« iPS特許、再生医療目的でライセンス契約 | トップページ | 新司法試験に最高齢で合格した 藤川忠宏さん »

2010年10月19日 (火)

米ジェンザイム社の開発パイプライン 大型化への期待

米ジェンザイム社の開発パイプライン
大型化への期待

2010/10/19 ミクスonline

詳細は、リンクを参照して下さい。
参考情報です。
有料会員にならないと全文参照不可です。

---------------------------------------
 サノフィ・アベンティスによる敵対的
買収で話題を呼んでいる米ジェンザイム社
の開発パイプラインで大型化が期待されて
いる、リンパ球や単球上のCD52を標的とする
ヒト化モノクローナル抗体の多発性硬化症
(MS)治療薬・アレムツマブの無作為化
盲検第2相試験「CAMMS223」に関する5年間
追跡のサブグループ解析結果が14日、
スウェーデンのイェーテボリで開催中の
ヨーロッパ多発性硬化症治療研究委員会
第26回年次総会で発表され、
アレムツマブ投与を受けた早期再発寛解型
多発性硬化症(RRMS)患者の約9割で
再発や身体障害の抑制効果が確認できた
ことが明らかになった。
---------------------------------------

有望そうですね。

|

« iPS特許、再生医療目的でライセンス契約 | トップページ | 新司法試験に最高齢で合格した 藤川忠宏さん »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49786906

この記事へのトラックバック一覧です: 米ジェンザイム社の開発パイプライン 大型化への期待:

« iPS特許、再生医療目的でライセンス契約 | トップページ | 新司法試験に最高齢で合格した 藤川忠宏さん »