« 人類の需要続けば2030年までに地球が2個必要 | トップページ | ヘルペス:感染の仕組み解明--東大チーム »

2010年10月17日 (日)

てんかんの仕組み、興奮抑え役の細胞が逆作用? 玉川大

てんかんの仕組み、興奮抑え役の細胞が
逆作用? 玉川大

2010年10月17日 朝日新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 神経の興奮を抑える細胞が、逆に興奮
して、てんかんを起こしている可能性が
あることを玉川大学の磯村宜和(よしかず)
教授らのグループが見つけた。

 薬が効きにくいタイプのてんかんの
仕組みの解明や薬開発につながりそうだ。
 13日付米専門誌に発表する。

 てんかんは、神経細胞が過剰に活動して
起こる。
 グループは、ネズミの脳の一部を薄く
切ったものに、電気刺激を加えた。
 多数の神経細胞が同じタイミングで
過剰に活動し、てんかんと同じ状態に
なったところで、詳細に調べた。

 通常は、神経細胞の活動を抑える働きを
もつ「介在細胞」が、逆の作用をして神経
を興奮させていることを見つけた。
 介在細胞の働きを弱める薬で、興奮を
抑えることもできた。

 抗てんかん薬の中には、介在細胞の働き
を強めるものがある。
 「薬が効かないタイプのてんかんの一部
は、今回、見つけた仕組みで説明できる
可能性がある」と磯村教授は話している。
(瀬川茂子)
---------------------------------------

「介在細胞」が、逆の作用ね~
てんかんにもいろいろなタイプがあると
いうことのようですね。

思い込みはいけませんね。

|

« 人類の需要続けば2030年までに地球が2個必要 | トップページ | ヘルペス:感染の仕組み解明--東大チーム »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/49765953

この記事へのトラックバック一覧です: てんかんの仕組み、興奮抑え役の細胞が逆作用? 玉川大:

« 人類の需要続けば2030年までに地球が2個必要 | トップページ | ヘルペス:感染の仕組み解明--東大チーム »