« 病原体の再襲来に備える | トップページ | eLegs 下半身不随の人の歩行をサポートする ロボット »

2010年10月10日 (日)

細胞のがん化にかかわるRasたんぱく質を細胞膜へ運搬する経路を解明

細胞のがん化にかかわるRasたんぱく質
を細胞膜へ運搬する経路を解明
(新たな抗がん薬の開発などに貢献)

平成22年10月4日
科学技術振興機構(JST)
大阪大学

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 JST 課題解決型基礎研究の一環
として、クイーンズランド大学の田口 友彦
上級研究員と大阪大学 生物工学国際交流
センターの三﨑 亮 助教らは、受容体が
受けた情報を細胞内に伝達する役割を持ち、
細胞のがん化にかかわる「Rasたんぱく質
注1)」が、細胞小器官注2)
「リサイクリングエンドソーム注3)」を
通過して細胞膜に運搬されることを
発見しました。

 リサイクリングエンドソームの機能
として、エンドサイトーシスという細胞の
営みによって細胞外環境から取り込まれた
物質を細胞膜へ再回収(リサイクル)する
ことが知られていました。
 しかし、物質輸送に関するその他の機能
については明らかにされていませんでした。

 本研究グループは今回、
リサイクリングエンドソームの機能を
Rasたんぱく質に注目して調べました。

 具体的には、たんぱく質の疎水性および
細胞内の膜と親和性を高める
「パルミトイル脂質修飾注4)」を受けた
Rasたんぱく質が、どのように細胞膜へ
運搬されるかを解析しました。

 その結果、Rasたんぱく質が
リサイクリングエンドソームを通過する
こと、また、その運搬経路にRas
たんぱく質が乗るためには
パルミトイル脂質修飾が必須であることが
明らかになりました。

 Rasたんぱく質は、変異による恒常的
な活性化などによって細胞のがん化を
引き起こしますが、細胞外から来る
シグナルを受け活性化するためには細胞膜
に存在することが必須であると考えられて
います。

 今回の発見は今後、Rasたんぱく質が
リサイクリングエンドソームから細胞膜へ
運搬される経路を標的にした、新たな
抗がん薬の開発などにつながるものと
期待されます。
---------------------------------------

難しいですね。

ガン化の原因になるものは沢山あると
思われますが、今回はその中の、

>Rasたんぱく質はその変異による
>恒常的な活性化などによって細胞の
>がん化を引き起こしますが、その活性
>の発現にはRasたんぱく質が細胞膜
>に存在することが必須。

     ↓

>受容体が受けた情報を細胞内に伝達する
>役割を持ち、細胞のがん化にかかわる
>「Rasたんぱく質注1)」が、
>細胞小器官注2)
>「リサイクリングエンドソーム注3)」
>を通過して細胞膜に運搬されることを
>発見。

     ↓

「Rasたんぱく質注1)」が、
細胞小器官注2)
「リサイクリングエンドソーム注3)」
を通過して細胞膜に運搬されることを
遮断すればガン化はおこらない。

     ↓

>Rasたんぱく質が
>リサイクリングエンドソームから細胞膜
>へ運搬される経路を標的にした、
>新たな抗がん薬の開発などにつながる
>ものと期待されます。
ということで、期待しましょう。

|

« 病原体の再襲来に備える | トップページ | eLegs 下半身不随の人の歩行をサポートする ロボット »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49701089

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞のがん化にかかわるRasたんぱく質を細胞膜へ運搬する経路を解明:

« 病原体の再襲来に備える | トップページ | eLegs 下半身不随の人の歩行をサポートする ロボット »