« ES細胞:初の臨床試験 米企業、脊髄損傷の患者に | トップページ | 潮力発電:愛媛大・今治市、来島海峡で実験 来年度稼働目指す /愛媛 »

2010年10月12日 (火)

藤田教授(福島医大)に野口医学賞

藤田教授(福島医大)に野口医学賞
2010年10月07日 福島県内ニュース

詳細は、リンクを参照して下さい。
ローカルな話ですみません。
私が福島県在住なのでつい、目に止まって
しまったので、

---------------------------------------
 細菌学や免疫学の分野で世界的な功績を
たたえる今年の野口英世記念医学賞に、
福島医大医学部免疫学講座の藤田禎三教授
(65)が選ばれた。

 野口英世記念会が6日発表した。
 本県関係者の受賞は51年ぶりで2人目。

 藤田教授は細菌やウイルスなどを体内
から排除する免疫の新しい仕組みを発見、
免疫学の教科書を書き改める快挙と
なった。

 今後感染症の治療や新薬開発などにも
つながる可能性がある研究で、高く評価
された。

 藤田教授は「念願だった受賞で非常に
うれしい。
 補体レクチン経路の研究をさらに進め、
具体的な病気の解明などにつなげて
いきたい」と語った。

 野口英世記念医学賞は昭和34年に
大原甞一郎氏(大原綜合病院)が
日本野兎(やと)病の研究で受賞した。

 野口英世記念会の高添一郎会長
(東京歯科大名誉教授)は、藤田教授の
受賞に「免疫の分野で新たな発見をした、
世界的に評価を受けている素晴らしい
研究。
 長い間の努力が実った」と高く評価
した。
---------------------------------------

>本県関係者の受賞は51年ぶりで2人目
とのことで、素晴らしいです。

藤田教授受賞おめでとうございます。

|

« ES細胞:初の臨床試験 米企業、脊髄損傷の患者に | トップページ | 潮力発電:愛媛大・今治市、来島海峡で実験 来年度稼働目指す /愛媛 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49722502

この記事へのトラックバック一覧です: 藤田教授(福島医大)に野口医学賞:

« ES細胞:初の臨床試験 米企業、脊髄損傷の患者に | トップページ | 潮力発電:愛媛大・今治市、来島海峡で実験 来年度稼働目指す /愛媛 »