« 「反水素」瓶に閉じこめた! 理化学研究所など初成功 | トップページ | ココア飲用でインフルエンザ感染予防効果が期待、森永製菓研究所などがヒト臨床実験による研究結果を発表 »

2010年11月19日 (金)

高レベル放射性廃棄物の地層処分はできるか I

高レベル放射性廃棄物の地層処分は
できるか I

変動帯日本の本質
藤村 陽 石橋克彦 高木仁三郎

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
(要旨) 日本では,原子力発電所の
使用済み燃料の再処理で生ずる“高レベル
放射性廃棄物”(ガラス固化体)は,
“地層処分”(地下に埋め捨て)すること
になっている.

 核燃料サイクル開発機構が技術的信頼性
を示したとする‘第2次取りまとめ’
によれば,10万年以上にわたって,影響が
問題になるほどの放射能が生活圏に漏出
することはないという.
 しかし,処分地が地震の大きな影響を
受けないと保証する手段は,何も示されて
いない.

 第1回では,このことを中心に,
‘第2次取りまとめ’の地層処分の安全性に
対する考え方がおざなりであることを
指摘する.


途中省略


<処分地の適切な選定ができるのか>
 きわめて重要なことは,10万年経って
みたら地震の影響をまぬがれたという場所
が皆無ではないかもしれないが,
あらかじめ(たとえば今後50年間に)
そういう場所を特定するのは不可能だ
という点である.

 仮に“今後10万年間地震の影響を
受けない場所が存在する”(A)が成り立つ
としても,それだけでは,
“ある特定の場所が今後10万年間地震の
影響を受けない”(B)は保証できない.

 つまり,命題Aと命題Bはまったく別で
ある.

 ところが‘第2次取りまとめ’は,地層
処分の技術的信頼性を示し,処分予定地
選定の技術的拠り所を与えると
いいながら,命題Aを主張しているに
すぎない.

 “処分地を適切に選定すれば地層処分
システムに対する地震の影響を回避する
ことが可能”という循環論法を述べている
だけで,選定の具体的な方法はどういう
ものか,その方法が現時点で実際に可能か
どうかを検討していないのである.

 ある特定の場所が今後10万年程度の
あいだ地震の大きな影響を受けない
ことを,どんな具体的な項目について,
いかなる方法・技術で保証すべきか
(現在できるかどうかは別として)という
問題は,ある特定の場所で地震はなぜ
おこり,なぜおこらないのかという地震学
の根本課題に帰着する(12)(それに加えて,
どの範囲までどんな影響があるかという
評価も含む).

 したがって,地震列島日本で地層処分が
可能かどうかを追究するためには,
“地震の予測可能性”(19)や
“地震と地下水”(18)といった地震学の
核心的問題に正面から取り組まなければ
ならない.
 また,地震現象の本質が,上部地殻
地震発生層やプレート境界面付近やスラブ
内部という地下深部にあり(図4参照),
その影響が広範囲で多様でダイナミックで
あることを,当然の前提にしなければ
ならない.

 ところが‘第2次取りまとめ’は,地震・
断層活動の記録が残されている地質や地形
を対象に調査するという立場に立っていて,
地震現象を皮相的・静的に狭い範囲でしか
みていない.

 この点が,地質環境の長期安定性の検討
に関する致命的欠陥であり,
‘第2次取りまとめ’を拠り所にして真に
適切な処分地を選定することは不可能で
ある.
---------------------------------------

続編もあるようなので、興味のある方は
見てください。
どうも、安全とは言い難い。
原子力発電というものは危険だと思って
います。

私には、
>10万年以上にわたって,影響が
>問題になるほどの放射能が生活圏に漏出
>することはない
と言い切ることはできません。

誰も、補償など出来るはずがないと思う。

現在の生活水準を守る為に、このような
危険を冒していることを、
未来に問題を先送りしていることを、
すべての人が認識しておかないと
いけないと思います。

未来に発生するかも知れない
危険については、現在存在している
誰一人として、その責任を負うことは
できません。

人間は不完全です。故に完全な未来を
補償することなど出来ません。

だからこそ、せめて、実行することを
決断する人達は嘘をつかないで欲しい。
誠実で、正直であって欲しいと思う。

|

« 「反水素」瓶に閉じこめた! 理化学研究所など初成功 | トップページ | ココア飲用でインフルエンザ感染予防効果が期待、森永製菓研究所などがヒト臨床実験による研究結果を発表 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/50072891

この記事へのトラックバック一覧です: 高レベル放射性廃棄物の地層処分はできるか I:

« 「反水素」瓶に閉じこめた! 理化学研究所など初成功 | トップページ | ココア飲用でインフルエンザ感染予防効果が期待、森永製菓研究所などがヒト臨床実験による研究結果を発表 »