« トヨタ、米テスラ社に 6000 万ドルの開発費用を支払う | トップページ | 途上国並みのワクチン行政 »

2010年10月27日 (水)

冤罪の可能性の高い痴漢犯罪の話

冤罪の可能性の高い痴漢犯罪の話
2010/10/27
テレビ放送スーパーモーニングより

テレビでの報道内容からするときわめて
冤罪の可能性が大きいように見える犯罪
であるにもかかわらず、判決が有罪
となった。故に収監されるという。

きわめて疑問! ???
見られた方はすぐおかしいのでは
ないかと感じられたと思う。

冤罪は決して起こしてはならないものだ。
その人の人生を左右する。それ故、
決して安易な理由で結論を出すべきでは
ないはずだ。
だからこそ、最大限の努力がそこに
なければならない。にもかかわらず、

警察はすべきだった直後の科学的な捜査
をせず、客観的な証拠の取得を放棄した。
怠慢だと思う。

犯人の根拠は証言のみだ。
それも、犯人の後ろ姿しか見ていない。
白髪まじりで、おしりが隠れる服装を
していたというものだ。

内容を表にまとめるとこうだ。
Photo
疑問に思うのは、裁判官の判断だ。
それも、すべての裁判で、
地裁、高裁、最高裁のすべてで有罪と
なった。信じられない。

どういう判断なのか?
裁判というものが信じられなくなる。

一つは、犯人とされた人は難病で痴漢など
出来ない状態だという医師の証言がある
にも関わらず、
「裁判官は不可能では無いと言う」

二つ目は、もっとも決定的と思うが服装が
違うと言っているのに、
「裁判官は一致しなくても犯人であること
は否定されない」
と言う。

理解できません! ???

検察も裁判官もプロのはず。
専門家です。
その専門家の判断がこんな結果では
冤罪だらけなのではないのかとすら
思えてくる。
恣意的に有罪にできるということでは
ないのか?

一般の人は「疑わしきは罰せずという」
裁判の常識を信じている。
今回のケースはそうではないのだろうか?

明らかに服装が違う。
疑わしいとは言えても、犯人と断定できる
証拠たり得ないと思うのだが?

これが素人判断で間違いだと言うのなら、
どういう理由で、「犯人であることは否定
されない」と言えるのか説明してください。

理解不能です。

こんなことがまかりとおるのであれば、
裁判は信用できないことになる。

この前の検察の事件でも、最高検が
自分達に都合の悪いメモは廃棄するよう
指示していたと言う。

とんでもないことだ。

こんなレベルです。
冤罪は無くならないでしょう。
本当に残念です。
日本の司法は冤罪をなくそうと努力して
いるのでしょうか?

もっとも問題だと思っている
冤罪事件はこれです。
高知白バイ事故=冤罪事件確定中

止まっているスクールパスに白バイが
追突した事件。
一緒に乗っていた生徒らから聞けば
バスが止まっていたかどうかすぐ
わかる事件、にもかかわらず、
バスは止まらず白バイに衝突したと
して有罪になった。
明らかにおかしな判決であるにも
かかわらず、
正せない日本の裁判制度。
おかしくないですか?

この事故は日本の司法が問われている
といっても過言ではないと思います。

このリンクからかなりの情報が見れます。
ニュース動画もあります。

|

« トヨタ、米テスラ社に 6000 万ドルの開発費用を支払う | トップページ | 途上国並みのワクチン行政 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冤罪の可能性の高い痴漢犯罪の話:

« トヨタ、米テスラ社に 6000 万ドルの開発費用を支払う | トップページ | 途上国並みのワクチン行政 »