« “たしなむ程度の飲酒”なら脳卒中リスクを軽減する可能性、ただし女性の場合 | トップページ | 「スパコンのノーベル賞」長崎大グループに »

2010年11月27日 (土)

ティーンエージャー、食塩摂取量を減らせれば50歳に達するまでの心血管系リスクが低下

ティーンエージャー、食塩摂取量を減らせ
れば50歳に達するまでの心血管系リスクが
低下

2010. 11. 15 日経メディカルONLINE

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 現在の10代の若者、いわゆるティーン
エージャーが食塩摂取量をあと1日3gm
減らすことができれば、50歳までの
心血管系リスクが低下することが
示された。

 12~24歳の年齢層で高血圧が44~63%
減少するだけでなく、彼らが50歳に達する
までの間に、冠動脈性心疾患が7~12%、
心筋梗塞が8~14%、全死亡が5~9%、
ぞれぞれ減少すると見込まれるという。

 カリフォルニア大学サンフランシスコ校
のKirsten Bibbins-Domingo氏(写真)
らが、11月13日から17日までシカゴで開催
される第83回米国心臓協会・学術集会
(AHA 2010)で発表した。
---------------------------------------

塩分は控えめにした方が良いようです。
気をつけましょう。

ポテトチップスなどの食べ過ぎは身体に
悪そうです。

|

« “たしなむ程度の飲酒”なら脳卒中リスクを軽減する可能性、ただし女性の場合 | トップページ | 「スパコンのノーベル賞」長崎大グループに »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ティーンエージャー、食塩摂取量を減らせれば50歳に達するまでの心血管系リスクが低下:

« “たしなむ程度の飲酒”なら脳卒中リスクを軽減する可能性、ただし女性の場合 | トップページ | 「スパコンのノーベル賞」長崎大グループに »