くの人が
好むココアは、医療にも生活にも摂取
しやすいもの。
 気軽に飲んでほしい」と話した。
---------------------------------------

面白いですね。
ココアの健康機能ね~

赤ワインのメルシャンといい、
この森永製菓といい、
各メーカーいろいろ研究しているんですね。

まじめに研究してきた結果のようですから、
信用して良いと思われます。

頭に入れておいて損はないかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高レベル放射性廃棄物の地層処分はできるか I

高レベル放射性廃棄物の地層処分は
できるか I

変動帯日本の本質
藤村 陽 石橋克彦 高木仁三郎

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
(要旨) 日本では,原子力発電所の
使用済み燃料の再処理で生ずる“高レベル
放射性廃棄物”(ガラス固化体)は,
“地層処分”(地下に埋め捨て)すること
になっている.

 核燃料サイクル開発機構が技術的信頼性
を示したとする‘第2次取りまとめ’
によれば,10万年以上にわたって,影響が
問題になるほどの放射能が生活圏に漏出
することはないという.
 しかし,処分地が地震の大きな影響を
受けないと保証する手段は,何も示されて
いない.

 第1回では,このことを中心に,
‘第2次取りまとめ’の地層処分の安全性に
対する考え方がおざなりであることを
指摘する.


途中省略


<処分地の適切な選定ができるのか>
 きわめて重要なことは,10万年経って
みたら地震の影響をまぬがれたという場所
が皆無ではないかもしれないが,
あらかじめ(たとえば今後50年間に)
そういう場所を特定するのは不可能だ
という点である.

 仮に“今後10万年間地震の影響を
受けない場所が存在する”(A)が成り立つ
としても,それだけでは,
“ある特定の場所が今後10万年間地震の
影響を受けない”(B)は保証できない.

 つまり,命題Aと命題Bはまったく別で
ある.

 ところが‘第2次取りまとめ’は,地層
処分の技術的信頼性を示し,処分予定地
選定の技術的拠り所を与えると
いいながら,命題Aを主張しているに
すぎない.

 “処分地を適切に選定すれば地層処分
システムに対する地震の影響を回避する
ことが可能”という循環論法を述べている
だけで,選定の具体的な方法はどういう
ものか,その方法が現時点で実際に可能か
どうかを検討していないのである.

 ある特定の場所が今後10万年程度の
あいだ地震の大きな影響を受けない
ことを,どんな具体的な項目について,
いかなる方法・技術で保証すべきか
(現在できるかどうかは別として)という
問題は,ある特定の場所で地震はなぜ
おこり,なぜおこらないのかという地震学
の根本課題に帰着する(12)(それに加えて,
どの範囲までどんな影響があるかという
評価も含む).

 したがって,地震列島日本で地層処分が
可能かどうかを追究するためには,
“地震の予測可能性”(19)や
“地震と地下水”(18)といった地震学の
核心的問題に正面から取り組まなければ
ならない.
 また,地震現象の本質が,上部地殻
地震発生層やプレート境界面付近やスラブ
内部という地下深部にあり(図4参照),
その影響が広範囲で多様でダイナミックで
あることを,当然の前提にしなければ
ならない.

 ところが‘第2次取りまとめ’は,地震・
断層活動の記録が残されている地質や地形
を対象に調査するという立場に立っていて,
地震現象を皮相的・静的に狭い範囲でしか
みていない.

 この点が,地質環境の長期安定性の検討
に関する致命的欠陥であり,
‘第2次取りまとめ’を拠り所にして真に
適切な処分地を選定することは不可能で
ある.
---------------------------------------

続編もあるようなので、興味のある方は
見てください。
どうも、安全とは言い難い。
原子力発電というものは危険だと思って
います。

私には、
>10万年以上にわたって,影響が
>問題になるほどの放射能が生活圏に漏出
>することはない
と言い切ることはできません。

誰も、補償など出来るはずがないと思う。

現在の生活水準を守る為に、このような
危険を冒していることを、
未来に問題を先送りしていることを、
すべての人が認識しておかないと
いけないと思います。

未来に発生するかも知れない
危険については、現在存在している
誰一人として、その責任を負うことは
できません。

人間は不完全です。故に完全な未来を
補償することなど出来ません。

だからこそ、せめて、実行することを
決断する人達は嘘をつかないで欲しい。
誠実で、正直であって欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「反水素」瓶に閉じこめた! 理化学研究所など初成功

「反水素」瓶に閉じこめた!
理化学研究所など初成功

2010年11月18日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 理化学研究所などでつくる国際研究
グループは、反物質の一種「反水素」を
約0.2秒閉じこめることに世界で初めて
成功した。
 反物質と物質の違いが分かれば、宇宙
誕生の謎に迫ることができる。
 成果を英科学誌ネイチャー電子版に発表
した。

 反物質は、通常の素粒子とは逆の電気を
帯びた「反粒子」から成る。
 反水素の場合、マイナスの電気を帯びた
反陽子と、プラスの電気を帯びた陽電子で
できている。
 だが、両者を混ぜ合わせて反水素を
作っても、「物質」と合体してすぐに消滅
してしまう。

 研究グループはコイルや電極を組み
あわせた特殊な磁気瓶を開発。
 スイスの欧州合同原子核研究機関
(CERN)の加速器でうまれた約3万個
の反陽子と約200万個の陽電子を混ぜ
合わせて反水素を合成し、38個を瓶の中
に約0.2秒閉じ込めたことを確認した。

 宇宙が誕生したとき、反物質と物質は
同数あったとされる。
 両者は出会うとすぐに消滅するが、
ほんのわずかな性質の違いのために完全
には消滅せず、物質だけが残っていまの
宇宙ができたとされている。
---------------------------------------

反物質ね~
実際に短時間ですが、存在させることが
出来たとはすごいことです。

>反物質と物質の違いが分かれば、
>宇宙誕生の謎に迫ることができる。
そうで、どうなんでしょうか?
もし、分かったとして、どの位宇宙誕生の
謎に迫ったことになるのでしょうか?

反物質の話を始めて知ったのは、
手塚治さんの漫画です。
ずいぶん昔の話です。
その反物質が現実のものになってきた。
科学も進歩したものです。

関連リンクです。詳細はここから
どうぞ、
動きがのろい冷反水素原子を38個も
磁気瓶に閉じ込める!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

レアアースに極小救世主? 微生物で濃縮、広大など発見

レアアースに極小救世主?
微生物で濃縮、広大など発見

010年11月18日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ハイテク製品や光ファイバーなどに
欠かせないレアアース(希土類)が大腸菌
など身近な微生物の細胞の表面で濃縮
されることを、広島大などのチームが
見つけ、17日に発表した。

 中国からの輸入に頼るレアアースを
回収、精製する技術として期待される。
 成果は米科学誌に掲載された。

 広島大の高橋嘉夫教授(環境化学)らは
大腸菌や桿(かん)菌など6種類の微生物
を、レアアースが溶けた液に入れた。
 すると、微生物の細胞の表面に
レアアースが集まり、濃縮されることが
わかった。

 15種類のレアアースで実験し、
いずれも溶液そのものの濃度より1万倍
以上も濃縮されることを確かめた。

 特にツリウム、イッテルビウム、
ルテチウムでは濃縮率が10万倍を
超えた。
 金属イオンの回収に広く使われる
「陽イオン交換樹脂」より濃縮の効率は
10~100倍も良いという。

 濃縮される仕組みを調べるため、大型
放射光施設「スプリング8」(兵庫県
佐用町)で微生物にX線を当てて細部を
観察したら、細胞表面の細胞壁にある
「リン酸基」にレアアースが結びついて
いた。

 レアアースが結合した微生物を酸に
さらせば、レアアースが酸に溶けて回収
できる。
 また、濃縮率の違いを利用すれば、複数
の種類のレアアースが混在した溶液から、
狙った種類だけを分離・精製するのにも
使えるという。

 ただ、微生物は生き物なので、繰り返し
使えないのが弱点。
 「レアアースがくっつく部分を人工的に
つくれれば実用化に近づく」と高橋さん。

 ツリウムは光ファイバー、
イッテルビウムはガラス着色剤や
レーザー、ルテチウムは放射線源(ベータ
線源)などに使われる。
 レアアースは中国が世界の生産の97%
を占めている。(長崎緑子)
---------------------------------------

興味深い発見ですが、

実用としては、
>「レアアースがくっつく部分を人工的に
>つくれれば、
と言うのが鍵ですね。
期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

冤罪の可能性の高い痴漢犯罪の話その2

以前「冤罪の可能性の高い痴漢犯罪の話」
を投稿しましたが、今日はその続編です。
2010/11/17
テレビ放送スーパーモーニングより

あまりに不自然な判決に疑問を持ち投稿
しました。こんな判決しか出せない日本の
裁判制度に怒りを覚えます。

2010/10/19に収監されました。

収監後に起こった出来事に対する報道内容
になります。

-------
収監に当たっては、弁護士が2度に渡って
小林さんの体調(強皮症で、手に症状が出て
おり血流が悪く、週3回血管拡張剤を
点滴してなんとか症状を抑えている。
治療を継続しないと手の指が壊死する
ことは確実で、しかも命に関わる可能性も
あると、治療している医師が言っている。
当然診断書もある。
且つ、裁判過程の5年間の中で脳梗塞と
なり、より不自由な状態となっている)が
悪く、収監の執行停止を願い出ているにも
かかわらず、検察庁は認めなかった。
-------

こんなものなのでしょうか?
執行停止の明確な基準はあるので
しょうか? 疑問を感じます。
ご家族のご心中をお察しします。

収監された方のお名前は小林さんとのこと
ですので、以下小林さんと記載します。

時系列で整理してみると、
-------
2005/03:強制わいせつ罪で逮捕
2010/07:最高裁で上告棄却
2010/10/19:収監
2010/11/05:家族が面会
-------
となっています。

収監されてから、家族が面会するまでの
日数は18日です。

その時の小林さんの状態は、手が蝋人形の
ように白く、固くなりかけていてうまく
動かせない状態だったそうです。

強皮症の人は悪化を防ぐ為、夏でも手袋を
必要としているし、実際朝、手の動きが
悪く、お湯で手を暖めてしのいでいた。

その旨を申告して手袋をすることとお湯で
手を温めることをさせて欲しいと頼んだ
そうですが、贅沢だと断られたそうで、当然
手袋無しで水で食器洗いをさせられている
ようです。

血流が悪い状態では、その周辺の細胞が
死んでしまうことは、息を何分か出来ない
状態にしただけで人は死んでしまうこと
からも容易に想像できるはずで、
なんともおかしな対応に思えます。

東京拘置所に確認したところ、個別案件
には答えられないが、一般論として、
「強皮症に限らず、必要に応じて専門医に
よる診断を行っている」
と言っているが事実は家族の面会時の
小林さんの状態から見て何もしていない
のは明らかです。

なんで平気でこんな嘘が言えるのか?

さらに驚いたのが、小林さんの状態を知る
目的で、テレビ局の人が小林さん宛に手紙
を出したところ宛先人不在で戻って来た。

調べたけれど、所在を調べる手段がなく、
小林さん本人が手紙を出すしかない
そうです。
その手紙の到着を家族が待つしかない。

でも、小林さんは手がうまく動かせなく、
手紙は書けない可能性が高い。
このままでは家族が会うことも出来ない。

いったいどういう法律なのでしょうか?

テレビでも言っていましたが、これは、
正に人権問題です。

人の命にも関わりかねない。
もし死んでも、指が壊死しても、誰も
責任を問われない法律であり、仕組み
なのでしょうか?

そんなことになるとは聞いていなかった
と言うつもりでしょうか?


日本国憲法で守られていると思っていた
のですが、そうではないようです。

日弁連の人権擁護委員会に訴えて委員会
から法務大臣に早急に訴えるべきです。
人権を保護する法律はどうなっているので
しょうか? 至急調査が必要です。


一刻を争います。

これで、日本は、良いのですか?
人権が守られないような国が民主主義の
国だと言って良いのでしょうか?


正に開いた口がふさがらないとはこの
ことです。

検察の不正はどうなったのでしょうか?
報道されませんが、

こんな状態では、検察も、警察も信頼
されないし、できない。

もっとも敏感であるべき検察も警察も
人権に対して鈍感になりすぎて
いませんか?

弱い人を守れなくて何の為の検察、警察
なのかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

南極にアンテナ1000本 地球規模の気候変化観測へ

南極にアンテナ1000本
地球規模の気候変化観測へ

2010年11月15日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 南極に約1千本のアンテナを立て、
地球温暖化などを探る世界初の南極大型
大気レーダー(PANSY)計画が、来年
始まる。

 北極などの観測器とも連携し、地球規模
での大気の大循環や気候変動を探るのが
狙いだ。
 東大と今月24日に出発する52次南極
観測隊が計画を発表した。

 この計画には、観測隊の派遣元の国立
極地研究所や東大、京大など国内9大学と
8研究所が参加。
 甲子園球場のグラウンドほどの直径
160メートルの敷地内に、高さ
約3メートルの小型アンテナを1045本
立て、地上から高度500キロまでの大気
の流れを1分ごとに観測する。

 建設費は約46億円。
 「国内でも例のない大きさ。
 けた違いの高精度のデータが得られる」
とプロジェクトリーダーの佐藤薫・
東大教授。

 来年1月に建設し、3月ごろから部分
運用を開始。
 数年後には北極や中緯度にある観測器や
人工衛星とも連携、地球全体の大気の流れ
や気候変動の予測に役立てる。
 南極上空に起きるオゾンホールの観測も
行う。(中山由美)
---------------------------------------

良い計画だと思います。

事実をきちんとつかまないと正しい
アクションがとれない。
世界に貢献できる成果が得られると良い
ですね。

世界に誇れる日本になって欲しいものだと
思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺伝子検査:手軽さと危うさ 科学的根拠乏しく、学会は過熱懸念

遺伝子検査:手軽さと危うさ
科学的根拠乏しく、学会は過熱懸念

毎日新聞 2010年11月16日 東京朝刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 依頼に応じて個人の遺伝子を調べ、肥満
や生活習慣病などの可能性を予測する
サービスが増えている。

 予防への活用が期待される一方、高額な
料金で科学的根拠が薄い予測を出したり、
子供の能力を調べる業者も現れた。

 手軽さの半面、危うさもはらむ
遺伝子検査ビジネス。

 専門家でつくる学会がこのほど、国に
よる監視を求める声明を発表するなど、
過熱を心配する声もある。【河内敏康】

 特に問題視されているのが、子どもを
対象とした遺伝子検査だ。
 特定の遺伝子を「知能や性格、能力に
関係する」と見なし、遺伝子を調べて潜在
能力を予測する。

 韓国では「十分な科学的妥当性がない」
として法律で禁止されている。

 東京大医科学研究所の洪賢秀・特任助教
(文化人類学)は「遺伝子検査の結果に
よって親が子どもの進路を大きく変え、
子どもに不利益をもたらす可能性がある」
と警告する。

 日本人類遺伝学会(中村祐輔理事長)は
10月、一般人を対象にした
遺伝子検査ビジネスについて「科学的な
根拠や有用性が確認されていない」
として、専門家による検証や国による監視
体制を早急に構築すべきだとする提言を
まとめた(右表に要旨)。

 米国など多くの国が遺伝子検査ビジネス
を規制しているのに対し、

日本は手つかずなのが現状だ。

 福嶋教授は「遺伝子検査の結果は一生
ついて回り、似た遺伝的体質を持った家族
にも影響する可能性がある。
 教育に使えば子どもの可能性を狭める
危険性があり、法規制が必要になるかも
しれない。
 また、健康に関係する遺伝子検査ならば、
(科学的根拠に基づいて)保険が適用
されるような医療の枠組みの中で実施して
ほしい」と話す。
---------------------------------------

>米国など多くの国が遺伝子検査ビジネス
>を規制しているのに対し、
>日本は手つかずなのが現状だ。
日本はいつもながら動きが遅い。

>子どもを対象とした遺伝子検査は
>韓国では「十分な科学的妥当性がない」
>として法律で禁止されている。
完全に韓国に遅れをとってますね。

規制も、カウンセリングの体制も必要
でしょう。

広い議論が必要です。
個の医療に対しては必須と思いますが、

何を目的にするのか?
何を規制すべきなのか?
当然きちんとした科学的根拠が必要となる
と思いますが、科学的根拠とは?
その基準は?

早い対応が必要ですね。
放置しておくと問題だらけになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はやぶさの微粒子はイトカワ由来 1500個、成分一致

はやぶさの微粒子はイトカワ由来
1500個、成分一致

2010年11月16日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 宇宙航空研究開発機構は16日、探査機
「はやぶさ」が持ち帰ったカプセル内の
微粒子が、小惑星「イトカワ」のもの
だったと発表した。

 すでに見つかっていた約1500個の
微粒子ほぼすべてで、成分が地球のものと
明らかに違い、イトカワを撮影して判明
していた成分と一致したことがわかった
という。

 はやぶさは、月以外の天体に着陸し、
帰還しただけでなく、月と彗星(すいせい)
以外の物質を世界で初めて持ち帰る快挙を
成し遂げた。

 宇宙機構によると、微粒子の大きさは
いずれも0.01ミリ以下。
 想定よりもはるかに小さかったため、
フッ素樹脂製のヘラを新たにつくり、内壁
をなでるようにして取り出した。
 電子顕微鏡で一粒ずつ調べたところ、
1500個の多くはかんらん石で、輝石や
斜長石なども見つかった。

 電子を当てると出てくるX線の波長から、
鉄とマグネシウムの比率を調べ、
1500個すべてで、地球にある
かんらん石などと比率が異なっていること
を確認。
 イトカワと同じような小惑星だったと
考えられる隕石(いんせき)の成分とも
一致した。
 さらに、イトカワをはやぶさが撮影した
赤外線写真や、地上の望遠鏡の観測で判明
していたイトカワ表面の成分とも同じ
だった。

 イトカワの微粒子は、兵庫県にある
大型放射光施設「スプリング8」などでの
分析を待たなければ確定できないと
みられていた。

 しかし、見つかった1500個の微粒子
すべてで同じ傾向が見られたことから、
「もはや地球のものとは考えられない。
 イトカワのものと考えて間違いない」と
判断したという。

 イトカワの微粒子はスプリング8や
米航空宇宙局(NASA)などに来年1月
をめどに配られ、詳細な分析に入る。

 微粒子がどれだけの熱を受けたかが
わかり、小惑星のでき方や、太陽系の成り
立ちも解明できると期待される。

 はやぶさは2005年にイトカワに着陸
した際、岩石や砂を飛び散らせる弾丸が
発射されなかったため、採取に成功したか
どうかわかっていなかった。
 今回確認されたイトカワの微粒子は、
はやぶさ本体が着陸した際の衝撃で巻き
上げられたと考えられる。
 微粒子が入ったカプセルは、今年
6月13日に豪南部の砂漠に帰還した。

 はやぶさは燃料漏れなどの影響で通信が
途絶し、一時行方不明になった。
 帰還が予定より3年遅れた。
 帰還の途中にエンジンも止まるなどの
トラブルに見舞われたが、その都度、
技術者らの機転で乗り越え、帰還にこぎ
着けた。

 宇宙機構はこの成果を、今後計画して
いる後継機「はやぶさ2」の打ち上げに
生かしたい考えだ。(東山正宜)
---------------------------------------

快挙です。すばらしい。

詳細な分析はこれからのようですが、
新しい発見があることでしょう。
期待しています。

微粒子が入っていて良かったですね。
おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨床試験を考える

臨床試験を考える
~ 福島雅典・臨床研究情報センター長

インタビュー ~
2010年11月10日付
朝日新聞東京本社朝刊から

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 朝日新聞は10月15日付朝刊1面で、
東京大学医科学研究所が、付属病院での
がんペプチドワクチンの臨床試験で発生
した「重篤な有害事象」(消化管出血)に
関する情報を、ペプチドを提供した他施設
に伝えていなかったことを報道した。

 報道に対して、東大医科研は「法的、
医学的にも倫理上も問題ない」として
反論、患者や家族からは不安の声も寄せ
られた。

 臨床試験制度に詳しい先端医療振興財団
(神戸市)の福島雅典・臨床研究情報
センター長(京都大学名誉教授)への
インタビューを通して、論点を整理した。


◇ 国際ルールにそわない日本の
「二重基準」 安全と信頼性確保を ◇

「臨床試験は人類共有の財産をつくり出す
科学事業で、法律に基づいて行われるべき
ものです。

 医薬品開発のために効果や安全性が
はっきりしない候補物質を人間に対して
用いるので、被験者の人権と安全を守る
ことが最優先であり、そのための国際法
とも言うべきものがあります。

 それが人類の誓い、世界医師会の
『ヘルシンキ宣言』=キーワード=です」


 ――宣言の目的は何でしょうか。

 「被験者の保護と臨床試験データの
信頼性の保証です。

 それを可能とするため、欧米はすべての
臨床試験を厳格な法律によって公的な
管理体制の下に置き、その成果を一般診療
に還元できるようにしています。

 それに、日本では未整備ですが、欧米
では被験者の安全と人権を守るよう、
法律で定められています」


――日本では薬の製造販売承認申請の
データ収集を目的とした臨床試験(治験)
とそれ以外の臨床試験に対する規制が
異なり、いわば二重基準=キーワード=
になっています。

 「そうです。
 ただし、後者は国際的に通用しません。
 治験は、薬の品質や安全性、有効性を規制
する薬事法と、それに基づくGCP
(医薬品の臨床試験の実施基準=
厚生労働省令)で国への届け出を義務
づけるなど国際ルールに基づいて管理
しています。

 しかし、それ以外の臨床試験は法律に
基づかない『臨床研究に関する倫理指針』
で対応しているため、事実上、野放しの
状態です。
 その結果、国際競争に耐えられないの
です」

 ――どのような不利益があるのですか。

 「薬事法に基づかない臨床試験のデータ
は薬事承認申請に使えないので、一から
治験をしなければならない。

 そのうち特許(20年)が切れてしまい
ます。
 製薬会社の手で最終的に製品化して
もらおうと思っても、市場に出る時点で
5年以内に特許が切れるような薬に企業は
手を出しません。
 薬事法に基づかない臨床試験をするから
開発が遅れるのです。
 ところが、日本の研究者の中には、面倒
な規則のせいだと考える人がいます。
 そんな人は臨床試験の土俵に上がる資格
はないのです」


 ――なぜでしょうか。

 「国際的に合意されている臨床試験
ルールに従わないことを野球に例えれば、
『審判なしでやろう』『三塁と本塁の距離
を短くすればやりやすくなる』と言って
いるのと同じです。
 もし野球で日本がそんなことをして
きたら、イチローのように国際舞台で活躍
できる選手が輩出しなかったはずです」

 「薬事法の適用を受けない臨床試験を
可能にしているのは研究者、医師の無理解
と厚生労働省の怠慢です。
 国際的に通用するように、すべての
臨床試験に薬事法を適用すべきです」


 ――倫理指針は「共同で研究する場合」
の他施設への重篤な有害事象の報告義務を
定めていますが、東大医科研は「単一施設
で行った臨床試験だから有害事象の報告
義務は負わない」と言っています。

 「米国政府の臨床試験登録サイトには
日本国内の多くの施設で行われている
がんペプチドワクチンの臨床試験の情報が
登録されています。

 東大医科研ヒトゲノム解析センターが
『コラボレーター』と記載されています。

 これは『共同研究者』と翻訳する以外に
ないでしょう。

 医科研提供のペプチドなくして他施設で
臨床試験はできないわけですから、
常識的には共同研究施設です。
 付属病院での有害事象を医科研が他施設
に伝えるのは試験物の提供者として当然
ではないでしょうか。
 さらに、製造物責任法による責任が
どこにあるのか問題になります」

――医科研病院より前に別の大学病院での
別種のペプチドを用いた臨床試験で消化管
出血例があり、医科研はそれが臨床試験に
参加する研究者間で共有されていたと
言っています。

 「有害事象や副作用に関する情報は、
研究者間で共有していればよいわけでは
ありません。

 患者さんの利益のために臨床試験をして
いるわけで、患者さんの不利益になる
可能性は患者さんに開示されて初めて意義
を持ちます。
 予想されるリスクの説明義務は
ヘルシンキ宣言にも規定されています」


――治験以外の臨床試験も公的管理下に
置くとなると、審査体制の充実が必要
ですね。

 「薬や医療機器の審査をする独立行政
法人医薬品医療機器総合機構を強化し、
現在約390人の審査担当者を少なくとも
数倍には増やす必要があります」


――なぜ大学が医薬品開発を行う必要が
あるのですか。

 「市場規模の小さい薬や、再生医療の
ように商品化が困難な場合は製薬会社が
開発したがらないからです」


 ――「治験は医者には不可能」という声
もありますが。

 「それは事実ではありません。
 橋渡しプログラムではすでに4件の治験
がスタートしています。
 このプログラムは医薬品開発で激烈な
国際競争から脱落しかけている日本の
起死回生策なのです」

-------
《キーワード》 ヘルシンキ宣言
 世界医師会が1964年にフィンランド
の首都ヘルシンキで開いた総会で採択した
「人を対象とする医学研究の倫理規範」。

 被験者への十分な説明の必要性や
被験者の自由意思による同意などが
盛り込まれている。

《キーワード》 臨床試験の二重基準
 治験は薬事法で実施前の国への届け出
義務が課され、同法に基づくGCP
(医薬品の臨床試験の実施基準=
厚生労働省令)が実施方法を詳細に
定めている。

 一方、治験以外の臨床試験を対象とした
厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」
は届け出義務を課しておらず、データの
信頼性を保証するための監視規定もない。
---------------------------------------

朝日新聞の記事に対しては、いろいろ反論
が出ているようですが、有害事象が起きた
事例が患者に共有されていなかったのは
事実。

何故なら、今回の事例は治験ではない為、
薬事法ではなく、治験以外の臨床試験を
対象とした厚生労働省の
「臨床研究に関する倫理指針」に従うこと
になり、届け出義務はなく、データの
信頼性を保証するための監視規定もない。
ということになる。

これはおかしくないでしょうか?

臨床試験に参加する研究者間で共有されて
いたとしても、肝心な患者の間での共有は
なかったと思われます。
これは重く見なければいけません。

>患者さんの利益のために臨床試験をして
>いるわけで、患者さんの不利益になる
>可能性は患者さんに開示されて初めて
>意義を持ちます。

この事実は患者の医療に対する信頼を
損ないます。

被験者の安全と人権を守る為の法律が
無ければならないと思います。

>臨床試験は人類共有の財産をつくり出す
>科学事業で、法律に基づいて行われるべき
>もの
です。

実施については、
>被験者の保護と臨床試験データの
>信頼性の保証
が必要でしょう。

>それを可能とするため、欧米はすべての
>臨床試験を厳格な法律によって公的な
>管理体制の下に置き、その成果を一般
>診療に還元できるようにしています。
こうあるべきだと思います。
今の日本の医療はこうなっていない。

加えて問題なのは、
>「薬事法に基づかない臨床試験のデータ
>は薬事承認申請に使えないので、一から
>治験をしなければならない。

>そのうち特許(20年)が切れてしまい
>ます。

>製薬会社の手で最終的に製品化して
>もらおうと思っても、市場に出る時点で
>5年以内に特許が切れるような薬に企業は
>手を出しません。

>薬事法に基づかない臨床試験をするから
>開発が遅れるのです。
薬事法に基づかない臨床試験では、
新薬開発は出来ないことになりませんか?

このことは一大事ではありませんか?

治験こそ推進すべきであり、治験を日本
国内で多く行なえるように政府はあらゆる
手を打つべきではないでしょうか?

治験が行われにくい環境になっていません
か?

日本以外で治験が行われているケースが
多くなって来ていませんか?

>国際的に通用するように、すべての
>臨床試験に薬事法を適用すべきです」
そうならないと新薬は日本からは生まれ
にくく、ドラッグラグはいつまでも改善
せず、結局被害を被るのは患者自身と
いうことにならないでしょうか?

安心して臨床試験に参加してもらえる
ような仕組みと環境作りが必要です。

治験が海外では増加し、日本では減少
しているとすれば、どこかがおかしいと
いうことです。

あるべき姿は見えているはず。
そのあるべき姿に向かって行動したい。
今のままで良いとは思えないのですから、

行動を起こさない人間は言い訳を探し、
起こす人間は実現出来る手段を探す。
この二種類の人間しかいないそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

地球温暖化から起こる海の生態系の変化を逆転の発想で防いで行きたい

地球温暖化から起こる海の生態系の変化を
逆転の発想で防いで行きたい

2010年11月14日放送 夢の扉より

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 今や私たちの食卓に欠かせない養殖魚。
 しかし、近年は養殖魚を新しい魚病が
襲い、養殖業者の倒産が相次いでいます。

 その苦境を救おうと立ち上がったのが、
養殖王国・愛媛に移り住んだ夫婦の
研究者。

 三浦教授夫妻は、2人3脚の研究で、
サンゴを食い荒らす海の嫌われもの・
オニヒトデから、魚を病気に強くする魔法
のエキスを発見!

 このエキスで魚のエサを作り、日本の
水産界を救いたいといいます。

 果たして三浦先生たちは夢の扉をこじ
開けることができるのでしょうか?
---------------------------------------

面白い話でした。

本来なら珊瑚を食い荒らす悪者。
そのオニヒトデの出す粘液が魚の免疫力を
高めるという。
常識にとらわれないその姿勢。
素晴らしいと思いました。
逆転の発想を越えます。

発見は思いがけないところにあるの
ですね。ホント。

魚のいろいろな病気にも、ひょっとしたら
人の免疫力を高めることにも寄与するかも
知れない。

こういうことがあると研究は止められなく
なりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族で支える親介護 今から考える自分の老後

家族で支える親介護 今から考える
自分の老後

DIAMOND online plus

詳細は、リンクを参照して下さい。

まだ時期的には早いのですが、
そうだな~、とか思い始めてます。

「老後を考えることは自分の
リスクマネジメントをすること」
です。

リビングウイルもそうですが、
考えは明確に整理しておかないと
いけませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

光を運動エネルギーに変える新高分子素材の開発に成功

光を運動エネルギーに変える新高分子素材
の開発に成功
―世界で初めて分子を大面積で3次元的に
配列させ、新機能を実現―

平成22年11月5日
独立行政法人 理化学研究所

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 自然界には、機能分子を階層的に集積し、
究極の階層構造を作り上げ、複雑な機能を
実現している生物や生体組織が数多く
見られます。

 例えば、筋肉組織では、運動単位である
「アクチン」と「ミオシン」からなる
筋収縮の最少単位「サルコメア単位」が
一方向整列して「筋原繊維」を形成し、
巨大な筋肉の運動を引き起こしています。

 光で変形したり、電子を流すなどの機能
を持った分子を、人工的に規則正しく
大面積で集積することができると、機能性
材料の性能向上や革新的新機能の発現に
つながるため、世界中で精力的に開発が
行われていますが、これまで実現させた
例はありませんでした。

 基幹研究所機能性ソフトマテリアル研究
グループのエネルギー変換研究チームらは、
光で構造が変化するアゾベンゼン分子を
組み込んだブラシ状の高分子
「ポリマーブラシ」を、大面積で3次元的に
一挙に配列させる手法の開発に初めて
成功しました。

 この規則性のある3次元集積構造は、
延伸したテフロンシート(テフロンRは
デュポン社の登録商標です)にポリマー
ブラシを挟み込み、アイロンに似た熱と
圧力を加えるという、いたって簡単な操作
で実現しました。

 さらに、このフィルムに光を当てると、
アゾベンゼン分子の構造変化が一方向に
集約し、フィルムが湾曲するという巨視的
変形を引き起こすことを見いだしました。

 すなわち、この新しいフィルムは
光エネルギーを運動エネルギーに変換する
機能を持っており、新たな人工筋肉材料
などへの展開が期待されます。

 また、本技術は有機薄膜太陽電池を
はじめとする次世代の機能材料の開発にも
革新をもたらすと期待されます。
---------------------------------------

>本技術は有機薄膜太陽電池をはじめと
>する次世代の機能材料の開発にも革新
>をもたらすと期待されます。
と言ってますが、

光エネルギーを運動エネルギーに変換する
ことができたということが、
いまいち、どの程度インパクトのある開発
だったのか良く理解できません。

この開発そのものではなく、
次世代の機能材料の開発に大きな影響を
与えうるということかな?

>光で変形したり、電子を流すなどの機能
>を持った分子を、人工的に規則正しく
>大面積で集積することができると、機能性
>材料の性能向上や革新的新機能の発現に
>つながるため、世界中で精力的に開発が
>行われていますが、これまで実現させた
>例はありませんでした。
ということですから、

これからに期待というところですね。


人工筋肉ではありませんが、こういう
記事もありました。参考まで、
光で麻痺した手足を動かすことが
できる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

抄紙技術を応用した排ガス浄化装置の開発に成功

抄紙技術を応用した排ガス浄化装置の
開発に成功

平成22年11月10日
科学技術振興機構(JST)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 JST(理事長 北澤 宏一)は
このほど、独創的シーズ展開事業・
委託開発の開発課題「湿式抄紙製法による
排ガス浄化装置」の開発結果を成功と認定
しました。

 この開発課題は、九州大学 大学院農学
研究院 北岡 卓也 准教授と株式会社
エフ・シー・シーとの共同研究成果を基に、
平成18年10月から平成22年7月に
かけて株式会社 エフ・シー・シー(代表
取締役社長 住田 四郎、本社住所 静岡県
浜松市北区細江町中川7000番地の36、
資本金41億円)に委託して、企業化開発
(開発費 約4億円)を進めていたもの
です。

 現在、環境問題の深刻化に伴い、自動車
や自動二輪車などの内燃機関の排ガス規制
が厳しさを増しており、この規制に対応
するため排ガス浄化装置にはハニカム
(蜂の巣)構造のセラミックスや
ステンレスに三元触媒注1)
(白金、パラジウム、ロジウムの貴金属)
をコーティングしたものが使用されて
います。

 一方、世界的に自動車や自動二輪車の
生産は拡大の一途をたどり、それに伴い、
触媒用の貴金属の使用量も増加しています。

 限られた資源である貴金属の使用量を
減らすことは資源保護や安定供給の面から
喫緊の課題となっています。

 今回開発した排ガス浄化装置は、
セラミックス粉末にパルプを加えた原料を、
手すき和紙などを作るように紙のシート状
にしてから(湿式抄紙製法注2))、巻き
取ってハニカム状に成形・焼成し、
パラジウムとロジウム触媒を加えたもの
です。

 この方法では、紙のように細孔をもつ
多孔質体を形成できるため、多孔質の構造
特性によって排ガスと触媒との接触機会が
増えて、反応効率が高まることが期待され
ます。また、従来の貴金属触媒は高温で
劣化し、浄化性能が低下する問題があり
ましたが、耐熱性の高い
マグネトプランバイトの表面にパラジウム・
ロジウム触媒をのせ、ハニカム構造体に
コーティングすることで、高温でも浄化性能
を維持することが可能となりました。

 その結果、白金を用いずに、さらに、
これまでの約半分の貴金属量である
25g/feet3(0.88g/L)
以下で、現在の世界基準である欧州自動
二輪車の排ガス規制EURO3注4)を
クリアすることができました。

 この新技術を自動二輪車や汎用機などの
排ガス浄化装置に用いることで、貴金属
使用量を減らし、かつ大気汚染の抑制へ
つながります。
 また、水素製造触媒、光触媒などへの
展開も期待されます。
---------------------------------------

良さそうですね。

抄紙技術を応用した。
というのは、古来からの日本技術の応用
ということで、
技術も繋がっていくものなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「FOXM1」遺伝子による組織の異常増殖、ヒトの細胞で初めて確認 英研究

「FOXM1」遺伝子による組織の異常増殖、
ヒトの細胞で初めて確認 英研究

2010年11月10日 AFP BBNews

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 さまざまながん細胞にみられる「FOXM1」
という遺伝子がヒトの幹細胞に入ると、
細胞組織の異常増殖を起こすことを確認
したとの論文が9日、医学誌
『Cancer Research』に発表された。

 FOXM1は、初期のがんにみられる細胞増殖
を引き起し、紫外線や喫煙はFOXM1のレベル
を上げることが知られている。

 英ロンドン大医科歯科学校(Institute
of Dentistry at Barts and the London
School of Medicine and Dentistry)の
ムイテック・テー(Muy-Teck Teh)氏らの
研究チームは、成人の口腔から採取した
幹細胞を使って立体的に培養した組織に、
通常より高レベルのFOXM1を注入して観察
した。

 その結果、FOXM1を入れていない細胞組織
よりも厚みが増し、幹細胞内でFOXM1遺伝子
が過剰になると、前がん状態でみられる
異常増殖と似た現象が起こることが確認
できたという。

 マウスを用いた実験でも同様の結果が
確認されていたが、ヒトの幹細胞を用いて
異常増殖が確認できたのは今回が初めてだ
としている。

 だが、なぜ人間のがん細胞にFOXM1がある
のか、そして、がん細胞のなかで
どのように働いているのかは分かって
いない。

 体内のFOXM1レベルを調べる方法は
まだないが、がんの形成段階における
FOXM1の働きが解明されれば、がんの進行
を初期段階で食い止める薬品の開発に
つながると、研究者たちは期待している。
---------------------------------------

>「FOXM1」遺伝子による組織の異常増殖が
>初めてヒトの細胞で確認できた。
という報告のようです。

確かに悪い働きをするらしいことは確認
できたが、まだその由来も、がんの
形成段階における働きも、解明されて
いない。
もし、解明できれば、、
ということらしい。

これからですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユトレヒト大学病院で、世界初の新乳がん治療法テスト開始

ユトレヒト大学病院で、世界初の新乳がん
治療法テスト開始

2010年11月9日 「ポートフォリオ」

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 オランダ、ユトレヒト大学病院(UMC)では
来月から集束超音波による乳がん治療実験
を開始する。

 最初は良性腫瘍の女性に試されるが、
2-3年後には乳がん患者の治療に使われる
ようになる。
 ユトレヒト大学病院はこの治療方法の
研究では世界初だという。

 この治療法は、MRI装置で映し出された
腫瘍を、MRI装置に特別に設置された
集束超音波 (Focused Ultrasound)で腫瘍を
60-90度に温めることにより腫瘍細胞を殺す
という方法である。
 腫瘍細胞は活動が止まってから体内から
取り出す。

 超音波による治療は身体への負担が
少なく手術時間も短い。
 しかし従来の放射線治療も同時に進行
させることは必要だという。

 オランダでは9人に1人が乳がんにかかる
というほど罹患率が高い病気である。
 ちなみにUMCではすでに子宮筋腫の治療に
この集束超音波を使用している。
---------------------------------------

良さそうですが、ガン細胞が熱に弱いと
言う話は良く聞くことで、
なんでこの方法が世界で初めてなのかな?

集束超音波装置が一般化していないから?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メルシャン、ポリフェノール「レスベラトロール」が海馬の神経細胞を活性化・再生させるメカニズムを解明

メルシャン、
ポリフェノール「レスベラトロール」が
海馬の神経細胞を活性化・再生させる
メカニズムを解明

2010年11月08日 マイライフ手帳@ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 メルシャンが2007年から研究を支援して
きた、名古屋市立大学大学院 岡嶋研二教授
が、「赤ワインに含まれるポリフェノール
である「レスベラトロール」が認知機能を
維持するメカニズムを解明」した。

 これは、適量の「赤ワイン」を飲むと
「赤ワイン」中に含まれる
「レスベラトロール」が胃を刺激し、海馬
の神経細胞を再生させ認知機能を向上
させることで知られている物質
「インスリン様成長因子-I(IGF-I)」を
体内で多く作り出すことで脳の働きを促す
というもの。

 「インスリン様成長因子-I(IGF-I)」
は、細胞の生存、再生、分化増殖、さらに
獲得した機能の維持などに重要な役割を
担っており、心血管保護作用を有するほか、
海馬の神経細胞再生による認知機能向上、
抗うつ、糖代謝改善、高脂血症改善、
さらに育毛や肌の弾力性を増加させるなど
の作用を有することが知られている。

 なお、同研究成果は、栄養化学雑誌
「The Journal of Nutritional
Biochemistry」に掲載される他、
2011年7月16日から21日にパリで開催される
学会「Alzheimer's Association
International Conference on
Alzheimer's Disease(AAICAD) 2011」
でも発表する予定だ。
---------------------------------------

>1日にグラス2杯程度(250-500ml)の
>ワインを飲む人は、飲まない人に比べて、
と言ってます。

適量っていってもかなり多量という感じが
しないでもないですが、この程度なら
赤ワインが身体によいということらしい
です。

ご参考まで、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

急速に進む医療現場でのiPad活用---日経メディカルの二羽記者

急速に進む医療現場でのiPad活用
---日経メディカルの二羽記者

(高橋 信頼=ITpro) [2010/11/12]

詳細は、リンクを参照して下さい。

毎度紹介していますので、今回はリンク
のみとします。

>「iPadに続く新しい情報機器が
>これからも登場する。
>これらの機器が、医療現場での
>情報活用だけでなく、診療自体も
>変えていくだろう」(二羽記者)
そう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農業の次の技術革新のサイクルを担うのはバイオテクノロジー

農業の次の技術革新のサイクルを担う
のはバイオテクノロジー

2010年11月08日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 先週、米国DuPnt社のChief Innovation
Officerの Thomas Connelly氏の
インタビューを行いました。

 インタビュー中にいくつも驚かせられ
ましたが、本日は前文繋がりで、農業の
ことをご紹介いたしましょう。

 「08年から10年間で、農作物(ダイス、
トウモロコシ)の収量を40%以上増加
させる」(Connelly氏)。

 TPPで日本の農業を鎖国して保護しろ
なんて叫んでいる時代遅れの政治家達が
白目を剥いて気絶しそうな数字ですが、
同氏は実に当たり前のように実行可能で
あると説きました。

 まず、伝統的な交配育種技術で毎年収量
1%増は可能だ。
 そして、DNAマーカー育種による育種期間
短縮で年2%の増収、更に耐病性、耐虫性、
窒素固定能力改善、乾燥耐性などの農業
遺伝形質の導入で年間3%の増収を実現
できると言うのです。
 これを全部足すと10年間で60%の増収に
なってしまいますから、まずは10年間で
40%以上は堅い数字だと印象付けました。
 実際にDuPont社のウェブサイトでも、
これは宣言しておりますので、必ずやり
遂げる自信があるのです。

 つまり、今、農業は新たな技術革新の
時代に入ったのです。

 灌漑、交配育種、化学肥料や農薬、
ハイブリッド種子など、収穫量を飛躍的に
増加させた技術革新によって、地球の人類
は養われていました。

 今、中進国や発展途上国の経済の離陸
による、人口問題の解決には尚一段と農業
の技術革新が必要です。

 バイオテクノロジーが農業の次の技術
革新のサイクルを担うことがここまで明白
になったことを私たちは直視しなくては
なりません。

 世界で一番、組み換え農産物を輸入し、
食べているのに、「組み換え農産物は
食べていないという幻想」を与える政府や
大企業の愚民政策を即刻止めにしなくては、
私たちは、農業の技術革新に乗り遅れ、
我が国の農村や山河の雇用を奪い、食料の
安全と安心を確実に損なうことになります。

 農業には今、技術革新が起きています。

 投資すべき時です。

 但し、重要なのは農民の所得保障だけ
ではなく、今後、私たちの食の安全と安心
を守り、世界と競争できる農業の担い手に
対する支援なのです。
 既得権の打破がここでも必要です。
 企業参入も重要な争点です。

 前から何回も申し上げていますが、TPPを
絶好の機会として、農水省が食糧省に看板
を掛け替えられるか?
 先行するスカンジナビアの諸国は農民の
生活だけでなく、国民の食を守る官庁
として機能を転換しております。

 農業人口がこれから老齢化で急速に消滅
することを認識して、早急に農水省自体の
機能を転換しないと、まったく不要な省
として、仕分けされるか、総務省に吸収
されるか?
 ろくな未来はないことを認識しなくては
なりません。

 皆さんはどう思われますか?
---------------------------------------

かなり過激な意見のようですが、保護政策は
必ず行き詰まります。

個別保障をしたところで、たかが知れて
います。

現状では農業の次の担い手になる人は
少ないでしょう。

未来が見えないところに手を上げる人は
いません。

今こそ、転換が必要なのです。
鎖国はあり得ません。
貿易立国でしか生きて行く道はないのだと
思うのです。

勇気を持って挑戦するしかないのです。
内向きでは駄目です。
外に向かって出て行くのです。
世界は広い。

挑戦を後押しする政策が必要なのです。

良いとか、悪いとかいっているうちに、
世界はどんどん変化しているのです。
そのことを認識しないととんでもない
ことになります。

そんなに遠い将来でなく、世界は食糧不足
になります。
その時慌てても遅いのです。

考えて見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご飯1日3杯の女性、糖尿病リスク1.5倍

ご飯1日3杯の女性、糖尿病リスク
1.5倍

(2010年11月12日14時42分 読売新聞)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 1日にごはんを3杯以上食べる日本人
女性は糖尿病の発症率が高いことが、国立
がん研究センターなどによる6万人規模の
追跡調査でわかった。

 炭水化物を多量に摂取すると発症率が
高まることは知られているが、米食と
糖尿病との関連を大規模に調べたのは
初めて。

 岩手や長野、茨城、沖縄など8県在住の
45~74歳の男女約6万人を対象に、
1990年代初めから5年間にわたり追跡
調査した。
 このうち1103人(男性625人、
女性478人)が糖尿病になった。

 米飯の摂取量との関連を調べたところ、
女性の場合、1日に茶わん3杯を食べる
グループは、糖尿病の発症率が1杯の
グループに比べて1・48倍に、
4杯以上だと1・65倍になっていた。

 ただ、肉体労働やスポーツを1日1時間
以上行うグループは、摂取量と発症率に
目立った関連はなかった。

 男性の場合、女性に比べて摂取量との
関連は小さいが、運動しない人の発症率は
高まる傾向にあった。

 米を多くとる女性の生活習慣などが
糖尿病を引き起こしている可能性もあり、
今回の調査からは、米が糖尿病の原因に
なっているとは断定できない。

 データを解析した国立国際医療研究
センターのチームは「米飯を含む食習慣
全体をバランスよくすることが大切だ」
と勧めている。
---------------------------------------

ふ~ん。
ちょっと困りましたね。
これで又、お米の消費が減るかも?

>今回の調査からは、米が糖尿病の原因に
>なっているとは断定できない。
とは言ってますけどね。

「お米を沢山食べている代表は、おすもうさん
ですが、意外と幕内力士になると糖尿病発症
するものは少ないそうです。
日本人40歳以上の糖尿病発症率15.8%
(厚生労働省 2002年調査)より小さい
そうです。
 特に幕内力士に限ってみると糖尿病は
数名ということです。」

運動してますからね~

「米飯を含む食習慣全体をバランスよく
することが大切だ」
ということですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ハエの足、汚れると滑るから 足擦りは毛のお掃除

ハエの足、汚れると滑るから
足擦りは毛のお掃除

2010年11月10日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「やれ打つな 蠅(はえ)が手をすり
足をする」と小林一茶がうたったハエの
「足擦り」。

 上司へのごますりにも例えられる
こうした行動は、天井や壁にとまった昆虫
が足の滑りやすさを敏感に感じて、足の
汚れをぬぐう毛繕いだった。

 こんな研究成果を、茨城県つくば市に
ある独立行政法人の物質・材料研究機構が
9日、発表した。

 ハエや甲虫の仲間のハムシなどの足の先
には無数の剛毛がある。
 それを壁や天井の表面の凹凸に密着させ、
上下左右に自由に動き回っている。

 同機構ハイブリッド材料センターの
細田奈麻絵グループリーダーらは、凹凸を
つけた樹脂板にハムシを乗せ、センサーを
引っ張らせた。
 凹凸の高さが数十ナノメートルほどだと、
ハムシは剛毛をへこんだ部分まで密着させて
センサーを引っぱることができた。
 だが、高さが100ナノメートル以上に
なると、剛毛はへこんだところまで届かず
に表面に密着する面積が小さくなり、
滑って引っ張れなかった。

 滑りを感じたハムシは、足が汚れていない
にもかかわらず、しきりに足擦りを
繰り返した。
---------------------------------------

なるほど。面白い。

ハエも、ハムシも無駄なことはしない。

その意味がやっとわかった。
足の汚れをせっせと落としていたんだと、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫外線を可視光線に変える新材料を開発

紫外線を可視光線に変える新材料を開発
2010.11.10配信 sciencenews

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 秋田大学の研究チームが、紫外線を
吸収し、可視光線に変換する新材料を開発
したことを発表しました。

 太陽光に含まれる紫外線は発電に寄与
しないばかりか、素子を保護するための
パネルを劣化させます。

 新材料が実用化されれば、太陽電池の
効率向上と、長寿命化が期待できます。
---------------------------------------

良いですね。
期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DNAを用いた革新的なバイオセンサー技術 - 富士通研究所

DNAを用いた革新的なバイオセンサー技術
- 富士通研究所

12 NOVEMBER 2010 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 富士通研究所とミュンヘン工科大学の研究
グループは、DNAを利用してタンパク質を
計測するという、今までにない全く新しい
バイオセンサー技術を開発した。

 今回開発した技術では、測定時間を従来の
100分の1に短縮でき、かつ100分の1の
サンプル量で精度の高いタンパク質の計測が
可能になっている。
---------------------------------------

頑張ってますね。けれど、

気になるのは、

"今後の展開については、残念なことに
日本でのビジネスの展開は少し難しい環境
にありましたので、人工抗体に関しては、
今年の4月からシンガポールに研究拠点を
移して、ビジネストライアルを始めました。

 信号変換器の部分に関しては、
ミュンヘン工科大学と一緒に研究を進めて
いるという背景から、ミュンヘン工科大学
発ベンチャーということで、この11月に
会社を作って、R&Dの分野ですけれども、
そこから出発してビジネストライアルを
開始しようという段階です。"

と言っています。

日本ではビジネスが出来ない。
ビジネストライアルが出来ないという
事実です。

新しいビジネスが育つ環境がない。
何故でしょう?
何が違うのでしょうか?

政治家はどう思っているのでしょうか?
これで、経済発展が見込めるのでしょうか?
新しい分野、この種の分野で、どんどん
出て行ける環境がなければ、経済発展など
見込めないと思うのですが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

脳の難病「モヤモヤ病」原因遺伝子突き止めた

脳の難病「モヤモヤ病」原因遺伝子
突き止めた

(2010年11月4日22時40分 読売新聞)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 脳の難病とされ、脳卒中を高い確率で
引き起こす特定疾患「モヤモヤ病」の
原因遺伝子を東北大大学院の呉繁夫准教授
(小児病態学)らのグループが世界で
初めて突き止めた。


 これにより、検査での早期発見が可能に
なった。

 4日、日本人類遺伝学会の国際誌
「ジャーナル・オブ・ヒューマン・
ゲネティクス」の電子版に掲載された。

 モヤモヤ病は、閉塞した脳底部の動脈の
周辺に細かい血管ができることによって
脳内の酸素や栄養が欠乏していく病気で、
頭痛や運動障害などを引き起こす。
 進行すると脳卒中など深刻な事態に至る
こともある。

 呉准教授らは、患者70人とこの病気の
家族がいる約20家系から取り出した遺伝子
と、健康な人の遺伝子を比較。
 約7割の患者の同じ染色体に特有の
遺伝子変異があるのが確認された。
---------------------------------------

少しずつ解明されていきます。

前にも書いたと思いますが、多分難病と
言われている疾患の殆どは遺伝子異常から
来るものと思われます。

以前投稿した
次世代シークエンサーで、日本人の
全ゲノム配列を包括的解析

のように遺伝子解析は進んでおり、
身近なものとなりつつあります。

少なくとも、遺伝病ではないかと疑われて
いる難病については、その原因遺伝子の
特定は急速に進むのではないかと
思われます。
根治治療への第一歩です。

進んで欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー、季節と時間を超える排熱利用に挑む 環境負荷はまだ減らせる

サントリー、季節と時間を超える
排熱利用に挑む 環境負荷はまだ減らせる

2010/11/4 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 サントリーのミネラルウオーター製造
拠点の1つ、「サントリー天然水奥大山ブナ
の森工場」(鳥取県江府町)は、大山の
中腹に位置する。
 山陰の豪雪地帯で、多い日には2~2.5mの
積雪があるという。

 駐車場にも雪が降り積もるため、除雪
しなければ従業員の通勤すらおぼつかない。
 だが、雪を捨てるにしても、かなりの
スペースが必要だ。

 そこで、工場内に断熱効果の高い
「雪室(ゆきむろ)」を造った。
 容積614m3(立方メートル)で260tの雪を
半年以上ためられる。
 積雪という障害をむしろプラスに転換
するためだ。

 冬は雪氷から取り出した冷水を生産設備
の冷却に用いることで消費電力を抑える。
 さらに、温かい排水を雪室に通水して
温度を下げてから放水することで環境負荷
を減らせる。

 春先の雪は夏までためておいて、空調や
設備の冷却に用いる。
 雪室は年に3.6回転。
 冬から夏まで「当初の想定よりも多く
使っている」
(サントリーホールディングス・エコ戦略部
の内藤寛課長)状況だ。

 こうした季節を越えた未利用熱の活用で、
冷房や冷却に伴う消費電力を抑え、年間
約10tの二酸化炭素(CO2)削減に
つながった。

以下省略、概略のみとした。
-------
・排熱をタンクに蓄え、安定供給
 このシステムの導入により、年間約400t
 のCO2削減が可能になった。
  これは工場全体のエネルギーの4%に
 当たるという。

・LNGの気化熱で冷却
 液化天然ガス(LNG)を主に使っている。
  LNGの気化に伴う冷熱は一般的には
 大気に放散されるが、同工場ではこの
 気化熱を利用して冷水を製造する装置も
 導入した。
---------------------------------------

良い試みと思います。

こういう企業を見習って、環境にやさしい
企業が増えてくると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アナログ映像、70倍速でハイビジョンに NEC

アナログ映像、70倍速でハイビジョンに
NEC
放送局向け技術、防犯カメラに応用も

2010/11/9 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 NECは解像度の低い映像を短時間で
高精細に復元する画像変換技術を開発した。

 アナログ放送の1時間番組だと約10時間で
フルハイビジョン(HD)画質に変換でき、
従来の約70分の1の処理時間ですむという。

 防犯カメラ映像の高精細化などにも使える
見通し。
 まず、放送局向け技術として、2~3年後
の実用化を目指す。

 解像度の低い映像をそのまま高解像度の
画面に映すと、映像が拡大されて、
色がぼけたり、ちらつきなどのノイズが
出たりする。
 画像処理で解像度を復元できれば、
くっきりした映像になる。

 映像を構成する複数のコマの情報から、
高精細な1つのコマを復元する
画像処理方式を採用した。
 スポーツ番組など動きの速い映像でも
くっきり復元できる。

 この方式は画像処理に時間がかかり、
従来は1時間の動画をフルHDに変換する
のに1カ月以上必要だった。
 NECは計算方法を改良し、約10時間で
変換可能にした。

 スポーツ番組やドラマといった過去の
アナログ番組もフルHDに変換して放送
できる。
 防犯カメラの映像に適用すれば犯人の
特徴などを正確に割り出せるようになる。

 将来的には個人がパソコンなどに
組み込んで使えるように改良していく。
---------------------------------------

良いですね。

昔のアナログ映像も再利用できるし、

>防犯カメラ映像の高精細化などにも使える
>見通し。
というのも良いですね。

防犯カメラの映像はだいたい不鮮明なもの
が多いですから、犯罪捜査に役立つ。

期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

NTTドコモ、高速携帯通信サービス12月開始 5ギガまで月6510円

NTTドコモ、高速携帯通信サービス
12月開始 5ギガまで月6510円

2010/11/8 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 NTTドコモ(9437)は8日、通信速度を
現在の5~10倍に高めた高速携帯通信
サービス「Xi(クロッシィ)」を
12月24日から始めると発表した。

 まずUSB型の通信カードを発売。
 パソコンなどに接続すれば外出先で
高精細映像を有線ネットワークなどと同様
に楽しめる。
 2011年後半には音声にも対応した端末を
投入する予定だ。

 高速通信方式「LTE」を使う。
 料金は5ギガ(ギガは10億)バイトまで
の利用で月額6510円。
 2年間の契約が条件となる。
 5ギガを超えると追加料金が発生するが、
現状では「フォーマ利用者の99%は5ギガ
以内でほとんどのお客様には影響しない」
(山田隆持社長)という。

 まず東京・名古屋・大阪の3地域で先行
提供。
 2011年度中に県庁所在地級の都市に、
12年度中には全国主要都市まで広げる。
 山田社長は発表会で「14年度に人口
カバレッジ率70%を目指したい」と
述べた。〔日経QUICKニュース〕
---------------------------------------

携帯の通信どんどん早くなりますね。

LTE[ Long Term Evolution ]
第4世代(4G)の一歩手前という意味
から「3.9世代(3.9G)携帯電話」とも
呼ばれる。

>NTTドコモが今年12月24日に開始する
>LTEサービス「Xi(クロッシィ)」
>は、最大速度が下り毎秒37.5メガビット
>(屋内など一部は毎秒75メガビット)、
>上り毎秒12.5メガビット
>(一部は毎秒25メガビット)。
だそうです。

月6510円ならば妥当かな?
まだ高いような気もしますが、

今のFOMAが5Gを越えていない
にしても、スマートフォンの場合は
どうなのかな?

高速になるのは良いけれど、
通信料が恐ろしい。

関連記事
[他事業者動向]2012年から続々開始
もっとよく知るLTE(10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフリカの地雷探知にネズミが大活躍

アフリカの地雷探知にネズミが大活躍
2010.09.09 cnn.co.jp

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
(CNN) 内戦で大量の地雷が埋められ
多くの犠牲者が出ているアフリカで、
ネズミが地雷の探知に活躍している。

 タンザニアで教員の仕事をやめ、7年前
からネズミを使った地雷探しに従事している
ニコ・ムシさん(32)も、最初は懐疑的
だったという。

 しかし初めてモザンビークの地雷地帯に
出かけた初日だけで、ネズミは16個の
地雷を探知。
 それまで嫌われ者だったネズミに対する
地元の人たちの見方も変わったという。

 地雷発見に使われるアフリカ原産のネズミ
は、ベルギーの非政府組織APOPOが
訓練に当たっている。
 このネズミは地雷を嗅ぎ分けられるだけ
でなく、熱帯病にも強く、体重が軽いため
地雷を爆発させずに済む。
 また、訓練費が1匹あたり
6000ユーロ(約64万円)と、犬に
比べて3分の1程度のコストで済み、輸送
しやすいという利点もある。

 モザンビークでは1992年まで続いた
内戦で多数の地雷が埋められた。
 2008年から09年にかけて、約30匹
のネズミが400個近い地雷などを探知
したが、国連によれば、09年の時点で
地雷除去が必要な土地はあと960万平方
キロメートル残っているという。

 地雷禁止を訴える国際団体によると、
1999年から2009年にかけ、世界で
7万3576人が地雷により死傷した。
 07に実施したキャンペーンの統計では、
死傷者5426人のうち、アフリカ
24カ国での犠牲者が約5分の1を
占めるという。

 APOPOはいずれ、アンゴラなどにも
ネズミを投入したい意向。
 地雷のほかに結核やガス漏れなどの発見、
がれきの中からの人命救助といった分野
での活躍も期待されている。
---------------------------------------

ネズミの写真クリックしてください。
スライドショーが見られます。
是非見てください。かわいいですよ。

少し古い話ですが、私知りませんでした。

ネズミが役に立つとは考えもつかなかった。
こんなことができることを考え出し、
実際に実行した人はすごいですね。

テレビでは、ガンもかぎ分けるようなこと
も言ってましたが、すごいです。

素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

過払い金カットの切り札か!? 武富士の再建策に高まる批判

過払い金カットの切り札か!?
武富士の再建策に高まる批判

2010年11月9日 週間ダイヤモンド

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 9月に会社更生手続きの申し立てをした
武富士の再建スキームに注目が集まって
いる。

 今回の手続きは、武富士に有利過ぎる
のではという指摘が高まっているからだ。

 武富士は、10月31日から債権届け出の
受付を開始。
 これは、利息制限法以上の金利で借りた
ことがあり、過払い利息返還請求権を
持っている人に対し、期間内に債権者
として届け出るよう呼びかけるもの。

 対象者は最大で200万人を超え、過払い
利息は2兆円を超える見通しだ。

 会社更生手続きで届け出を受け付ける際、
権利を有する全員に手紙などで通知する
のが通常。
 ところが今回、武富士は広告やCMで
告知するだけで全員には通知しない方針だ。

 その理由について小畑英一管財人は、
「過去に借金していたことが家族にばれて
しまった場合など、膨大なクレームが発生
する可能性があるから」と述べている。

 これに一部の弁護士たちがかみついた。
 というのも全員に通知しなければ、
知らないうちに権利を失ってしまう人が
出てくるからだ。
 そもそも全員に通知しない場合には、
届け出なくても失権しないとの考え方が
あるくらいだ。

 しかし、東京地方裁判所は武富士の方針
を認めそうだ。

 そうすれば「過払い利息返還請求権を
持つ人の犠牲の下に、新スポンサーの
なり手が出やすくなるからだ」と一部の
弁護士は指摘する。

 届け出ない人を失権させられれば、
債権をカットできて武富士の再生は非常に
有利となる。
 それがゆえに「過払いロンダリング」と
批判されているのだ。

 今後、手続きがどのように進むのか
不透明だが、期限である来年2月28日を
過ぎてしまうと、失権してしまう可能性が
高いから注意が必要だ。
---------------------------------------

>「過去に借金していたことが家族に
>ばれてしまった場合など、膨大な
>クレームが発生する可能性があるから」
>と述べている。
なんかおかしい理屈のように思えます。

「過払いロンダリング」と批判されて
当然のような気がします。

>東京地方裁判所は武富士の方針を認め
>そうだ
裁判官というのは、庶民の味方ではない
のだと考えたくなる。

どうなんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが中国に依存しないモーターだ

これが中国に依存しないモーターだ
レアアースを使わない電気自動車の
可能性が見えた

2010年11月5日 日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「ここまで苦労するとは思わなかった。
 しかし、ついに、磁力がネオジム磁石の
10分の1しかないフェライト磁石を使って、
同等の出力を出すモーターの開発に成功した」

 そう語るのは、北海道大学の竹本真紹
准教授である。

 現在、竹本准教授が研究開発に取り
組んでいるのが、レアアース(希土類元素)
を使わない電気自動車(EV)や
ハイブリッド車(HEV)用のモーター、
「フェライト磁石を用いた3次元モーター」
だ。

 新エネルギー・産業技術総合開発機構
(NEDO)は、2007年度より5カ年計画で、
「次世代自動車用高性能蓄電システム技術
開発事業」を開始。
 その一環として、レアアースを使わない
次世代自動車用モーターの研究開発を推進
している。

 現在、7つのプロジェクトが進行中で、
その中の1つが、竹本准教授が研究開発を
進めている「フェライト磁石を用いた
3次元モーター」プロジェクトである。

 現在のフェライト磁石の主な用途は
吸着用や小型モーター用である。
 子供がよく遊んでいる棒磁石も
フェライト磁石だ。
 身近な磁石の1つであることには間違い
ないが、パワーの面でネオジム磁石と
比べると、スーパーカーと軽自動車ほどの
差がある。

 ネオジム磁石の代わりにフェライト磁石
を使って、同等の性能を出すことなど
果たしてできるのだろうか――。

 通常、モーターは磁石によって発生する
「リラクタンストルク」と
「マグネットトルク」という2種類のトルク
を利用して回転している。

 リラクタンストルクとは、簡単に言えば、
磁石が鉄などを引きつける力を利用した
トルク、一方、マグネットトルクは、
N極とS極が互いに反発したり吸引したり
する力を利用したトルクだ。
 この引きつける力と、反発・吸引する力
の2種類を利用して、モーターを回転させて
いるのである。

 しかしながら、通常、磁力の強い
ネオジム磁石を使ったモーターの場合、
マグネットトルクが高いため、
リラクタンストルクはあまり利用せず、
約8割をマグネットトルクに頼っている。
 その方が、モーターの構造が簡単で、
製造コストを低く抑えられるからだ。

 「しかし、フェライト磁石を使うとなる
と、リラクタンストルクの割合を5割に
引き上げる必要があるだろう」。
 竹本准教授はこう考えていた。

 竹本准教授はひらめいた。
「フェライト磁石がコイルの磁力線に強い
のであれば、大電流を流すモーターにも
使える。しかも、それだけではない。
 この特性を生かせば、逆に
リラクタンストルクとマグネットトルクの
両方を同時に上げることができる」。

 「この発見が、個人的にはこの
プロジェクトの最大の成果だった」と竹本
准教授は振り返る。

 その結果、たどり着いた答えが、
フェライト磁石を表面に出し鉄心を交互に
配置するという回転子の構造だった。

 こうして、3年間の試行錯誤の末、竹本
准教授がたどり着いたのが、下の写真の
ような構造のモーターである。
Photo
竹本准教授が開発した「フェライト磁石を
用いた3次元モーター」の回転子の部分

 コイルが巻かれた2つの固定子が、
回転する部分である回転子を両側から
挟み、その間でトルクを発生させる。
 ユニークな点はもちろん、回転子が
フェライト磁石と鉄心が交互に組み込ま
れた構造になっていることと、鉄心に
圧粉鉄心を使っていることだ。

 2010年夏には、従来のネオジム磁石を
使ったモーターと同等の50キロワットの
出力を達成。一方、トルクは従来の
ネオジム磁石を使ったモーターに対し、
約75%の性能にまで迫ることができた。

 「モーター形状のさらなる最適化を図る
ことで、2号機では80~85%までは上げたい」
 竹本准教授は意気込む。

 このフェライト磁石を用いた
3次元モーターが、次世代自動車に搭載
されるのは、かなり先のことになるだろう。

 しかしながら、元来、検討されたことも
なかったフェライト磁石が、次世代自動車
のモーターになりうるということを示せた
という点で、竹本准教授の挑戦は意義深い
と言えるだろう。
---------------------------------------

心強い成果ですね。

ただ、ネオジム磁石を使ったモーター
に比べると、多分サイズが大きくなると
思われます。

>次世代自動車に搭載されるのは、
>かなり先のことになるだろう
とのことですが、どの位先になるので
しょうか?

その際乗り越えなくてはいけない課題は
どの位残されているのでしょうか?
気になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レアアースの代替材料開発 戦略的に優先順位を編集委員 久保田啓介

レアアースの代替材料開発 戦略的に
優先順位を

編集委員 久保田啓介
010/11/3 7:00 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 中国からのレアアース(希土類)の輸入
が滞るなか、代替材料の研究機運が
高まってきた。

 ナノテクノロジー(超微細技術)などを
駆使して、安価で入手しやすい材料から、
似たような性質や機能を引き出そうという
研究だ。

 17種あるレアアースのうちどの程度を
代替できるかは未知数だが、成果が出れば
資源外交の武器にもなり、官民が知恵を
絞って戦略づくりを急ぐときだ。

 これらの研究は今になって本格化した
わけではない。

 2006年、中国がレアメタル(希少金属)
の輸出規制を強め、投機資金の流入もあり
資源価格が急騰。
 その翌年、経済産業省と文部科学省が
開発計画を立ち上げた。
 レアアースであるジスプロシウムのほか、
ディスプレーの透明電極の原料となる
インジウム、触媒に使う白金、超硬工具
向けのタングステンなどを対象に産学官で
代替材料の研究に着手した。

 文科省の計画づくりにかかわった
細野秀雄・東京工業大学教授は、シリコン
やアルミ、鉄などありふれた材料で
レアメタルを代替できる可能性は大きい
とみて、「現代の錬金術になりうる」と
期待を寄せる。

 ただ、これまでの政府の開発計画は、
全体的にみればちぐはぐ感も否めない。
 レアメタルはレアアースを含め47種ある
が、このうち、研究対象になっているのは
10種程度。
 代替材料を開発するより廃家電などから
回収・再利用するほうが有利な金属もある
はずだが、コストや環境負荷などの視点も
含め、優劣の検討は十分とはいえない。

 まずは個々の元素について資源調達の
リスクを見極めたうえで、

(1)代替材料の開発が有望なもの
(2)リサイクル体制づくりを急ぐもの
(3)輸入や備蓄に頼らざるを得ないもの――

に分けて、研究の優先順位を決めたら
どうか。
 経産省は今年度補正予算でレアアース
代替材料の開発を拡充する方針だが、
文科、環境省なども加え、政府として
一元的な戦略づくりが必要だ。
---------------------------------------

同感です。

レアアースの確保に向けては、いろいろ
動きがあるようですが、何にしても、
戦略は必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒト造血幹細胞:iPS経ず皮膚細胞から作成

ヒト造血幹細胞:iPS経ず
皮膚細胞から作成

毎日新聞 2010年11月8日

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 人間の皮膚の細胞に特定の遺伝子を
導入し、血液のもととなる造血幹細胞を
作成することに成功したと、
カナダ・マクマスター大の研究チームが、
7日付英科学誌ネイチャー電子版に発表
した。

 分化した体細胞をもとに別の種類の
体細胞を作るには、新型万能細胞の
人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作成し、
それを分化させる方法があるが、今回は
iPS細胞を経ずに直接作った。

 こうした方法では、神経細胞や
心筋細胞などの作成例の報告がある。

 研究チームは、遺伝子の“運び屋”に
レンチウイルスを使い、皮膚の線維芽
(せんいが)細胞に「Oct4」という
遺伝子を導入。
 サイトカインと呼ばれるたんぱく質を
加え、造血幹細胞を作成、赤血球などの
細胞に分化させることができた。

 万能細胞に詳しい国立成育医療研究
センターの阿久津英憲室長は「臨床応用に
役立ちそうだが、まだ遺伝子の導入に
ウイルスを使っているため腫瘍化が危惧
される」と話している。
---------------------------------------

iPS細胞を経ずに他の細胞を作成する
ことができるのですね。
これ以外にも神経細胞や心筋細胞など、

遺伝子の“運び屋”にレンチウイルスを
使っているので、安全性の面で不安が
あるようです。

“運び屋”に他のウイルスを使うとか、
ウイルスを使わない方法とか、

iPS細胞とて、まだまだ安全では
ありませんので、これからの発展に期待
します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

中皮腫向け遺伝子治療。マウスで効果確認。

中皮腫向け遺伝子治療。
マウスで効果確認。

2010-11-04 レーベンスクラフト最新医療情報

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 アスベスト(石綿)などが原因で発症する
がんである「悪性胸膜中皮腫」向けに
新たな治療法を開発し、動物実験で効果を
確かめたと発表した(医薬胃版研・阪大)。

 がんを抑える遺伝子を胸腔(きょうくう)
内に導入し、増殖を止める。

 研究チームは、細胞内で様々な情報伝達
を抑える「SOCS3」という遺伝子が、
細胞増殖を抑えるだけでなく、がん抑制
遺伝子のp53の量を増やすことも見つけた。

 今後、阪大などで臨床研究を実施する
計画で、10年以内の実用を目指す。

 欧州がん学会誌に掲載。

 胸腔内に中皮腫細胞を植えたマウスで
実験した。

 アデノウイルスをベクター(遺伝子の
運び手)に使い、SOCS3を中皮腫細胞に
遺伝子導入したところ、がん増殖が抑制
できた。

 通常なら50日以内に死亡するマウスが、
生存期間が1年以上延びたという。

 SOCS3は様々な情報伝達を抑えるが、
遺伝子は胸腔内だけに投与するので、
副作用は起こりにくいという。

 今後、サルなどでベクターの安全性を
確認した上で、倫理委員会で承認されれば、
阪大や大阪府立呼吸器・アレルギー
医療センターで臨床研究を始めたい考えだ。

 米国では中皮腫向けにアデノウイルスを
使いインターフェロンを導入する
遺伝子治療の臨床研究が既に実施されて
おり、アデノウイルスの安全性は高いと
見ている。

 中皮腫はアスベストを吸い込んでから
30~40年後に発症する。
 年間の死亡者は1000人を超え、増加傾向
にある。
 抗がん剤などで治療するが根治は難しい。
---------------------------------------

素晴らしいですね。
期待しています。

10年以内の実用と言わず、もっと早く
なりませんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がん死滅させる細胞。ヒト白血球培養し作製。

がん/がん死滅させる細胞。
ヒト白血球培養し作製。

2010-10-26 レーベンスクラフト最新医療情報

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ヒトの血液から作った特殊な細胞が、
がん細胞の中に入り込んで死滅させる
仕組みを解明したと発表
(林原生物化学研究所)。

 がん患者本人の血液から作り出した細胞
を治療に使えるため、拒絶反応の懸念が
少ないがん治療法となる可能性がある。
 5年後の臨床実験を目指している。

 がんを死滅させるのは
「HOZOT(ホゾティ)」と呼ばれる細胞で、
同研究所が2006年にヒトのさい帯血に
含まれる白血球を培養して作り出した。

 HOZOTはヒトの乳がんや胃がん、大腸がん
の細胞と混ぜ合わせると、がん細胞に
向かって移動し接着。
 核の部分から侵入して細胞ごと入り込む。

 その後、HOZOTに備わっている細胞を
傷つけるたんぱく質の膜が壊れて拡散。
 まず自らが死に、さらに侵入した
がん細胞も死滅させるという。

 「セル・イン・セル(細胞侵入)」と
呼ばれる現象により、がん細胞の死滅が
確認されたのは世界で初めてという。

 この現象は2年前に発見し、仕組みの
解明にこぎ着けた。
 同研究所は「トロイの木馬のように相手
の中に入り込んで死滅させる方式。
 抗がん剤の効きにくいがんに対し、
抗がん剤をがん細胞内に直接運ぶ手段と
しても利用できる」と話しており、
マウスでの実験などに取り組んでいく。
日本癌学会で研究成果を発表。
---------------------------------------

有望そうですね。
期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ES細胞、より安全に作製…動物物質の混入防止

ES細胞、より安全に作製…
動物物質の混入防止

2010年11月6日11時57分 読売新聞)

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 体内の様々な細胞に変化できるヒトの
ES細胞(胚性幹細胞)3株を、従来より
も安全な方法で作製することに、
国立成育医療研究センターの阿久津英憲
室長らが成功した。

 国内でのES細胞作製は京都大に続き
2施設目。

 ES細胞は受精卵を壊して作るため
倫理的問題があるが、皮膚などから作る
iPS細胞(新型万能細胞)の実用化
には、より安全なES細胞での先行研究が
欠かせないとされる。

 従来のES細胞は、マウスの細胞や牛の
血清成分を加えて培養していたため、細胞
の表面に動物の物質が付着していることが
多かった。
 今回は培養液の成分を改良し、
マウス細胞の使用を限定して動物の物質の
混入を防いだ。

 米国では10月、バイオ企業ジェロン社
がES細胞を使って脊髄損傷の患者を治療
する世界初の臨床試験を開始。

 日本には臨床応用を前提とした作製指針
がないため、ES細胞を治療に使うことは
できないが、阿久津室長は「技術的には
人体に移植可能な品質のES細胞ができた」
としている。
---------------------------------------

研究進めてください。
期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肝臓ホルモン:インスリンの機能低下と関連 新治療へ期待

肝臓ホルモン:インスリンの機能低下と
関連 新治療へ期待

毎日新聞 2010年11月7日 11時57分

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 肝臓で作られるホルモンがインスリンの
機能低下にかかわり、糖尿病などを引き
起こすことを、金沢大病院の金子周一教授
らの研究グループが発見した。

 このホルモンに「ヘパトカイン」と
命名。
 米科学誌「セルメタボリズム」に掲載
された。
 ヘパトカインの生成を抑制できれば、
新たな治療法になると期待される。

 脂肪細胞には、血糖値を下げるホルモン
「インスリン」の効き目を低下させるなど
生活習慣病を引き起こす物質がある。

 金子教授らは肝臓にも同様の物質がある
と推測。
 肝臓で生成され血糖値に関与する
ホルモン群を調べ、糖尿病患者の血中に、
「セレノプロテインP」という分泌
たんぱくが通常の1.5倍以上多いこと
が分かった。

 金子教授は「生活習慣病に肝臓が
かかわるメカニズム解明がさらに進めば、
新たな治療・診断の開発に貢献できる」
としている。【近藤希実】
---------------------------------------

ふ~ん?
肝臓から何が分泌されているのか?
もう既知のことだと思っていたのですが、

ようするに、わからないことがまだまだ
沢山あるということですね。

そんなことがあったのか?
ということが、沢山ある。

新たな治療・診断の開発に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ヒトの脳はネガティブなことに反応しやすい」という研究結果

「ヒトの脳はネガティブなことに反応
しやすい」という研究結果

2010.11.06 lifehacker

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 あと一歩のところで電車に乗り遅れた、
コンビニで欲しい雑誌が売り切れてた...
などなど、よくよく考えてみるとたいした
出来事ではないのに、
「なんてツイてないんだ!」と感じること
はありませんか?

 それは、アナタの脳がポジティブなこと
よりも、ネガティブなことに反応しやすい
からかもしれません。

 米心理学誌「Psychology Today」では、
ヒトはポジティブなことよりもネガティブ
なことに反応しやすいと指摘し、その原因
を脳の動きから探っています。

 John Cacioppo博士の研究では、
ポジティブな感情をもたらす写真、
ネガティブな感情をもたらす写真、
ニュートラルな感情をもたらす写真を
それぞれ被験者に見せながら、情報処理の
規模を反映する大脳皮質での電気的活動を
記録したところ、ネガティブなものからの
刺激に一番強く反応することが明らかに
なったとか。

 これゆえに、私たちの態度は、良い
ニュースよりも悪いニュースに強く影響
されがちになるようです。

 ちなみに、ネガティブなものにより強く
反応するという脳の働きは、自分を害から
守るために発達したと考えられています。

 では、私たちは、このような脳の働き
から逃れられないとして、どうすれば、
ネガティブなことに苛まれすぎずに生活
できるのでしょうか?

 ある研究では、夫婦が共に結婚生活を
満足するための理想的な比率として、
「ポジティブ」:「ネガティブ」が5:1、
という数値を導き出しています。

 つまり、夫婦の間でポジティブな感情や
交流がネガティブなものの5倍あれば、
結婚生活は安定しやすいということ
だとか。

 一方で、この研究結果では、離婚に
向かいやすい夫婦は、両者の間で徐々に
大きくなるネガティブなものを埋め
合わせるための、ポジティブなものが
かなり少ないと考察しています。

 この記事によると、結婚生活に限らず、
生活の様々な場面で同様のことがいえる
そうです。

 まずは、「ヒトの脳はネガティブなこと
に強く反応する」ことを自覚し、イヤな
ことがあったら、たとえ些細なことでも、
ポジティブなことを意識的に見つけるよう
にすると、日々の生活がちょっと楽になる
かもしれませんね。
---------------------------------------

>ヒトはポジティブなことよりも
>ネガティブなことに反応しやすい
そうです。

気をつけましょうね。
ポジティブにいきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

学ぶべき経営のお手本はすぐ隣の国にある 素直に謙虚に学ぶことの大切さを再確認せよ 神戸大学大学院経営学研究科教授 加登 豊

学ぶべき経営のお手本はすぐ隣の国にある
素直に謙虚に学ぶことの大切さを
再確認せよ

神戸大学大学院経営学研究科教授 加登 豊
2010.11.08 DIAMOND online

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
<注目すべきは欧米ではなく中国、
韓国の企業>
 日本には他国から学ぶことで成長して
きた脈々とした歴史がある。
 しかし、バブル経済の崩壊後、この学び
の姿勢が欠落しつつあるように感じる。

 日本企業の躍進が誰の目にも明らかに
なり始めた時、人まねを極端に嫌う
アメリカでさえ、日本から謙虚に学ぼうと
した。
 その活動の詳細は、『Made in America
―アメリカ再生のための米日欧産業比較』
(草思社、1990年、原著は1989年出版)
に記述されている。

 最先端から学ぶこと、繰り返しになるが、
これこそが競争を続けるための唯一の王道
である。

 さて、日本企業にとって喫緊の課題は、
更なるグローバル化対応、とりわけ、大量
消費が期待できる成長国群であるBRICs
諸国への対応である。

 最先端から学ぶことが大切であると
すれば、注目すべきは中国企業と韓国企業
だろう。
 日本の歴史という視点から見ると、欧米
からの学習の歴史は、中国や韓国からの
それと比べると非常に短い。
 私たちには欧米偏重意識が刷り込まれて
いるが、隣国の競争企業の発想や行動から
学ぶことが、特にいまは大切だと
思われる。

 学ぶべきことは多数あるが、ここでは、
韓国企業の二つのトピックスについて説明
したい。
 一つは、市場国在住の韓国人の活用、
そして、もう一つが、熱心な経営知識の
習得努力である。


 かつてアメリカの家電量販店のテレビ
売り場は、ほぼ日本製品で独占されていた。
 しかし、現在は、その存在感は乏しい。
 棚の8割以上は三星電子(サムスン)と
LG電子の商品で占められている。
 なぜこのようになってしまったの
だろう。

 日本企業は懸命にその原因調査を行って
いるが、多くの場合は、調査会社や
コンサルティング会社にその業務を委託
している。

 実は、そんなことをしなくても、本当の
理由はすぐに明らかになる。

 どうすればいいのか。

 アメリカ社会にとけ込んだ自国系
アメリカ人や、自国人に聞けばよい
のである。
 彼らはアメリカ社会のすべてに精通して
いるからである。

 コンサルティング会社、コンテンツ
作成会社、そして採用したタレントに多額
の契約金を支払いながら、成果を上げて
いないにもかかわらず、何度もおなじ失敗
を繰り返す日本企業の行動は、極めて
不可解である。


<経営学研究成果をどん欲に学ぶ
韓国企業>
 韓国企業は、いくつかの産業分野で
トップの地位をより確実なものとしつつ
あるが、アメリカや中国や日本のように、
その地位に安住しようするのではなく、
常に最先端の知識を獲得することにどん欲
である。

 技術や特許/法律などの分野では、
日本企業も研究調査を実施している
だろうが、マネジメントに関する
研究/学習を行う企業はほとんど存在
しない。

 一方、欧州や韓国の大規模組織内には、
必ず経営学の成果を吸収し、それが実務へ
適用できるかどうかを検討する部署を設置
したり、グループ企業内に
コンサルティング会社や研究所を持って
いる。
 その一例として、三星経済研究所に
ついて説明しよう。

 同研究所には、経営戦略室、
技術産業室、人事組織室という部署が
あり、それぞれ、経営戦略、
MOT(技術経営)、人的資源管理に
関する研究を行っている。

 研究員総数は約150名、全員が博士号
(アメリカ、日本、欧州、韓国など)
取得者であり、うち70名が経営学の研究に
従事している。
 同研究所は、三星グループの
シンクタンクであり、グループ企業の
支援や政府関連業務も行っているが、
研究色が極めて強い。

 研究対象国は、欧米先進国のみに限定
されているのではなく、ほぼ世界中を
カバーしている。

 新たなマネジメント技法に関する研究
だけにとどまらず、優れた研究者は
だれか、それぞれはどの研究機関に所属
しているか、どのような研究成果を上げて
いるか、どの企業との関係が強いのか、
そして、優れた研究者はどのような
ネットワークを有しているのかなどに
ついての情報も収集している。

 企業の競争優位を支えるもっとも重要な
ものは、技術や知識が具現化された製品や
サービスであるが、それだけでは十分
ではない。

 優れた技術を活かすマネジメントが重要
であることが、日本企業にはまだ本当には
理解されていない。

 韓国企業に学ぶことに躊躇しては
ならない。

 優れている点は、あらゆるところから、
できうる方策のすべてを駆使して、学習
する必要がある。

 技術では、まだ日本企業が優れている
のだろう。

 しかし、市場では、間違いなく後塵を
拝しているのである。

 彼らから学ばなければ、韓国企業との
距離はますます拡大していくだろう。

 韓国企業は、優れた日本の技術を学ぼう
としている。
 それだけでなく、市場競争で劣位に追い
込んだ日本企業からも、優れた
マネジメント手法を学び、日本の経営学の
研究成果をどん欲に吸収することを忘れて
はいない。

 現に、同研究所が仲介したマネジメント
に関する共同研究が、韓国人研究者
(大学教員および研究所員)と
日本人研究者の間で進行中である。
---------------------------------------

>日本には他国から学ぶことで成長して
>きた脈々とした歴史がある。
>しかし、バブル経済の崩壊後、この学び
>の姿勢が欠落しつつあるように感じる。
同感です。

現実を直視し、謙虚に
>最先端から学ぶこと、繰り返しになるが、
>これこそが競争を続けるための唯一の
>王道である。

世の中は、常に変化している。
その変化に柔軟に対応すること。

力はあるはずです。
頑張ってください。

こういう記事を見ていると寂しく
なります。
ドコモから今秋発売予定のサムスン
『Galaxy S』が世界市場で既に
予約注文100万台超

これサムスン製 ← 韓国の企業です。
最終的には1000万台以上の販売を目指して
いるらしい。
サムスン製にしたと言うことは、日本の
メーカーには作れなかったということ。

アップルも、サムスンも後発ではなかった
かな?

こんな記事もあります。
総額60兆円、動き出す国家IT戦略
大胆不敵、貪欲の中国
2010/11/08 IT Pro
これこそ、国家戦略です。

政治家さん、
お互いの足の引っ張り合いばかり
してないで、
提案してください。
決めて前に進めてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護の革新、尿吸引ロボ「ヒューマニー」

介護の革新、尿吸引ロボ「ヒューマニー」
8 NOVEMBER 2010 diginfo.tv

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

---------------------------------------
 ユニ・チャーム ヒューマンケアは、国際
福祉機器展 H.C.R.2010において、尿吸引
ロボ「ヒューマニー」を出展した。

 ヒューマニーは、別売りの尿吸引パッド
と尿吸引ロボ本体をチューブでつないで
使用する。

 尿吸引パッドにはセンサーが内蔵されて
おり、センサーが排尿を検知すると、
尿吸引ロボが尿を瞬時に自動吸引を開始
する。

 尿吸引ロボ本体の価格は10万円で、
介護保険対象品に指定されているため、
利用者は1割負担で購入可能。
---------------------------------------

良いですね。
素晴らしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

「1000 Genomes Project」が明らかにする人それぞれの遺伝子の違い

「1000 Genomes Project」が明らかにする
人それぞれの遺伝子の違い

2010年11月03日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 さまざまな人間の遺伝子を調査する
「1000 Genomes Project」により、人間の
遺伝子には平均して250?300の「機能喪失型
変異」や50?100個の遺伝性疾患に関わる
変異が存在することが判明したそうだ
(Nature News、論文、
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)

 1000 Genome Projectsは全世界から
75以上の大学と企業が参加する、遺伝子
調査を行うプロジェクト。

 このプロジェクトには日本の理化学
研究所も参加しており、10月25日には
日本人の全遺伝情報の高精度な解読に
成功したと報じられている。

 プロジェクトでは179人のゲノムと
697人のタンパク質コード遺伝子を解析、
被験者の遺伝子には1500万もの
バリエーションがあることを発見した
とのこと。

 この半分以上が未発見のもので、また
これにより作成されたデータベースには
人にみられる95%の遺伝子バリエーション
が含まれることになるという。
---------------------------------------

人の遺伝子解析進みましたね。

>人間の遺伝子には平均して250?300の
>「機能喪失型変異」や50?100個の
>遺伝性疾患に関わる変異が存在する
>ことが判明した
必ず幾らかの変異遺伝子が存在している
ということですね。
それでも、正常でいられるのは、
この辺の細胞機能調節機能が関連している
からでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個の医療での大逆転!抗EGFR抗体はコドン13領域に起こった特定の突然変異(G13D)に効果あり

個の医療での大逆転!
抗EGFR抗体はコドン13領域に起こった
特定の突然変異(G13D)に効果あり

2010年11月04日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 大腸がんの特効薬としてわが国でも発売
されている抗上皮細胞成長因子受容体
(EGFR)抗体。
 先行するメルクセローノとブリストル・
マイヤーズスクイブを追って、今年、
武田薬品も完全ヒト型の抗EGFR抗体を発売
した。

 この抗EGFR抗体の添付文書を読むと、
患者さんのがん遺伝子であるKRASが
野生型か、突然変異を起こした変異型かを
投薬前に検査することが勧奨されている。

 臨床試験ではわが国の大腸がん患者の
約4割を占めるKRAS変異型の患者さんに
抗EGFR抗体を投与すると、無増悪生存期間
が逆に短縮する例も報告されている。
 少なくとも先月までは、KRAS遺伝子を
検査して、効果のないKRAS変異型の患者
さんには投薬をしないというのが、常識
だった。

 しかし、先月、ベルギーとわが国の
研究者から相次いで、KRAS変異型の患者の
6分の1から7分の1で、抗EGFR抗体が
KRAS野生型の患者さんとほぼ同じぐらい
効果があることが報告されたのだ。

 まだ、前向きの臨床試験ではないので、
確定的なエビデンスではないが、少なく
ともKRASに突然変異があれば、その患者に
抗EGFR抗体は投与しないという常識は
崩れてしまった。

 問題はKRAS遺伝子のどこに突然変異が
起こったかである。
 KRASの突然変異はコドン12領域に
約8割、コドン13領域に約2割の割合で
生じる。
 今回、抗EGFR抗体の効果があることが
判ったのはコドン13領域に起こった特定の
突然変異(G13D)だ。

 大腸がん患者の6%から7%がG13Dを
持っている。
 添付文書をそのまま当てはめていると、
これらの患者の治療機会を奪うことに
なる。
 最終的に、前向きの臨床試験などで確認
されれば、抗EGFR抗体は大腸がん患者の
約7割にまで投与を拡大できるようになる。

 科学は常に進歩する。
 個の医療も科学進歩を柔軟に取り入れ
なくては、患者さんの不利益になる。
 それが今回の重要な教訓である。
---------------------------------------

そうですね。
>科学は常に進歩する。
ある日突然、今までの常識が常識で
なくなるかもしれない。

>科学進歩を柔軟に取り入れなくては、
>患者さんの不利益になる。
そうです。少しでも早く、最新の成果が、
患者さんにいかされるような仕組みを構築
して欲しい。
日本は、わかっていても何年も変わらない
おかしな国だから心配です。

救われるはずの患者が救われないことに
なる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPS細胞偏重のという議論ももう古い?

iPS細胞偏重のという議論ももう古い?
2010年11月01日
Biotechnology Japan:Webmasterの憂鬱

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する
指針」の全部改正
(平成22年厚生労働省告示第380号)
が、2010年11月1日の官報に掲載され
ました。新指針の施行も、
平成22年11月1日の同日施行と
なります。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/iryousaisei.html

 これでiPS細胞やヒトES細胞(ヒト胚の
臨床利用に関する基準制定後解禁)の臨床
研究にやっと我が国でもゴーサインが
出ました。

 実際の改定案は7月3日に決定して
いましたが、施行が11月1日となり、
米Geron社のヒトES細胞由来の
オリゴデンドロサイト前駆細胞の臨床試験
が始まった後での施行になったのが、妙に
口惜しい感じです。
 我が国の事務手続きの遅さは、旧ソ連
並みですね。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/bionewsn/detail.jsp?id=20074205

 新聞では、我が国でも世界で初めて
iPS細胞の臨床研究指針が出来たという
ニュースやGeron社の臨床試験開始を受けて
「iPS細胞偏重の支援を正せ」という報道が
なされました。

 しかし、私は日本以外の他の国が
ヒト幹細胞の臨床研究指針を作るかどうか、
疑問に思っています。

 我が国の指針は、臨床研究が文科省の
担当、臨床試験が厚労省の研究と股裂き
状態になっているために、こんな
まだるっこしい二重指針が必要となって
いる構造的な欠陥があるためです。

 多分、作成しても従来の再生医療の
安全性確保のガイダンスの延長戦上にある
指針か、ポイントツーコンシダーになる
のではないでしょうか?

 また、iPS細胞偏重のという議論ももう
古いのではないでしょうか?

 このメールでも何回も論じておりますが、
樹立の際は余剰胚を破壊する倫理問題が
あるので規制は必要ですが、樹立後の
ヒトES細胞やヒトiPS細胞をとりわけ区別
して取り扱う必要はないと思います。

 実際、皆さんが使っているHELA細胞でも、
患者さんの善意で医学研究に提供された
細胞です。
 これらの細胞とヒトES細胞やヒトiPS細胞
の取り扱いを区別する理由が分かりません。

 いずれも病める人を治す医学研究ために、
ありがたく利用させていただくべきだと
思います。
---------------------------------------

いつもながら同感です。

股裂き状態ね~?
いつまで、非効率的な縦割り行政を続ける
のでしょうか?

統合すべきは統合していかないと駄目だと
思うのですが、いつまで経っても変わら
ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneが僕らを軽くする

iPhoneが僕らを軽くする
2010. 11. 4 日経メディカルONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 在宅医療を実践する医師にとって越え
なければならないハードルの1つに、
「患者からのコールに、24時間365日
応える」ことがあります。

 これはとても難しいことで、24時間体制
を維持するには、勤務する医師のライフ
スタイルを大きく制限しなくてはならない
場合もあります。

 このことが重くのしかかり、在宅医療に
踏み出すことを躊躇する人も多い
でしょう。

 そこで、病院の宿直当番のように、複数
の医師による「グループ診療」の形態を
とることで、24時間体勢を実現する在宅
診療所が増えてきています。

 当法人でも、家庭に出向く一般的な
「在宅医療」と、老人ホームなどの施設に
訪問する「施設在宅」を行っていますが、
常勤医・非常勤医合わせて15人ほどの医師
で、この2つを支えています。

 患者からのファーストコールは基本的に
主治医が受けますが、夏季休暇や臨時出動
が必要な場合などは持ち回りで当番を
決めて、回しています。

 そうした体制を構築する上で重要なのは、
「何かあった」時に必要な情報にどれだけ
素早くアクセスできるかということです。

 例えば、自分が担当していない患者の
対応をする場合、手元に情報がなく、担当
医師にも携帯電話で連絡が取れなかったら、
困ります。
 そういった緊急時に素早く対応するため
の手段やシステムを、あらかじめ準備して
いくことが在宅医療には求められると
思います。

 例えば上記のような緊急事態が15年以上
前に起こったら、患者やその家族から現場
で聞き出すしか手段がなく、情報不足の
中でその場しのぎ的な対応しかできません
でした。

 その後、携帯電話・PHSやノートパソコン
が普及したことにより、外にいても
それなりに必要な情報へのアクセスが
可能となりました。

 ですが、iPhoneをはじめとする
スマートフォン登場で状況はさらに変わり
ました。

 私はiPhoneを持っていますが、これ1つ
ポケットにあれば携帯電話としての機能
だけでなく、iPhoneを介して様々な情報を
いつでも閲覧でき、現場でより適切な指示
を出すことができるのです。

 また、インターネットを介してiPhone内
で紹介状を作成し、現場から病院や薬局、
連携先にメールやFAXを送ることも可能
です。

 「ノートパソコンやネットブックでも
同じことができるのでは?」という疑問が
当然あると思いますが、圧倒的に「手軽さ」
が違います。

 ノートパソコンも従来製品より軽く
なっているとはいえ、まだそれなりの重量
があり、診療かばんの中でかさばって
しまいます。
 また、片手で簡単に扱える、
タッチパネルで直感的な操作が可能、
ワンタッチで瞬時に起動できるなど、
優れた特徴がたくさんあります
(もちろん、ノートパソコンに優位な点は
多いですが)。

 そうしたことから、当院では
ノートパソコンの携行をやめ、
スマートフォンへの移行を進めています。

 とりあえず、勤務する医師全員に
iPhoneを所持してもらい、使用感は
どうか、実際の運用で問題がないか
などを確認しているところです。
---------------------------------------

良いことですね。
どんどん挑戦してください。
確かに便利に使えると思います。

利用出来るものはなんでも利用した方が
良いに決まっています。

今なら、スマートフォンはiPhoneでなくても
良いかも知れません。
使えるアプリがあるかどうかです。
それと、いつでもどこでも使える電波環境
があれば、圏外になっては話にならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原子力のごみ わが町に

原子力のごみ わが町に
朝日新聞アスパラクラブ
科学面にようこそ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 スウェーデンの首都ストックホルムから
北へ車で2時間。
 「原発のごみ」処分の候補地、
エストハンマル市は、5千戸の別荘が点在
する避暑地にある。
 処分場の建設地と目されるボスニア湾
沿いの同市フォルスマルクを訪ねた。

 原発から出る使用済み核燃料(高レベル
放射性廃棄物)は、数万年にわたって地下
に閉じ込める「地層処分」をする。

 処分場の立地場所が固まったのは、世界
でフィンランドに続いて2カ国目。

 金属製の円筒容器に入れて地下500
メートルに埋める計画だ。
 事業主体のSKB社は来年3月に国に
建設の許可申請をし、2015年の着工、
25年ごろの操業開始をめざしている。

 エストハンマル市は、稼働中の原発3基
を抱える原子力の町だ。
 人口2万人強のうち原発関係の雇用が
1千人以上を占める。
 民宿を経営するスティーグ・パーソン
さん(68)は「反対派もいるが、不安に
思う人はとっくにこの地を離れている」
と話す。
 最終処分計画に対する住民の賛同は
8割に上る。

 SKBの社員が両市の企業や家庭に出向
いて説明し、地元住民約3千人を
地下研究所に見学に招いた。

 広報活動に加えて、
両市が「安心感につながった」と強調する
のは、法律で担保された拒否権だ。

 「国が建設許可を出す前、最終的に
自治体に意見を聴くときまで、いつでも
ノーと言える」と、エストハンマル市の
アナレナ・ソーデルブロム副市長は話す。


◇日本 応募の自治体なし
 日本では、1960年代に原発が稼働
して以来、多くの使用済み核燃料が出て
いる。日本ではこれを、スウェーデン
のように直接処分するのではなく、再処理
してリサイクルする。
 再利用できない高レベル放射性廃棄物
を、地下300メートルより深くに
地層処分することにしている。

 原発のゴミの処分場建設に向け、欧州が
動き出した。
 一方、日本では自治体名は一つも
挙がっておらず、手詰まりの感がある。


《筆者のひとり、西川迅から》
 欧州の状況を取材してみると、先端を
走るスウェーデンやフィンランドでも、
候補地に選ばれたのは、すでに原発や
放射性廃棄物処分場、地下研究所といった
原子力関連施設が立地している自治体
ばかりでした。やはり、原子力と強い
つながりのある自治体でなければ地元の
理解は得にくいのが実態のようです。

 そんななか、取材を通してよく聞いた
のは「信頼」という言葉です。
 長い歳月をかけ、分かりやすく地元住民
に説明して信頼を得ることのほか、国や
原子力業界に対する信頼感が大切だと
いうのです。
---------------------------------------

>長い歳月をかけ、分かりやすく地元住民
>に説明して信頼を得ることのほか、国や
>原子力業界に対する信頼感が大切だと
>いうのです。
そう思います。
日本のように隠す体質では信頼感を作る
のは不可能に近い。。

原発を推進するというのであれば、
真剣に、国民との間に信頼関係を
作らなければ駄目なはず。
その為の努力をしっかりしていかないと
絵に描いた餅になりますよ。

>法律で担保された拒否権
があり、
>SKBの社員が両市の企業や家庭に出向
>いて説明し、地元住民約3千人を
>地下研究所に見学に招いた。
こういう仕組みも努力もある。
そうでなければ、信頼など生まれない。

高レベル放射性廃棄物は稼働原発のみから
出ものではない。
既に寿命を迎えた原子力発電所からも出る。
関連記事
NHNスペシャル
原発解体~世界の現場は警告する~

どこに処理するつもりなのか問いたい。

もう一つ関連記事を、
高レベル放射性廃棄物処分の
危険性と問題点

危なくて仕方がないのだけれどどうしても
国策として実施するというのなら、
上記の努力は必死でしなければ、駄目で
しょう。

さらにもうひとつ関連記事を、
スウェーデンが原子力政策を転換
>ただ、この原子力政策の転換、再生可能
>エネルギーの開発・利用を放棄する
>という話しではない。
>2020年までに再生可能エネルギーで
>エネルギー需要の50%をまかなう
>という計画も同時に表明されている。
現実を見据えた政策です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウサギiPS細胞の樹立に成功

ウサギiPS細胞の樹立に成功
05 November 2010
RIKEN Research Highlights

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
世界初のウサギ成体細胞由来のiPS細胞は、
実験材料として有望

 ウサギの成体体細胞を初期化して、
胚性幹細胞(ES細胞)と非常によく似た、
完全な多能性をもつ細胞のコロニーを形成
させることに、理研バイオリソース
センター(茨城県つくば市)の小倉淳郎
室長が率いる研究チームが初めて成功した。

 このウサギの人工多能性幹細胞
(iPS細胞)は、ヒトのiPS細胞の実験
モデルとして、特に再生医療用iPS細胞の
実現可能性を評価するためのES細胞との
比較で、用いられる可能性が高い。

 ウサギiPS細胞はヒトの医学的研究に重要
なツールになると、研究チームは考えて
いる。

 というのは、ウサギのiPS細胞は
マウス細胞のiPS細胞よりも生理学的に
ヒトにずっと近く、ヒトiPS細胞のモデル
として利用されるブタやサルのような動物
に比べて実験室での取り扱いがはるかに
容易なためである。

 研究チームは、レンチウイルスベクター
を用いて、ウサギ成体の細胞に山中因子と
よばれる4つのヒト遺伝子を導入した1。

 この4つの遺伝子は、DNA情報の読み出し
を導く転写因子をコードしており、これら
の導入により、成体細胞はiPS細胞へと
効率的に初期化される。
 ただし、iPS細胞が作製できるかどうかは
もともとの成体細胞の細胞型に依存すると、
小倉室長の研究チームの一員である
本多新(あらた)客員研究員はいう。

 同研究員によれば、iPS細胞作製で最も
一般的に使用される線維芽細胞ではうまく
いかず、肝臓や胃の細胞ではそれぞれ
1/500以上の高効率で作製できたという。

 さらに、作製されたiPS細胞は培養時の
取り扱いおよび維持が容易であった。

 現在、ウサギからは、ES細胞、iPS細胞、
核移植ES細胞の少なくとも3種類の多能性
細胞が利用可能である。
 「そのためウサギを使えば、それぞれの
多能性細胞を、同一実験条件下で並行して
十分に解析することができます」
と小倉室長はいう。

 そして本多客員研究員は、「今や、
多能性細胞を用いたヒトの変性疾患に
対する新たな治療法について、有効性
および安全性を評価することが可能に
なりました。
 我々は、最終的には、各々の再生療法に
どの細胞が最適であるのかを明らかに
したいと考えています」と展望を語った。
---------------------------------------

>ウサギのiPS細胞はマウス細胞のiPS細胞
>よりも生理学的にヒトにずっと近く、
>ヒトiPS細胞のモデルとして利用される
>ブタやサルのような動物に比べて
>実験室での取り扱いがはるかに容易

>今や、多能性細胞を用いたヒトの
>変性疾患に対する新たな治療法について、
>有効性および安全性を評価することが
>可能になりました
ということです。

ウサギはマウスより人に近いのかな?
とにかく、iPS細胞研究進んで欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野原重明の100歳からの人生

日野原重明の100歳からの人生
2010年11月2日 ヨミドクター

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 私の生き方 - 白寿を過ぎてからの反省
と見通し

 私は去る10月4日に満99歳、すなわち
白寿を迎え、大勢の方々からお祝いの会を
して頂いた。

 この金浦空港の近くにある私立の嘉泉
(ガチョン)総合大学の医科学医学校が私に
名誉博士号を下さるというので、その式典
に招かれ、そのあと、私の長寿のコツ
についての講演を行った。

 フランスや米国では子どもの出生率は
日本に比べると、2.02と高く、
ヨーロッパではイタリアが一番少子高齢化
が進んでいる。

 今から50年前にWHOや国連は老人の
定義を65歳としたが、その頃の日本の
平均寿命は68歳であった。

 1963年の日本人で100歳以上はわずか
153人であったが、2010年のデータでは
4万4449人が100歳以上となり、いわゆる
centenirian(100歳以上者)は急速に増して
いる。
 そのうち87%は女子で、男子は13%と
少ない。

 しかし問題は日本の100歳以上の者に寝た
きり、または高度の介護を受ける人が
圧倒的に多いことであり、医療費の高騰の
原因ともなっている。

 そこで、自立した長寿者であるため
には、どういう生活をすれば良いかの研究
が必要となっている。
 私はあと1年で100歳になろうとしている
が、99歳でもこれという病気がない事から、
私の生活の仕方を韓国で発表したのである。

 私のデータについては本欄でも少しずつ
明らかにしようと思っている。

 一口でいうと、私は車の生活のために
運動不足なので、腹七分、総カロリーは
1300~1400キロカロリーにとどめ、特に
糖質、デンプン質を制限しつつ、体力維持
に必要なタンパク質と、脂肪のない肉、
豆腐は十分にとり、ビタミンも十分に
補っている。
 ビタミンB中の葉酸はブロッコリー、
その他緑の野菜に多く、長寿のビタミンと
言われている。
---------------------------------------

日野原先生のブログが始まるようです。
興味のある方はフォローしてみて
ださい。

>自立した長寿者であるためには、
>どういう生活をすれば良いか?
などについて書いて行くらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

共通番号制度、日医「国民的議論が必要」―民主PT

共通番号制度、日医「国民的議論が必要」
―民主PT

2010年11月02日 14:46 キャリアブレイン

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 民主党の税制改正プロジェクトチーム
(中野寛成座長)は11月2日、社会保障と
税の共通番号制度について、日本医師会や
全国知事会などからヒアリングを行った。

 日医は「拙速に進めるのではなく、
国民的な議論が必要だ」とし、制度導入に
慎重な対応を求めた。

 一方、全国知事会などの首長団体は、
前向きな見解を示した。

 日医からは、横倉義武副会長と今村聡、
石川広己の両常任理事が出席した。
 日医側は、共通番号制度を検討する
には、まず税制と社会保障制度全般の
方向性を示すべきだとした上で、
「医療情報はセンシティブな問題を持って
いる。
 ここを十分に注意し、国民的な議論と
納得の上で進めていただきたい」と主張。
 導入の是非を国民に問う必要性を強調
した。

 今後の進め方については、
▽番号ありきではなく、目的外利用の禁止
 や個人情報保護などの環境整備を先に
 行うべきだ
▽受療動向の監視や保険給付の抑制など、
 管理医療政策への誘導は受け入れ
 られない―との姿勢を表明。
 また、プライバシーの問題が懸念される
 レセプトデータベースの議論などとは
 区別した検討を求め、「プライバシー
 保護のための第三者機関を設置する場合
 は、医療提供側も参画させるべきだ」
 と訴えた。

 一方、首長団体からのヒアリングでは、
個人情報の保護や自治体の経費負担に
対する心配はあるものの、行政事務の
効率化や住民サービスの向上が図られる
として、番号制の導入に積極的な意見が
相次いだ。

 全国知事会で情報化推進対策特別委員を
務める泉田裕彦・新潟県知事は、「早期の
実現が国民全体にとってプラスだ」と
強調した。

 全国市長会からは、住民基本台帳カード
を用いた住民サービスの向上に取り組む
清原慶子・東京都三鷹市長が出席し、
「社会保障の現金給付などに利用する
という方向性は、国民の一定の理解を
得られる」と指摘。

 全国町村会常任理事の間宮恒行・
神奈川県大井町長は「税と社会保障の分野
で共通に利用できる番号が必要。
 将来的には、より幅広い行政分野で利用
できるものに発展させるべきだ」との認識
を示した。
---------------------------------------

解決しなければならない問題は多々あると
思いますが、私も、
>「早期の実現が国民全体にとってプラス」
と思います。

統一番号が無いために大きな無駄が発生
しています。税金の無駄遣いです。
問題も幾つも発生している。
年金納付記録問題がその最たるもの。

実施するに当たっては十分な準備が必要な
ことは当然のこと。

医師会の言っている、
「国民的な議論と納得の上で進めて
いただきたい」

というのは、国民がノーと言えば
いくつもの番号が割り当てられている
現在の状態を変えないでいくということ
でしょうか?

そもそも国民的な議論と納得ってどう実施
するのでしょうか?
納得したことの確認はどう行うのでしょう
か?

それは政治家がやることと言っているので
しょう。自分の結論は言わない。

医師会も国民である以上、国民の一つの
代表として、国民の為にあるべき制度が
どうあるべきかの方針は発信するべき
でしょう。
国民に結論を預けるような言い方は
おかしいと思います。

全国知事会からの意見は国民からの
意見ではないのでしょうか?

パブリックコメントはコメントとして
受け止める、専門家の意見も、その他
各種関係団体からの意見も入れて、
政治家が判断すべきことだと考えます。
国の方針ですから、

その為の判断材料を与えることに徹すべき
です。

関連情報です。
いろいろあるなかの一つとして参考まで、
統一番号制度の導入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

国際テロ情報、電子データで流出か 大手IT企業が解析

国際テロ情報、電子データで流出か
大手IT企業が解析

2010年11月4日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 警視庁などの内部資料とみられる
国際テロ関係の情報がネット上に流出した
問題で、流出したPDFと呼ばれる形式の
文書は、ワープロソフトで作った
電子データから変換されたとみられること
が大手IT企業の解析でわかった。

 紙の資料でなく電子データで警察内部
から漏れた可能性が高いという。

 警視庁も電子データで流出した疑いが
強いとみて、資料が作成されたとみられる
公安部外事3課でパソコンやデータ記録
媒体がどう利用、管理されていたか調べて
いる。

 紙の元文書を見ながら一から打ち直す
方法や読み取りソフトの使用も考えられる
が、今回流出したデータ量は膨大で、書式
に乱れもみられないことから、IT企業
関係者は「電子データから直接変換した
のは間違いない」と断言。

 電子化されている警察の内部文書の
データをPDFに変換した可能性が高いと
指摘する。

 専用のソフトを使えば、大量の文書
データを比較的短時間でPDFに変換
できるという。

 これまで発覚した警察の内部情報の
ネット流出の多くは、私有パソコンに
移したデータがコンピューターウイルスに
感染し、ファイル交換ソフト・ウィニーを
通じて漏れたものだ。

 しかし、今回はウイルスに感染した際に
みられる私的なデータの流出は確認されて
おらず、ウィニー上への流出も意図的に
行われた可能性が指摘されている。
---------------------------------------

恐ろしい話ですね。
この記事を信じれば、警察内部に悪意を
持った人がいて故意に機密情報を
ウィニー上に流した可能性が高い。

目的はなんなんでしょうか?
警察の信頼を失墜させたい?

大不祥事であることは確かです。
どう再発防止を図るのか。
真実はどうだったのか。
しっかり公開して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幹細胞使って移植用臓器を作製、スペイン

幹細胞使って移植用臓器を作製、スペイン
2010年11月03日 AFP BBNews

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 スペイン・マドリード(Madrid)の
グレゴリオ・マラノン病院(Gregorio
Maranon Hospital)の心臓専門医は2日、
幹細胞を使って移植用臓器を作製する
新たな手法を開発したと発表した。

 この手法は、ドナーから提供された臓器
を、細胞を取り除いて「骨組み」だけにし、
患者の幹細胞を骨組みに付着させるという
もの。

 これにより患者本人のDNAを持った臓器が
再生されるという。
 拒絶反応が少なく、ドナーや移植に
適した臓器の不足や拒絶反応の問題の
解消につながるとしている。

 同病院には既に8つの心臓の「骨組み」
が用意されており、今年末までに幹細胞を
用いて心臓を部分的に再生したい考えだ。

 この手法で再生した臓器を使っての移植
は、早くて5年以内に実現可能だという。

 同病院は3年前、患者の脂肪組織に由来
した幹細胞を使った心臓治療を世界で
初めて実施している。(c)AFP
---------------------------------------

>ドナーから提供された臓器を、細胞を
>取り除いて「骨組み」だけにする
というのは具体的にどうすること
なのかな?
臓器は細胞でできているはず。
細胞の骨組みって?

関連情報です。
マトリックス」という骨組みがあって
こそ細胞が存在できるそうです。

この情報、
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
と言う会社が出しているものです。
知っている人は知っている再生医療の
ベンチャー企業です。

関連記事がありましたので追加します。
ほぼ同様の手法のように思います。
こちらは人工肝臓の作成に関するもの
です。
人間の細胞から小さな人工肝臓を
作り出す事に成功

2010年11月03日 slashdot

>抜き出した細胞の代わりに前駆細胞と
>血管内皮細胞を入れる。
>これを細胞培養装置に入れて一週間
>待ったところ、人間の肝組織へと増殖
>していたそうだ。
という内容です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「股関節」は“軟らかい”よりも“スムーズ”がいい

「股関節」は“軟らかい”よりも
“スムーズ”がいい

2010年11月4日 日経ビジネスONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。
参考になりそうな話です。

---------------------------------------
 ランニングは言うに及ばず、人間の動き
全般に関して、「股関節」の動きは非常に
重要です。
 股関節とは、簡単に言えば、骨盤と
大腿骨とを接続する関節のことです。

 この股関節の可動域は、おおよその目安
があります。
 誰でもそんなに大きな違いはない
でしょう。
 仰向けに寝て、足を伸ばしたまま引き
上げる屈曲では約130度、うつ伏せになり
足を後ろに引き上げる伸展では約30度、
片足で立ち上げた足を内側に閉じる内転
では約30度、外側に開く外転では約45度、
内側に回す内旋では約45度、外側に回す
外旋では約50度です。

 股関節の可動域が、これより狭い場合
には、ランニングにも悪影響があります。

 そして、この本来の可動域より狭い人は
珍しくありません。
 特にデスクワーク中心のビジネス
パーソンは、普段あまり動かしていない
からでしょう、股関節の可動域が狭く
なってしまっている人がとても多い
のです。

 私の知人は、フィットネス機器の
「ジョーバ」を購入したのですが、股関節
が痛くて跨ることさえできない人まで
いました。

 さすがにこれは極端な例かもしれません
が、股関節を外側・内側に回すと
“グリ、グリ”“ゴリ、ゴリ”と音がする
――そんな人は要注意です。

 凝り固まってしまった股関節をほぐす
には、適度なストレッチが必要です。

 ただし、股関節のストレッチというと、
座って足を左右に180度近く開く、
いわゆる「股割り」ができるように
しなければと思われる人が多くいます。
 しかし、これは大きな誤解です。

 無理なストレッチによって、かえって
パフォーマンスが落ちてしまうことが
あるのです。

 走り出す前に大切なのは、関節を無理
なく動かし、周囲の筋を伸収縮させる
ことです。くれぐれも、筋を伸ばし過ぎ
ないように注意したいものです。

 大腿骨が正しい位置にあることで、
股関節がスムーズに動き、可動域も先に
述べた目安程度に動くことが可能になる
わけです。

 ところが、一部の筋肉が弱まり、
バランスが崩れると、ほかの筋肉や骨との
アライメント(整合性)も崩れ、本来
あった機能が発揮できなくなって
しまいます。

 股関節の可動域が狭いのは、筋自体の
伸縮性が低下しているだけでなく、大臀筋
・中臀筋・小臀筋などの機能が低下し、
姿勢が正しく保てず、アライメントが
狂ってしまっている可能性が高いのです。

 ランニングをしている人が膝の痛みを
訴える場合、振り出した足の着地に問題の
あることも多いのです。
 普通は足を真っ直ぐに着地しますが、
膝痛を発症する人の走りを見ていると、
足が外側か内側どちらかに傾いた状態で
地面に着地しているケースが少なく
ありません。

 このために、膝が常にひねられるような
状態になってしまい、無理な力がかかる
というわけです。

 一歩であれば大した負担ではないかも
しれませんが、ランニングではこの不自然
な動きが何万回も繰り返されるのですから、
膝を痛めてしまってもおかしくは
ありません。

 逆に言えば、正しいフォームで走る
ようにすれば、膝痛を予防すること
にもつながります。

 「体幹」という言葉を覚えているで
しょうか。

 第1回で少し触れましたが、身体の胴体
や中心部分という意味です。

 体幹の強化とは、表側の筋肉ばかり
ではなく、腸腰筋や中臀筋などのインナー
マッスルの強化です。
 こうしたインナーマッスルを全く使わず
にランニングをすると、脚にすべての負担
がかかってしまいます。

 ランニングをする時、お腹を意識して、
姿勢を正し、少し背伸びをするように
心がけて走ってみてください。

 つまり、全身で体重を受け止めるように
するわけです。
 これだけでも、脚だけに負担をかける
走り方とは雲泥の差が出てきます。

 繰り返しになりますが、正しいフォーム
とは、楽なフォームであり、楽だからこそ
速く走ることができるというわけです。
---------------------------------------

なるほど。
なんとなく納得できますね。

本格的には、本を買ってじっくり見て、
納得して運動するのが良いということに
なるかな?

正しい運動ってあまり意識したことが
ないですから、こういうことを勉強して
見るのも良いかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パナソニック、米テスラに24億円出資発表

パナソニック、米テスラに24億円出資発表
2010/11/4 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 パナソニックは4日、電気自動車(EV)
ベンチャーの米テスラ・モーターズに
3000万ドル(約24億円)を出資したと
発表した。
 出資比率は約2%で、EV用の電池
システムを共同開発する。
 テスラはパナソニックのリチウムイオン
電池を優先的に調達、共同で電池システム
の外販にも取り組む。

 テスラが新規に発行した株式を1株21.15
ドルで取得した。
 パナソニックはノートパソコンなどに
使う汎用タイプの円筒型リチウムイオン
電池をテスラに供給してきた。
 テスラはこれを数千本組み合わせて制御
する電池システムを開発している。
 今後はパナソニック製を搭載した
電池システムを、共同で他のEVメーカー
にも販売したい考え。

 テスラは2003年設立で、EVの商用化で
先行している。

 今年6月には米ナスダック市場に株式を
上場、トヨタ自動車から5千万ドル
(約40億円)の出資を受けた。

 大手自動車メーカーは専用電池を搭載
したEVを手掛けるが、汎用電池を使って
コストを抑える独自の手法を採用。
 独ダイムラーとも提携し、EVの
共同開発を進めている。
---------------------------------------

>汎用電池を使ってコストを抑える独自の
>手法を採用

>テスラはパナソニックのリチウムイオン
>電池を優先的に調達、共同で電池システム
>の外販にも取り組む。
というところが狙いなんでしょうか?

トヨタのテスラへの出資については
トヨタ、米テスラ社に 6000 万ドルの
開発費用を支払う

を参照してください。

各メーカー電気自動車に熱心ですね。

電気自動車普及に必須なのが、
車の充電方式の標準化ですが、
関連記事として、
菅首相へ!日の丸充電規格「チャデモ」
トップセールスの時です~反撃に出る
米韓、不気味な中国の沈黙。
 電気自動車コア技術のガラパゴス化を
防げ
」DIAMOND online
があります。

日本は消極的だし、米国の力は強大だから
どうなるんでしょうね?
負けるにしても、力を尽くさないと
いけないと思いますが、

標準がとれたらすごいことですよ。
経済効果は大きい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消化管の閉塞に新治療  胃・十二指腸ステント  進行がん患者のQOL向上

消化管の閉塞に新治療  
胃・十二指腸ステント 
進行がん患者のQOL向上

2010.11.04 47News

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 胃がんや膵臓がんなどが進行すると、
胃の出口から十二指腸にかけての部分に
閉塞を生じることがある。

 患者は食事が取れなくなり、消化液が
胃にたまって嘔吐を繰り返す。
 QOL(生活の質)は著しく低下する。

 その治療のために開発されたのが、筒状
の金網で閉塞部を押し広げる
「胃・十二指腸ステント」。

 昨年11月に薬事承認を受け、今年4月
に保険が適用された。
 従来の治療法に比べて患者の体の負担は
格段に少なく、今後の普及が見込まれる。

▽食べる楽しみ
 「今年春ごろから、食べ物が下りて
いかない感じだった。
 治療でおなかが楽になり、少しだけど
楽しく食べられるようになった」。
 東邦大医療センター大橋病院 (東京都
目黒区)に入院中の女性(84)は
9月下旬、胃・十二指腸ステントによる
治療を受けた。
 大きくなった胆管がんが十二指腸を圧迫
し、閉塞を起こしたためだ。

 「高齢で体力も落ちているので、開腹
手術をしたくなかった。
 この治療法に出会えて、本当にありがた
かった」と付き添いの家族も話す。

 胃の出口「幽門部」でがんが増殖すると、
十二指腸への通り道がふさがれる。
 一方、膵臓や胆管、胆のうなど十二指腸
周辺の臓器でがんが増殖すると、十二指腸
を外から締め付けて閉塞を起こす。
 特に胃がんと膵臓がんは二大原因で、
推計では年間計約7300人の患者に閉塞
が起きている。

▽嘔吐の苦しみ
 同病院消化器内科の前谷容教授は
「通過障害で患者さんは食べられなく
なる。食べなくても胃液は分泌され、胃に
たまっていく。
 その量は1日1500~2千cc。
 十二指腸の下の方が閉塞して膵液や胆汁
が加わると、計5千ccに達することも
ある。患者さんは一日中吐き続け、脱水
症状に陥る」と解説する。

 これまで、鼻から胃に管を差し込み
消化液を排出する「経鼻胃管」や、胃に
開けた穴「胃瘻」に通した管から排出する
方法、あるいは、開腹して胃と小腸を
つなぐバイパス手術が行われてきた。

 しかし、鼻に管を入れ続ける経鼻胃管は
苦痛が大きく、胃瘻は進行がんで多く
見られる腹水がたまったケースには使え
ない。また、いずれの方法も閉塞自体は
改善しないため、食事はできないままだ。

 バイパス手術は、体力が落ち、残された
時間も短い患者にとって負担が大きすぎる。

▽わずか15分
 そこで登場したのが今回のステント。
 直径22ミリの筒形をした金網で、
畳むと3・3ミリの細いカテーテルに
収まる。これを内視鏡の挿入部に通し、
閉塞個所まで運ぶ。
 金網の外側のカテーテル(外筒)だけ
引き抜くと、金網が本来の太さに戻ろう
として閉塞部を押し広げる仕組みだ。
 治療はわずか15~20分で済む。

 治療後、食べられるようになるまでの
時間はバイパス手術の8、9日に対し、
ステントは1、2日。
 入院期間も28~30日間に対し
15~19日間と大幅に短い。
 長期的に見ると、再閉塞が起きたり
ステントがずれたりする可能性もあるが、
多くは再治療できるという。

 実は、胃や十二指腸の閉塞に対する
ステント治療は、欧米では10年以上前
から行われていた。
 前谷さんは海外からステントを輸入する
などして、これまでに約150例の治療を
手掛けてきた。

 「ようやく日本でも保険診療で治療
できるようになった。
 食べられるようになると表情が明るく
なる。一人でも多くの患者さんのQOL
改善につながってほしい」と前谷さんは
話している。
(共同通信 赤坂達也)(2010/11/2)
---------------------------------------

良かったですね。少し前進しました。
患者にとっては素晴らしいことだと
思います。有難いことです。

でも、
>欧米では10年以上前から行われていた。
いつも言ってますが、日本は本当に遅い。
デバイスラグという問題の一つです。

国会での厚生労働委員会の審議、時々
見ているのですが、この話題、あまり聞いた
ことがない。ほとんど役に立たない専門家が
集まってやっている委員会とかで審議して
いるのでしょう。

10年以上経たないと保険適用にならない
とはもうあきれてものが言えない。
実績は十分存在したはず。

患者さんの身になって欲しい。
どれだけ切実な問題なのか?

>食べられるようになると表情が明るく
>なる。一人でも多くの患者さんのQOL
>改善につながってほしい
そう思います。

関連記事です。
抗がん剤治療と食事
食べることができるというのは、
すごく大事なことなのです。
医療費の削減にもなるはず。

もう一つ、ドラッグラグ関連の記事
を紹介しておきます。
参考です。このたぐいはいくつでも
ある。
認知症治療薬、一つのまま
8年ぶりガイドライン改定

2010年11月4日 朝日新聞
8年ぶりの改訂なのに未だに治療薬は
ひとつ。

>国内でアルツハイマー型認知症の薬と
>して承認されているのは1999年発売
>の「アリセプト」しかない。海外では
>アリセプトと同様に脳内の神経に情報を
>伝える物質の分解を抑える
>「ガランタミン」と「リバスチグミン」
>脳の神経細胞が壊れるのを防ぐ働きの
>ある「メマンチン」が使われている。
これも10年以上経っても変わって
いない。なんとも不可解。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

アメリカで博士号を持っている清掃作業員は5057人いる

アメリカで博士号を持っている
清掃作業員は5057人いる

2010年10月28日 slashdot

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 米労働省統計局によれば、大卒の駐車場
係員は1万8000人、ウェイトレス&
ウェイターは31万7000人。

 博士号を持っている清掃作業員は5057人。

 全部合わせると、大卒だが「大学を出る
必要のない」職種に就いてる人が1700万人
という。

 大学を出るくらいは教養みたいなもの
だから、まだしもと思うが、博士号は
社会的コスト判断としてどうなんだろう。

 ある種の(需要と供給の)ミスマッチ
なのか、母数を考えればそのくらいの数字
は不思議でもないかな。
---------------------------------------

驚きです。

>ある種の(需要と供給の)ミスマッチ
ですね。

供給側の母数が大きすぎるとすれば、
何かしらの修正が必要では?

自己責任だと考えれば、
単に性格の問題?
あるいは、自分で起業するだけの力が
ないだけ?

どこのバランスが崩れているのでしょうか?

何かがおかしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙ヨット「イカロス」 極薄の帆広げた国産技術 カネカや日本飛行機 日本の宇宙現場 光る企業群(2)

宇宙ヨット「イカロス」 極薄の帆広げた
国産技術 カネカや日本飛行機
日本の宇宙現場 光る企業群(2)

2010/10/31 日本経済新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 5月にH2Aロケット17号機で種子島
宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げ
られた宇宙ヨット「IKAROS
(イカロス)」は帆に受ける太陽光の力を
推進力にして宇宙空間を燃料なしで航行
する。宇宙航空研究開発機構(JAXA)
は、当初は難しいとされた帆の製造や展開
を実現した。

 成功を支えたのは日本企業の技術だ。

 「大人が引っ張っても破れませんよ」
――。カネカ電材事業部の赤堀廉一・
技術統括部長はそう言って、A4サイズの
黄色いフィルムを手渡した。
 両端を持ち、目いっぱい引っ張っても
びくともしない。
 これがイカロスの帆に採用された
「ポリイミドフィルム」だ。
 フィルムの厚さはわずか7.5マイクロ
(マイクロは100万分の1)メートル、
1平方メートルの大きさで重さは11.1
グラムにすぎない。

 イカロスは宇宙空間で帆を広げるが、
帆の大きさは一辺が14メートルの正方形と
巨大になる。
 帆はできるだけ軽く、かつ広げるときに
破れないような強度が求められる。

 カネカは樹脂を溶液状態にしてロールに
垂らす製造工程で、均一な厚みになるよう
改良を加えた。
 「最初はすぐに裂けるなど苦労した」
(赤堀技術統括部長)が1~2年の
研究期間をかけ、求められる性能を持つ
フィルムの量産に成功した。

 イカロスは打ち上げ時、どら焼きのよう
な形をしていて宇宙空間で内部に収納して
いた帆を遠心力を使って広げた。
 この仕組みは最初の難関だった。
 ここには川崎重工業子会社の
日本飛行機(横浜市)が協力した。

 展開の仕組みはJAXAがある程度設計
を終えていたが、起動に必要な電子部品を
どう配置するのか日本飛行機宇宙設計
グループの武内由成参事は悩んだ。
 セ氏マイナス100度になると電子部品は
動かなくなる。
 そのため、ヒーターを内蔵するが、
設置数も最小限にしないといけない。
 温度の監視もすべての場所をカバー
できない。そんな状況下、すべての
電子部品が起動するよう何度も計算を重ね、
最適な設計を完了させた。

 帆は宇宙空間では展開するが、打ち上げ
時の衝撃で開いては困る。
 帆が途中で開かないように押さえておく
技術の開発で活躍したのは、宇宙開発
ベンチャーのウェルリサーチ
(東京・中央)だ。

 「打ち上げ時の振動に耐えつつ、帆を
開くときはスムーズにできないといけない」
と渡辺和樹社長はその難しさを説明する。

 そこでテコの原理を応用した「倍力機構」
という仕組みを帆を押さえる装置に組み
込んだ。複数の部品の接続を工夫。
 帆を直接押さえる部分には200キログラム
の力がかかる一方、その保持を解くときに
起動する部品には2キログラムの力
しかかからない。
 振動にびくともせず、帆を開くときには
わずかな力で動くという仕組みを実現した。

 イカロスの成功はJAXAだけでなく、
多くの企業もかたずをのんで見守っている。
---------------------------------------

そうなんですね。
いろいろな企業が支えている。

イカロスがんばれ !
これからも順調に飛行できると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命のボランティア 骨髄バンクにご登録を

命のボランティア 骨髄バンクに
ご登録を

2010/10/21 政府インターネットテレビ

詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。

参考情報です。

こんな情報も流しているのですね。
時々見てください。
有用な情報があるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山中・京大教授、iPS細胞誕生のエピソード語る

山中・京大教授、iPS細胞誕生の
エピソード語る

2010年11月01日 22:41 キャリアブレイン

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 「意外な研究結果に導かれた20年」と
題して行われた講演で山中氏は、
大学院1年目にイヌに血小板活性化因子を
投与して効果を測定する実験で、
あらかじめ立てていた仮説と全く異なる
結果が得られ、その一点に徹底的に
こだわったことが、後の20年にわたる研究
の礎となったことを紹介した。

 わずか数ミリの皮膚から培養したiPS細胞
から、神経や心筋、血液などさまざまな
組織や臓器の細胞に分化することができる
ため、将来的には新薬開発時に人体では
できないような薬剤の有効性や副作用を
評価したり、患者由来のiPS細胞から
分化誘導した組織などを移植する再生医療
に応用したりすることが期待されている。

 山中氏は自らの研究を振り返って、
「サイエンスは予測できない驚きに満ちて
いるということと、新薬や新たな治療法
には必ず動物実験で十分に安全性を確認
するのが大切だということに気付かされた」

 と述べた上で、
「もう一つ重要なことは、あまり先生の
言うことを聞き過ぎるなということ」と
付け加え、会場の笑いを誘った。
---------------------------------------

>サイエンスは予測できない驚きに満ちて
>います。
そうですね。
だからサイエンスは面白い。

大事なことは、
>予測と違った時は徹底的にこだわること
と、
>あまり先生の言うことを聞き過ぎるな
ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤ワイン効果、超伝導活気

赤ワイン効果、超伝導活気
朝日新聞アスパラクラブ
科学面にようこそ

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 赤ワインに鉄の化合物を浸すと、
超伝導物質になりやすい。
 アルコールやポリフェノールなどが効く
らしいが、理由はよくわからない。

 思いつきの実験から生まれた結果を解明
しようと研究が続く。

 電気を効率的に送れる電線の量産も
始まった超伝導物質。
 基礎に、応用に、研究開発の現場は
活気づいている。


◇「思いつきの実験」で成果、謎探る
「大変です。みんな超伝導になってます」

 茨城県つくば市の物質・材料研究機構。
 今年3月、ナノフロンティア材料
グループリーダーの高野義彦さんの
部屋に、大学院生が飛び込んできた。
 1週間前からお酒に浸していた
鉄化合物が、超伝導物質になっている
というのだ。

 ビールに日本酒、焼酎、試した
7種類のお酒でどれも……。

 超伝導研究を続けてきた高野さんらは、
あえて超伝導になるかならないかの物質を
使い、超伝導になるぎりぎりのきっかけを
探していた。

 アルコールは結局、期待したほどの効果
はなく、手詰まり状態になった。

 3月に研究室であった飲み会が転換点と
なった。
 いろんな酒を調べることを思いつき、
その実験が大当たりだった。
 エタノールだけの時より超伝導物質
になる割合が数倍になっていた。
 最も効果があったのは赤ワインで、
超伝導物質の割合が約7倍になり、
焼酎でも2倍だった。

なにが作用したのか。

 赤ワインに含まれる物質は数百種類とも
言われる。
 白ワインより効果が高く、
ぶどうジュースでは効果がなかったため、
ぶどうの皮に多く含まれアルコールに
溶ける物質らしい。
 高野さんは、ポリフェノールの可能性が
あるとみる。
 「だけど、それも触媒として働いている
だけでしょう。
 本当に超伝導物質へと変化させている
のは酸素だと思う」

 超伝導の理論に詳しい東京理科大の
福山秀敏教授は「ギザギザの結晶の層の
すき間に別の物質が入ることでむしろ、
結晶間の距離が広がったり、ギザギザの
形が変わったりして超伝導物質になった
のではないか」と考える。

 お酒の効果の発見後、化合物の形の変化
と超伝導の関係を調べる研究が活発化した
という。
 福山さんは「鉄系超伝導の振る舞いの
理論が、少しずつわかってきた」と話す。

 「磁性がある鉄は超伝導に適さない
と思われてきた。
 それが超伝導になるなら新たな物質開発
の足がかりになる」と高野さんは期待する。

 2008年、「第二の鉱脈」が
東京工業大の細野秀雄教授の研究室で
見つかった。

 研究員だった神原陽一慶応大専任講師が、
鉄系の超伝導物質を発見。
 再び競争が活発化して、物材機構の発見
にもつながった。

 一方、近年、銅酸化物系の超伝導物質は
加工技術が進み、実用段階に入りつつある。

 住友電工は、超伝導の電線の量産化に
成功。銅線の200倍の電流が流せる
ようになった。
 来秋には東京電力の変電所で実証試験が
始まる。
 銅線は電気を送る際、発熱して約5%の
エネルギーが失われる。
 超伝導なら、冷やすエネルギーを考慮
しても、電力損失を減らせる。

 九州電力は今年、超伝導を使った変圧器
を開発した。
 変圧時の損失をほぼなくせる。
 損失のない蓄電の研究も進み、これらが
実用化されれば、発電所から家庭までの
送電が飛躍的に効率化する。

 下山准教授は「世界中を超伝導電線で
結べば、最も発電効率が高い場所で発電
できる。かつては夢物語だったが、実現
可能な時代になってきた」と話した。
---------------------------------------

面白いですね。
赤ワイン効果ね~

何がきっかけで、研究が進むことになる
のかわかりません。

実用の域にかなり近づいて来たと言って
良いのかな?

>超伝導なら、冷やすエネルギーを考慮
>しても、電力損失を減らせる。
そうなんですかね?

冷やす為のエネルギーはかなり必要そう
な気がするのですが、

関連投稿記事です。
非従来型超伝導体を測定する
それなりに解明されて来てはいるよう
ですが、難しくてよく理解できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

「人の命の重たさ」について思ったこと

裁判員裁判で初めて、検察側が死刑を求刑
していた裁判の判決がでましたね。
「無期懲役」との判決。

裁判員を勤められた方々ご苦労様でした。

個人としての思いはありますが、判決は
尊重したいと思います。

裁判員の方々には、
「人の命の重たさについて」考え、
重い判断に向き合った日々だったと
思います。

罪はもちろん償って欲しい。
真摯に反省もして欲しい。
でも、それで十分だろうかと思うのです。

「命は重たいものです。」

思うのは、人の命が失われるような出来事
が起こった時、その失われた命を無駄に
しない努力がどの出来事に於いても十分
なされているだろうかということです。

もっとも大切なのは再発防止なのです。
十分な再発防止策がとられただろうかと
いつも気になります。

裁判は再発防止策まで踏み込みません。
裁判は罪を認定するのに都合の良い事実
のみを認定し、罪人を判定するだけ
のように思います。

再発防止策はむしろ裁判とは別のところ
にあると思えてなりません。

裁判のみでは命の重さに十分答えられない
のではないかと思っています。

最近の例で言えば、日航機のニアミス事件
がありました。
ミスを犯した管制官らに刑事罰を科した
ようですが、

「うっかりミスを裁けるのか」
と言う疑問。

今回のミスには、報道を見る限り、無理
からぬ事情もあるように思う。

処罰をすることが再発防止の最善策なのか
極めて疑問に思う。

医療事故にも同様の疑問がつきまとう。

事故が減ってこそ、命を守ることに繋がる。

処罰を科すことが事故の再発を防ぐ最良の
方法とは思えません。
人はミスを犯します。

ミスを明るみに出さなければ、再発防止は
図れません。

これは明らかではありませんか。

どうして命を守るということの意味が
理解されないのでしょうか?

ミスはなんでも許されると言っている
のではありません。

命を守るために、ミスを減らす必要が
あるのなら、そのミスは明るみに
出さなければならないはず。

ミスを明るみに出す何らかのシステム
の構築が必要と思います。
そのシステムを無視し、ミスを隠したと
するなら、その行為にこそ、罰を科す
必要があるのではないでしょうか?

明るみに出すためには、ミスは許されない
というような考えでは、ミスは隠される。
当然でしょう。

結果は再発防止にはつながらず、
命も守れません。
単純な論理だと思います。

「命は重たいのです。」
「同じ事を繰り返してはいけません」

再発防止に消極的な姿勢が多々見られる
のは残念です。
特に専門家と言われる方々、
どうなっているのか理解できない。

マスコミも、どうして事故のその後を
報道しないのでしょうか?

何がどう変わったのかわからない。
どう変化してきているのか、取材して
国民に報道する義務はないのでしょうか?

事故時のみせっせと報道して終わりとは
情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慢性疲労症候群への理解を訴える 篠原三恵子さん

慢性疲労症候群への理解を訴える
篠原三恵子さん
2010年10月29日 朝日新聞「ひと」欄より

---------------------------------------
 鉛が詰まったように体が重い。
 起き上がることさえ難しい。
 背中が痛くて、ぐっすり眠れない。
 20年前、米国の大学に通っていたとき
に病は始まった。

 2年間苦しみ、1992年、
「慢性疲労症候群」(CFS)と
診断された。

 96年に帰国。
 しかし、日本での診断は
「身体表現性障害」。

 体が悪いのはあなたの気持ちの持ち方
次第、と告げられたようだった。

 2年前、4人の患者と会ったことが
転機になった。家族にも理解されず、
経済的に苦しむ人が多い。

 「医療にも福祉にも見放されている。
 誰かが声をあげないと」

 同じころ、米国の記録映画
「アイ・リメンバー・ミー」
(2000年公開)を知る。

 監督自身がCFS患者で、病気の
実態と、偏見に苦しむ人々を記録して
いた。すぐに翻訳に取りかかり、昨秋から
都内各地で上映会を開いている。

 「慢性疲労症候群をともに考える会」を
発足させて7カ月。
 医療関係者にも賛同者が増えてきた。
 今夏、いいニュースがあった。
 米国でCFS患者の86.5%から
免疫機能を極端に低下させるウイルスが
発見されたという。
 原因が分かれば、どれだけの患者が
救われるか。

 5年前から寝たきりに。
 そんな自らの姿を惨めに感じたことが
ある。でも、次女が車いすを押してくれた
時、そう思わない自分がいた。
 リクライニングの車いすで、横になった
ままどこにでも出かける。
---------------------------------------

強いですね。
>誰かが声をあげないと
そうですね。

こういう話を知ると、こういう本を
思いだします。
認められぬ病―現代医療への根源的問い
柳澤 桂子 (著)

わからない病気は病気として認めようと
しない。そんな傾向がないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iOS版「VLC Media Player」提供終了に - App Storeではライセンス違反

iOS版「VLC Media Player」提供終了に
- App Storeではライセンス違反

2010/11/01 マイコミジャーナル

詳細は、リンクを参照して下さい。
ご参考情報です。

---------------------------------------
 オープンソース系のメディアプレイヤー
「VLC Media Player」のiOS版の提供が
間もなく終了になる可能性が
高まっている。

 App Storeでの配信がGNUのGeneral
Public License (GPL) に違反する
という。
 VLCの主要な開発者であるRemi Denis
Courmont氏がメーリングリストで
明らかにした。

 VLC Media Playerは、幅広い
メディアフォーマットをサポートし、
複数のプラットフォーム(Windows、
Mac OS X、GNU/Linux、BSD、BeOS、
iOSなど)用が用意されている人気の高い
メディアプレイヤーだ。

 iOS版に問題が生じているのは、
VLC Media Playerが無料ソフトウエア
としてGPLのみでライセンスされている
ためだ。

 Appleのモバイルデバイス・ユーザーに
アプリケーション提供を限るApp Storeの
製品利用規約に従うと、GPLの規約に反する
ことになる。
 VideoLANプロジェクトは10月25日に、
App StoreでのVLC Media Playerの配布が
著作権侵害に相当する旨の通知をAppleに
送付しており、「Appleはまもなく配布を
中止するだろう」と
Courmont氏は告知している。

 VLC Media PlayerのiOS版がなくなる
のは、VideoLANプロジェクトにとって
大きなマイナスになる。

 こうしたコメントに対してCourmont氏
は、オープンソースソフトウエアとして
公開してきたからこそVLCの現在の品質と
成功があると指摘し、その上で
「どのようなケースであれ、明らかな
ライセンス違反を容認するわけには
いかない」と述べている。
---------------------------------------

やむを得ない判断ですね。

その意味でAppleは非オープン。
Androidはオープン。

それぞれ利点欠点はあるんですけど、
オープンが理想だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「月額1400円でやりましょう」、ブロードバンド網整備でソフトバンクが新提案

「月額1400円でやりましょう」、
ブロードバンド網整備でソフトバンクが
新提案
2010/10/25 IT Pro

詳細は、リンクを参照して下さい。
ご参考情報です。

---------------------------------------
 ソフトバンクは2010年10月25日に
記者会見を開催し、ブロードバンド
サービスの100%普及を目指す「光の道」
構想を実現するための具体策を発表した。

 これはNTTグループが2010年8月31日に、
それまでソフトバンクが提案していた
ブロードバンドインフラの整備案に対して
反論したことを受けて行われたもので
ある。

 ソフトバンクの新提案では、具体的な
料金イメージとして光回線サービスが
月額1400円、電話サービスが月額300円と
これまでと同じ金額を提示し、これで現行
の加入電話と同じ料金水準で
光電話サービスを提供できるとした。

 さらにインターネットの利用に必要な
ISPサービスについては「月額1150円で
提供する用意がある」という。

 会見でソフトバンクの孫正義代表取締役
社長は、「反論に対して再反論するのでは
なく、具体的な新提案を考えた」と述べ、
NTT東西地域会社からアクセス回線会社を
分離し、新会社に政府やソフトバンクを
含む通信キャリアらが共同出資することを
提案した。

 出資を希望する企業は柔軟に受け
入れれば良いとし、逆に政府や他社が出資
しなくても「ソフトバンク1社でもやる覚悟
はある」と述べた。

 NTTグループの反論には納得できる部分
もあり、こうした項目を盛りこんで試算を
見直したものの、最終的には当初提案と
同じ月額1400円で光回線サービスを提供
できるとした。

 NTTグループが反論で詳しい数値を
公開したことで、「より自信を持って
言えるようになった」という。
---------------------------------------

そうですね。

>光回線サービスが月額1400円、
>電話サービスが月額300円
位が妥当な価格だと思います。
そういう価格をターゲットにしないと
広がらない。
儲からないからやらないではなく、
どの程度の価格なら妥当か?
の視点が必要では?

孫さんは良いことを言ってます。
いつまでも旧態依然では駄目です。

どんどん変化していかないと、
変化しない会社は、いずれ存在できなく
なります。

後は、一刻も早く言動と現実を一致させて
ください。

今のソフトバンクの電波状況はひどい。
田舎に住んでいるからかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[衝撃]Androidの成長はどれぐらい「凄い」のか

[衝撃]Androidの成長はどれぐらい
「凄い」のか

2010/10/25 IT Pro

詳細は、リンクを参照して下さい。
ご参考情報です。

---------------------------------------
 Android端末の普及が世界中で加速
している。

 2010年2月時点で1日6万台だった
増加ペースが、5月時点で1日10万台、
8月時点で1日20万台――。

 20以上のメーカーが90機種のAndroid端末
を市場投入し、アプリケーションの
登録数も8万本を超えて急増中だ。

 Androidは世界的なモバイル・インター
ネット需要を旺盛に吸収し、それを加速
する存在となってきた。

 実際、インターネット上でのサービス
提供を本業とするGoogleは、
インターネット・アクセスの主流が
モバイルになると予測して行動している。

 「HTML5が実装されているモバイル・
デバイス(スマートフォンなど)からの
検索トラフィックは、北米ではすでに
従来型携帯電話を越えた。

 モバイルが新たなイノベーションを
起こす」(Google シニアエンジニアリング
マネージャー及川卓也氏)。

 端末メーカーがAndroidを採用する
理由は、Androidがオープンソースで
入手と改変が自由であること、開発環境を
含め設計が新しくソフトウエアの生産性が
高いこと、LinuxとJavaというよく知られた
技術をベースにしているため、技術者に
とって習得が容易なこと、などが
挙げられる。

 LinuxのエキスパートやJavaの
エキスパートから見て、Androidはすぐ理解
でき、開発に取りかかれる対象なのだ。

 そして、日本国内でAndroidの可能性に
いち早く注目したのが、ソフトウエア
開発者たちである。

 日本はAndroidアプリのダウンロード数
では世界5位だが、アップロード数では2位

 ことアプリの供給という側面では、
日本は「なかなかやる」国なのだ。
----------------Android-----------------------

Androidすごいですね。
これからはスマートフォンの時代かな?

NTTドコモのギャラクシーS、見て、操作して
見ました。ちょっと触っただけですが、
操作感はiPhoneと変わりませんでした。
良いと思います。

ちょっと残念なのはメーカーが韓国のサムスン
なんです。サムスンは世界マーケットで
第2位すごいですね。

私、iPhone 3GS持ってますが、電波環境が
悪くて駄目。家の中で圏外、どういうこと?
入手時期のタイミングがね~
こればかりはなんともできない。

その後、iPhone4も発売されたけど、
いまさら変える気なし。
今なら、ドコモかな?

>おサイフケータイとワンセグは
>冬モデルで対応
とか言ってますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

肺がん:新薬「効かない」仕組み解明 自治医大と東大研究チーム

肺がん:新薬「効かない」仕組み解明
自治医大と東大研究チーム

毎日新聞 2010年10月28日 東京夕刊

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
◇「遺伝子酵素が変形」

 従来の治療薬が効かない肺がんに著しい
効果があるとされる開発中の新薬
「クリゾチニブ(一般名)」で、患者の
一部に薬が効かなくなる「薬剤耐性」が
起きる仕組みを自治医科大と東京大の研究
チームが解明した。

 他のがん治療薬にも応用でき、耐性化
しにくい薬の開発に道が開けるという。

 28日付の米医学誌
「ニューイングランド・ジャーナル・
オブ・メディシン」に掲載された。

 チームは07年、肺がんを引き起こす
遺伝子「EML4-ALK」を発見。
 08年にはこの遺伝子が作る酵素の
働きを抑える化合物で、マウスの肺がん
消失に成功した。

 米製薬企業が製品化し、米豪韓の
臨床試験で9割の患者に腫瘍(しゅよう)
縮小の効果があったという。

 肺がん患者の4~5%がこの遺伝子を
持ち、「イレッサ(一般名ゲフィチニブ)」
など既存の薬が効かないという。

 チームは投与開始の約5カ月後に再発
(その後死亡)した20代の男性患者の
がん細胞を分析。
 肺がん遺伝子の2カ所が突然変異して
酵素が変形し、薬が効かなくなっている
ことが分かった。

 薬は、酵素を働かせる物質に代わって
この部位に結合し、酵素の働きを妨げる
仕組みだが、変形で薬が結合できなく
なっていた。
 イレッサなど他の治療薬でも同様の変形
で薬剤耐性が起きていることも分かった。
 間野博行・自治医大教授(分子腫瘍学)
は「この遺伝子を持つ肺がん患者は50歳
以下では約35%。
 酵素が変形しても効く新薬で、耐性化を
克服できる」と説明している。【山田大輔】
---------------------------------------

「薬剤耐性」が起きる仕組みが解明できた
ということから、耐性化を克服できる。
とのことです。期待しましょう。

このことは良いことなのですが、
気になったのは、発見が日本なのに、
米製薬企業が製品化し、米豪韓の臨床試験
を経て商品化されたことです。

こんなことでは、ますますドラッグラグは
解消出来ないでしょう。

日本の製薬会社は何故製品化できないので
しょうか?

お金が無いからですか?
技術がないからですか?
製品化のスピードがあまりに遅く、日本の
製薬会社は手を出せないということで
しょうか?

このあたりの改善を強く望みます。

関連記事です。
詳細はこちらをどうぞ、
肺がんの薬剤耐性原因を解明
科学技術振興機構(JST)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護福祉士資格の600時間研修案「現実的ではない」

介護福祉士資格の600時間研修案
「現実的ではない」

2010年10月29日 20:05 キャリアブレイン

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 ヒアリングでは、

▽介護福祉士を受験するための新たな条件
として導入が検討されている600時間以上の
研修についての意見

▽介護職員が働きながらでも600時間以上の
研修が受けられるようにするために必要な
支援策―

 の2点について、特別養護老人ホーム
(特養)やデイサービスセンター、
グループホームなどで働くヘルパーらに
意見を求めた。

 このうち、600時間以上の研修の導入
については、「介護福祉士に挑戦したい
という職員は多いが、(働きながら600時間
を受講するのは)大変厳しい。

 現実的とはいえない」といった意見が
続出した。

 中には「とても受講できない。
 資格を取るなと言われているようなもの」
と言い切る出席者や、「そこまで
しなければならないのなら、ほかの仕事を
探します」「受講費用20~30万円は誰が
出してくれるのでしょうか。
 自腹は絶対に無理です」といった同僚
らの意見を紹介した出席者もいた。

 また、働きながら研修が受けられる
ようにする支援策については、費用負担や
より身近な場所での研修の実施、通信教育
による受講の実現などを求める声が
上がった。
---------------------------------------

どうも厚労省のやることは良く理解
できない。

私も現実的ではないと思います。

資格の障壁は必要最低限の技量を見る程度
として積極的に現場に投入すべきで、
最初の障壁を高くして、その後殆ど何も
介入しないというのはおかしいと思う。

技術はどんどん変化するもの。

一度資格をとったとしても、それは
永久ではなく、継続的に技量をチェック、
又、新しい技術を学ぶ機会を与えることが
必要と思う。サポートも必要でしょう。

医師免許が典型、一度取得したら
いつまでも有効。

>しかも、麻酔科以外の何科でも自由に
>標榜することができるのです
>(ちなみに、麻酔科の医師は麻酔科標榜医
>の資格をとらなければ麻酔科医をなのる
>ことができません)。

>2008年の医療法改正により、一人の
>医師につき主たる診療科は二つしか
>表記できないように変更となりました。

>今まで一人の医師で二つ以上の標榜を
>かかげていた病院・診療所には変更の
>義務はありませんが、2008年4月
>以降に新しく病院・診療所を開設する
>際には適応されます。

甘くないですか?

>アメリカなどでは標榜科目を掲げる
>には、専門医として所定の研修を受ける
>必要があり、医師免許も更新制になって
>います
当然と思います。

厚労省は何を考えているのだろう?
国民の安全を本当に考えているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米政府、遺伝子の特許認定せず 研究加速へ政策転換か

米政府、遺伝子の特許認定せず
研究加速へ政策転換か

2010年10月30日 朝日新聞

2010年10月30日

---------------------------------------
 米政府は29日、「生命の設計図」
である遺伝子について、特許として認定
しない新見解を明らかにした。

 有用性があれば遺伝子の特許を広範囲で
認める従来の政策は、高額のライセンス料
などで医薬品やバイオ技術の研究開発を
阻害することも懸念されてきた。

 今回の見解に基づいて政策が変更される
と、自由な研究開発が加速されそうだ。

 乳がんに関係する遺伝子と関連特許を
巡る訴訟で、米司法省が裁判所に提出した
書面で明らかになった。

 書面は「組み換えられていないDNAは
自然の産物」として特許対象でないとし、
それらの遺伝子を分離することも、
発明にはならないとした。

 今回の見解は、遺伝子特許を多数持つ
米国のバイオ企業から反発を招く可能性が
ある。一方で、運用はやや異なるものの、
やはり遺伝子を特許の対象にしている日本
や欧州の知的財産戦略の見直しにつながる
可能性もある。
---------------------------------------

米政府は思い切った舵取りをしようとして
いるようです。

>組み換えられていないDNA、
>それらの遺伝子を分離することも、
>発明にはならないとした。
???

詳細はよくわかりません。
遺伝子組み換え植物みたいなものは
特許になるのかな?

都合の悪い遺伝子を分離したものは
特許にならない?
新しい性質を付け加えるために遺伝子を
加えたものは特許になる?
それともならない?

良い意味で研究が加速されるような
政策転換であれば、歓迎すべきこと
だと思います。

特許の為に、本来救われるはずの人々が
救われなくなることは出来る限り避けたい。

過度の特許による独占は避けるべきとは
思いますが、さじ加減が難しいですね。

国際協調も必要でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツダ、次世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を発表

マツダ、次世代技術「SKYACTIV
(スカイアクティブ)」を発表

-燃焼効率を大幅に向上させた次世代直噴
ガソリンエンジンを来年前半発売の
「マツダ デミオ」に搭載し、燃費30km/L
を実現-
2010/10/20 ecoolプレスリリース

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、
2011年から発売する商品ラインナップに
搭載する次世代技術の総称である
「SKYACTIV(スカイアクティブ)」と、
その中核となるエンジン、
トランスミッション、ボディ、シャシー
技術の概要を本日発表しました。

 このSKYACTIVを搭載した商品の第一弾
として、世界初の高圧縮比(14.0)の実現
により燃焼効率を大幅に高めた次世代直噴
ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」*を
「マツダ デミオ」に搭載し、国内に
おいて2011年前半に発売いたします。

 「SKYACTIV-G」を搭載した「デミオ」
は、電気モーターによるアシストなしで
燃費30km/L(10・15モード)を実現する
予定です。

 「SKYACTIV」は、マツダの技術開発の
長期ビジョンである「サステイナブル
"Zoom-Zoom"宣言」に基づいて、
「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」
の高次元での両立をイメージした、革新的
な次世代技術の総称です。

 マツダは、クルマの基本性能である
ベース技術を徹底的に改良した上で、
減速エネルギー回生システム、
ハイブリッドシステムなどの
電気デバイスを2015年までに段階的に導入
する「ビルディングブロック戦略」を
採用しており、「SKYACTIV」はこの戦略に
沿って展開される技術のすべてを包含
しています。

今回発表する「SKYACTIV」技術の主な
内容は以下のとおりです。

・世界一の高圧縮比14.0を実現した、
 次世代高効率直噴ガソリンエンジン
 「SKYACTIV-G」

・世界一の低圧縮比14.0を実現した、
 次世代クリーンディーゼルエンジン
 「SKYACTIV-D」

・理想の変速機を追求した、次世代高効率
 オートマチックトランスミッション
 「SKYACTIV-Drive」

・軽快なシフトフィールと大幅な軽量・
 コンパクト化を実現した、次世代
 マニュアルトランスミッション

・高い剛性と、最高レベルの衝突安全性
 を実現した、次世代軽量高剛性ボディ

・正確なハンドリングと快適な乗り心地
 を高次元でバランスさせた、次世代
 高性能軽量シャシー

 山内孝代表取締役会長 社長兼CEO
(最高経営責任者)は、「マツダは今回、
すべてのパワートレインや
プラットフォームを一新するだけでなく、
研究開発から生産にいたるクルマづくりの
すべてのプロセスを刷新しました。

 相反する課題の妥協点を探すのではなく、
それらを技術革新によって同時に解決し
実現していく『ブレークスルー』に全領域
で挑戦することで、今までは考えられ
なかった大きな進歩を得ることが
できました。

 このような取組みで開発した
次世代エンジンを搭載し、来年前半に
発売する『デミオ』は、燃費30km/Lを
実現し、走りの楽しさに加えて燃費性能
でも高いご満足をいただけるクルマに
なると確信しています。
 マツダの新しい挑戦に、是非ご期待
ください」と述べました。

* 燃料の仕様や搭載車種によって圧縮比
および採用技術は異なります。
---------------------------------------

前から、マツダが高燃費の車を開発中
という話がありましたが、

いよいよ電気モーターによるアシスト
なしで燃費30km/L(10・15モード)を
実現する車が市場に出て来そうです。

面白くなりますね。
これにモーターを組み合わせれば、
もっと燃費の良い車が出来そうです。

モーターアシストありで、
30km/L(10・15モード)はもの足りない
と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮舫さん、2位じゃだめです…中国スパコン1位

蓮舫さん、2位じゃだめです
…中国スパコン1位

2010年10月30日22時09分 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 世界のスーパーコンピューターの性能を
競うランキングで、中国が初めて1位を
獲得する見通しとなった。


 米紙ニューヨーク・タイムズなどが
報じた。来月正式発表される。

 このスパコンは、中国の国防科学技術大
が開発した「天河1A」。
 1秒当たり2507兆回の計算能力を
誇る。

 現在トップの米オークリッジ国立研究所
のスパコン「ジャガー」の1・4倍の速度
となる。

 ランキングは米国の大学などが調べ、
半年ごとに発表している。
 日本が2002年にNEC製
「地球シミュレータ」で首位を奪い、
衝撃を受けた米国はスパコン投資を増強。
04年以降は首位を守ってきた。

 日本勢では現在、日本原子力研究開発
機構のスパコンの22位が最高。

 昨年の事業仕分けでは、次世代スパコン
の開発が削減対象になり、仕分け人だった
蓮舫行政刷新相の
「2位じゃだめなんですか」の発言に、
科学界が猛反発した。
---------------------------------------

いつまでも言われますね。

大切なのは、一番という位置ではなくて、
常に一番を、トップを目指す意志、
それを支える投資が必要なのだと思います。

世界での日本の位置を意識することも
必要でしょう。
世界は急速に変わりつつあるのです。

そのことが希望にも、経済発展にも繋がる
のだと思っています。

関連した投稿記事に
核エネルギー生成機構の
数値シミュレーションに画期的な理論

というものがあります。

こういう形でも、成果は上げられます。
これはこれで、素晴らしいことです。

コンピュータの性能が良くないので
何も出来ないとあきらめてしまうのは
早計。あきらめてはいけません。

ちなみに、現在開発進行中の日本の
スーパーコンピューターは「

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »